加藤和樹

加藤和樹

加藤和樹、ミニアルバム
『Addicted BOX』発売記念として
スペシャルWEBイベントを開催

加藤和樹が、6月10日(水)にリリースしたミニアルバム『Addicted BOX』の発売記念として、6月20日(土)にZOOMを活用したリリースイベントを開催することがわかった。

彼は外出自粛が続く中、自身のオフィシャルYouTubeチャンネルを開設し音楽や料理動画の投稿を行ったり、BS-TBS製作新演劇スタイルの『うち劇』やニコ生配信番組、朗読劇『私の頭の中の消しゴム』、ドラマ『乾杯戦士アフターV』スピンオフなどリモートスタイルでも勢力的に活動し、ファンを楽しませている。

今回発表されたリリースイベントもZOOMを活用したオンラインでのトーク会となっているので、ファンにとっては貴重なイベントとなるはずだ。ぜひともチェックしてほしい。

加藤和樹 Mini Album
『Addicted BOX』発売記念
ZOOMトーク会

開催日:6月20日(土)
内容:オンライン トーク会
※詳細はレーベルHPにて
http://www.teichiku.co.jp/artist/kato-kazuki/
ミニアルバム『Addicted BOX』2020年6月10日(水)発売
    • 【TYPE A】(CD+DVD)
    • TECI-1691/¥2,727+税
    • <収録曲>
    • ■CD                               
    • 01.RISKY
    • 作詞:石川絵理 作曲:上田起士 編曲:野井洋児
    • 02.Tell Me Why
    • 作詞・作曲・編曲:ナノウ  
    • 03.君ニ唄エバ
    • 作詞・作曲・編曲:きなみうみ 
    • 04.Hello
    • 作詞:加藤和樹 作・編曲:田中俊亮 
    • 05.Shining Star
    • 作詞:加藤和樹 作曲:HIKARI 編曲:日比野裕史
    • 06.片想い
    • 作詞・作曲 浜田省吾 編曲 田中俊亮
    • (C)1978 by HORIPRO INC
    • ■DVD
    • 「Tell Me Why」ミュージックビデオ +メイキング映像(TYPE Aver)
    • 【TYPE B】(CD+DVD)
    • TECI-1692/¥2,727+税
    • <収録曲>
    • ■CD                               
    • 01.RISKY
    • 作詞:石川絵理 作曲:上田起士 編曲:野井洋児
    • 02.Tell Me Why
    • 作詞・作曲・編曲:ナノウ  
    • 03.君ニ唄エバ
    • 作詞・作曲・編曲:きなみうみ 
    • 04.Hello
    • 作詞:加藤和樹 作・編曲:田中俊亮 
    • 05.Shining Star
    • 作詞:加藤和樹 作曲:HIKARI 編曲:日比野裕史
    • 06.片想い(Acoustic ver.)
    • 作詞・作曲 浜田省吾 編曲 増田武史 
    • (C)1978 by HORIPRO INC
    • ■DVD
    • 「Tell Me Why」ミュージックビデオ +メイキング映像(TYPE Bver)
加藤和樹
ミニアルバム『Addicted BOX』【TYPE A】(CD+DVD)
ミニアルバム『Addicted BOX』【TYPE B】(CD+DVD

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着