『RISING SUN ROCK FESTIVAL』、歴代
クロージング・アクトを収めたクロニ
クル動画公開

野外フェス『RISING SUN ROCK FESTIVAL』が同フェスの象徴でもある、歴代クロージング・アクトを網羅したクロニクル動画「CLOSING ARTIST CHRONICLE 1999〜2019」を期間限定で公開した。
本映像には1999年、日本初のオールナイト野外ロック・フェスティバルとして開催された初年度のサニーデイ・サービスから昨年2019年のDragon Ashまで、合計21年分のクロージング・アーティストの歴史をダイジェストとして収めている。

RSR CLOSING ARTIST 年表 1999-2019

1999年 サニーデイ・サービス
2000年 奥田民生
2001年 THEATRE BROOK
2002年 THE BOOM
2003年 ウルフルズ
2004年 オリジナル・ラヴ
2005年 斉藤和義
2006年 KEMURI
2007年 曽我部恵一BAND
2008年 東京スカパラダイスオーケストラ
2009年 the pillows
2010年 ASIAN KUNG-FU GENERATION
2011年 ハナレグミ
2012年 エレファントカシマシ
2013年 MONGOL800
2014年 フィッシュマンズ
2015年 10-FEET
2016年 BRAHMAN
2017年 くるり
2018年 東京スカパラダイスオーケストラ
2019年 Dragon Ash
毎年、情景の異なる明け方のSUN STAGE(メイン・ステージ)では、その瞬間にしか体感できないクロージング・アーティストのライブが行われ、オーディエンスと共に石狩の大地に深く響かせてきた。本映像で、21年の歴史を辿る旅を楽しもう。

なお、『RISING SUN ROCK FESTIVAL』は今年の開催を見送ることに。すでにチケットを購入済みの方は、来年の公演への振り替え、または払い戻しのいずれかを選択することができる。詳しくはオフィシャル・サイトよりご確認を。


【イベント情報】

『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO』

日程:2021年8月13日(金)、14日(土)
会場:石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

■ オフィシャル・サイト(https://rsr.wess.co.jp)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着