『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2020』に
出演予定だったアーティストを発表

音楽イベント『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2020』に出演予定だったアーティストが発表された。
8月8日から10日の3日間にわたって茨城・国営ひたち海浜公園で行なわれる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が発表されていた同イベント。本日6月9日に出演アーティストの最終発表を予定していたことから、5月15日に開催中止発表をした時点で出演が決まっていたアーティストが発表されることになった。
出演を予定していたアーティストは、あいみょん秋山黄色ASIAN KUNG-FU GENERATIONACIDMAN天月-あまつき-雨のパレード、あゆみくりかまき[Alexandros]アンジュルムandropindigo la EndUVERworld打首獄門同好会、ACE COLLECTION、Aimer、おいしくるメロンパン、OAU、大塚愛、THE ORAL CIGARETTESOKAMOTO’SOfficial髭男dismオメでたい頭でなによりKANA-BOON感覚ピエロKEYTALKきゃりーぱみゅぱみゅキュウソネコカミ9mm Parabellum BulletKing GnuCreepy Nutsクリープハイプグループ魂KREVAthe quiet roomゲスの極み乙女。欅坂46go!go!vanillasゴールデンボンバーcoldrainコレサワSILENT SIRENSaucy Dogサカナクション、Survive Said The Prophet、さユり、サンボマスター、SHE’S、G-FREAK FACTORYジェニーハイシシド・カフカSIX LOUNGE四星球SUPER BEAVERスキマスイッチSCANDAL鈴木愛理ずっと真夜中でいいのに。ストレイテナーSPARK!!SOUND!!SHOW!!SPYAIRsumikaCzecho No RepublicchelmicoDizzy Sunfisttetoでんぱ組.inc10-FEET東京スカパラダイスオーケストラTOTALFATドラマストアNulbarichNUMBER GIRLネクライトーキーNovelbrightHalf time OldHYDEVaundyバックドロップシンデレラback numberTHE BACK HORNハルカミライHump BackBBHFひかりのなかにBIGMAMAビッケブランカBiSH、平井大Fear, and Loathing in Las VegasFOMAREフジファブリックBRADIOFLOWER FLOWERBLUE ENCOUNTフレデリック、フレンズ、HEY-SMITHBase Ball Bear、PEDRO、ベリーグッドマンTHE BAWDIES、Poppin’Party、POLYSICSポルカドットスティングレイMy Hair is Badマカロニえんぴつマキシマム ザ ホルモン魔法少女になり隊ミオヤマザキ宮本浩次miletMUCCめ組モーニング娘。’20、MOSHIMOももいろクローバーZ矢井田瞳ヤバイTシャツ屋さんヤングオオハラユアネスUNISON SQUARE GARDENyonige夜の本気ダンスLucky KilimanjaroLAMP IN TERRENリーガルリリーreGretGirlLiSALittle Glee Monster緑黄色社会、ROTTENGRAFFTY、忘れらんねえよWANIMA、WANDS。
提供:音楽
:CINRA.NET
【関連記事】

アーティスト

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着