忌野清志郎

忌野清志郎

【忌野清志郎 リコメンド】
“ザ・キング・オブ・ロック”が
シーンに遺したもうひとつの側面

反体制的、反社会的だけではない
ユーモアセンスあふれる歌詞

 最後に本作からうかがえる歌詞の特性について触れておこう。清志郎の歌詞と言うと、それをよく知らない人たちにとっては、先鋭的というか、エキセントリックというか、誤解を恐れずに言えば、反体制的、反社会的なことをアジってるイメージがあるかもしれない。それも間違いではないだろうけど、もちろんそれだけでないし、実はその要素は清志郎の歴史において大した分量ではない。それがこうして作品を詳らかにすることでよく分かる。「あの娘の神様」「恩赦」「ライブ・ハウス」などの内容、表現の一部にシニカルであったりアイロニカルであったりするものが見受けられる程度である。思えば、清志郎によく似ている人物が率いたTHE TIMERSではそれが色濃く出ていたし、その過激なパフォーマンスが目立っていたことは間違いないけれども、膨大な清志郎のアーカイブの中ではほんの一部に過ぎない。

 何しろ、THE TIMERSはスタジオ録音のアルバムを一枚しか残していないのである。RC SUCCESSION時代に目を転じても、リリース直前で発売中止となった『COVERS』(1988年発表)は物議を醸したが、問題と言われた反原発をテーマとした楽曲は一曲しかない。つまり、清志郎の書くリリックの大半は反体制的、反社会的などではなかったのである。本作も同様で、歴代のシングルを順番に網羅したことで、そうした清志郎本来のスタンスが分かるような気がする。無論、“本作はシングル集ゆえに過激な清志郎がほとんど出ていないのでは?”というご指摘もあろう。分からなくもない。しかし、逆に言えば、シングルで反体制的、反社会的な面を出してこなかったということは、忌野清志郎というアーティストが案外常識的というか、粗暴なアジテーターなどではなかったことの何よりも証明ではないだろうか。本作収録曲の歌詞はほとんどが他者を希求する愛にあふれたものであるし、随所にユーモアセンスも感じられる。加えて言えば、タイアップ曲も多い。

 THE TIMERSでは清志郎に似た男が企業を揶揄すること場面もあったように思うが、清志郎自身が企業の意図を汲んだかどうかはともかく、実際CMで使用されているのだから、そこではしっかりとシェイクハンドしていたことは間違いない。こうした側面からも“アーティスト・忌野清志郎”を考察できるのが、今回の『忌野清志郎COMPILED EPLP~ALL TIME SINGLE COLLECTION』である。 “RC SUCCESSION・忌野清志郎デビュー50周年記念企画”の金看板は伊達じゃない。

文:帆苅智之

アルバム『COMPILED EPLP ~ALL TIME SINGLE COLLECTION~』2020年6月24日発売 USM
    • 【初回生産限定盤】(3CD+ブックレット)
    • UPCY-7677〜9 ¥4,400(税込)
    • ■DISC-1
    • 1. い・け・な・い ルージュマジック/忌野清志郎+坂本龍一 (1982.2.14発売)
    • 2. 明・る・い・よ/忌野清志郎+坂本龍一 (1982.2.14発売)
    • 3. AROUND THE CORNER 曲がり角のところで/忌野清志郎 (1987.2.4発売)
    • 4. ちょっと待ってくれ(CHOPPED TOMATO PUREE)/忌野清志郎 (1987.2.4発売)
    • 5. E-JAN/忌野清志郎 (1987.9.5発売)
    • 6. STAND BY ME/忌野清志郎 (1987.9.5発売)
    • 7. パパの歌/忌野清志郎 (1991.5.2発売)
    • 8. 犬の子/忌野清志郎 (1991.5.2発売)
    • 9. 世間知らず/忌野清志郎 (1992.2.12発売)
    • 10. BOYS/忌野清志郎 (1992.2.12発売)
    • 11. パパの手の歌/忌野清志郎&2・3'S (1992.6.3発売)
    • 12. カラスカラス/忌野清志郎&2・3'S (1992.6.3発売)
    • 13. いつか観た映画みたいに/忌野清志郎&2・3'S (1992.9.30発売)
    • 14. NEWSを知りたい/忌野清志郎&2・3'S (1992.9.30発売)
    • 15. お兄さんの歌/忌野清志郎&2・3'S (1993.1.20発売)
    • 16. あの娘の神様/忌野清志郎&2・3'S (1993.1.20発売)
    • ■DISC-2
    • 1. プライベート/忌野清志郎&2・3'S (1993.10.27発売)
    • 2. 恩赦/忌野清志郎&2・3'S (1993.10.27発売)
    • 3. サラリーマン/忌野清志郎 (1994.5.11発売)
    • 4. 競馬場で会いましょう/忌野清志郎 (1994.5.11発売)
    • 5. 君にだけわかる言葉/忌野清志郎 (1995.11.1発売)
    • 6. ダーリン/忌野清志郎 (1995.11.1発売)
    • 7. Good Lovin'/忌野清志郎 (1996.1.31発売)
    • 8. マイティ・マイ・ラブ/忌野清志郎 (1996.1.31発売)
    • 9. 世界中の人に自慢したいよ/忌野清志郎 (1996.4.24発売)
    • 10. マーマレード・ソング/忌野清志郎 (1996.4.24発売)
    • 11. メロメロ/忌野清志郎Little Screaming Revue (1997.6.18発売)
    • 12. 風/忌野清志郎Little Screaming Revue (1997.6.18発売)
    • 13. サンシャイン・ラブ/忌野清志郎Little Screaming Revue (1998.9.23発売)
    • 14. ギビツミ/忌野清志郎Little Screaming Revue (1998.9.23発売)
    • 15. ひどい雨/忌野清志郎Little Screaming Revue (1998.9.23発売)
    • ■DISC-3
    • 1. QTU/忌野清志郎 (1999.7.28発売)
    • 2. 出発の時間/忌野清志郎 (1999.7.28発売)
    • 3. 夜空の星/忌野清志郎 (1999.7.28発売)
    • 4. 水の泡/ラフィータフィー (2001.3.10発売)
    • 5. ライブ・ハウス/ラフィータフィー (2001.3.10発売)
    • 6. JUMP/忌野清志郎 (2004.11.26発売)
    • 7. イヤシノウタ/忌野清志郎 (2004.11.26発売)
    • 8. 赤いくちびるに/忌野清志郎 (2004.11.26発売)
    • 9. ラクに行こうぜ/忌野清志郎 (2004.11.26発売)
    • 10. 仕草/忌野清志郎 (2005.12.07発売)
    • 11. 雑踏/忌野清志郎 (2005.12.07発売)
    • 12. 旅行/忌野清志郎 (2005.12.07発売)
    • 13. RUN寛平RUN/忌野清志郎 (2009.1.14発売)
    • 14. 走れ何処までも/忌野清志郎 (2009.1.14発売)
    • 15. Oh! RADIO/忌野清志郎 (2009.6.17発売)
    • 16. 激しい雨(2006.05.14 Private Session)/忌野清志郎 (2009.6.17発売)
忌野清志郎 プロフィール

「日本のロック」といえば、やはりこの人抜きに語ることはできないでしょう。ヴォーカリスト/ソングライター/パフォーマーとして、転がり続けて早40数年、熱狂的信奉者は後を絶たない。ロックンロールなイメージが先行してしまう彼であるが、デビュー当時のRCサクセションは老成気味なフォーク・ソング集団であり、セールス的にはまったく奮わなかった。だが、究極に美しいラヴ・ソング「宝くじは買わない」、健全なアウトロー讃歌「ぼくの好きな先生」といった多数の佳曲を世に残している。

78年には、チャボこと仲井戸麗市(g)が加入、結果、R&R/ソウル/R&Bなどアメリカン・ルーツ色が濃厚なアッパーなサウンドへ見事な変貌を遂げていったRCサクセション。とくにアクの強い清志郎流ソウル・ヴォーカルはこの頃に確立したといえよう。そして80年リリースの、いわゆるもっとも有名なロック・ナンバー「雨あがりの夜空に」のヒットをきっかけにスターダムへと駆け上がっていく。82年には坂本龍一とユニットを組み「い・け・な・いルージュマジック」をリリース、チャート1位となり奇抜なメイクでテレビに出演しお茶の間の度肝を抜いた。87年にはバンド活動と平行して、初のソロ作『レザー・シャープ』を発表。そしてRC活動休止後の92年には、憧れの地メンフィスにて、オーティス・レディングのバック・バンド、ブッカー・T.&THE MG'Sの全面バック・アップのもと名作『メンフィス』を生み出す。
また、覆面バンド「ザ・タイマーズ」や細野晴臣、坂本冬美との異色ユニット「HIS」など、やたら気合いの入った課外活動も見逃せない。99年に起きた、パンク版「君が代」を巡る一連の騒ぎも記憶に新しいが、99年からラフィー・タフィー名義で『十字架』シリーズのリリースがスタート。また00年3月には、デビュー30周年記念イベントとして、日本武道館にて清志郎を慕うミュージシャンが多数参加したトリビュート・コンサート『RESPECT!』を開催、大いに盛り上がった。

05年には三宅伸治、中村きたろう、梅津和時らをバックに従えた忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS名義で活動しており、デビュー35周年を記念してのイベント『GOD Presents ROMANCE GRAY35』を開催。甲本ヒロト、仲井戸麗市、井上陽水といったミュージシャンから筑紫哲也やダンディ坂野まで幅広いゲストが参加し盛り上がりをみせた。06年夏、日比谷野音でのワンマン公演では、仲井戸麗市とも共演することが決定。その矢先の7月、喉頭癌の診断を受けたことを自らの言葉で公表、予定の公演を全てキャンセルとし、療養期間に入る。そして10月には、入院前に制作されたオリジナル・アルバム『夢助』を発表。療養の続く11月、観客として訪れたサム・ムーアのライヴに飛び入りで出演するというハプニング。サムと一緒に以前と変わらぬ歌声を披露した。

07年、年明け間もなく、スポーツ新聞紙上で全快宣言。5月に、ファンクラブ・イベント『忌野清志郎ふぁんくらぶっ15周年感謝祭』でファンの前に姿を見せる。そして同年10月、『ゆずデビュー10周年感謝祭』に三宅伸治と共に“黒ゆず”としてシークレットで出演。00年の清志郎30周年記念公演『RESPECT!』の際に発言した「次はゆずの10周年ライヴで会いましょう」を実現する形となった。08年2月、ワンマン・ライヴとしては約1年7ヶ月ぶりとなる『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』を開催。武道館開館以来史上最高の動員数を記録する。武道館の360度立ち見まで超満員の中、パワフルな歌声パフォーマンスを披露し、日本の“キング・オブ・ロック”が完全復活を遂げた。
その後、『FUJI ROCK FESTIVAL '08』などの夏フェスへの出演が決定していたが、7月に左腸骨へのがん転移が認められたため、予定されていた全てのライヴ活動をキャンセル。再び療養生活へ入る。そんな中、同年12月に大阪を出発し“地球一周アースマラソン”に挑戦中である間寛平への応援歌として書き下ろした楽曲「走れ何処までも」「RUN 寛平 RUN」を配信限定リリースする。

その後、『FM802』キャンペーン・ソングを書き上げた09年2月以降に体調が悪化し、当初は同曲を歌うユニット『RADIO SOUL 20』に参加する予定だったが、体調不良でキャンセル。復活が待ち望まれる中、東京都内の病院に入院していたが、5月1日(金)午後に容態が急変、5月2日(土)午前0時51分に癌性リンパ管症のため58歳という若さで逝去。家族の他、病院に駆けつけた盟友・仲井戸麗市が最期を看取った。5月4日(月)に関係者のみの密葬が行なわれ、5月9日(土)にファンなどを対象にした音楽葬が行なわれた。公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着