あえてのスパイスで虜にする

数えきれないほどのアーティストが存在しているのに、歌っていることは何故だか偏っていく。友情や夢、恋愛がホットトピックとはいえ、それだけではとても味気ない。しかし、だからこそ“それだけ”で終わらないアーティストが、魅力的に映るようにも感じる。よあけは、まさしくそういった存在ではないだろうか。

2016年にスリーピースとして活動を始めたよあけは、2019年には中原勇作を中心とする変則的な新体制へと生まれ変わった。拠点も福岡から東京へ。停滞することなく新たなクリエイティブに向かって、進み続けている。
よあけの持ち味は、独特のスカスカサウンドとキッチュな空気。そして、少しばかり斜に構えたリリックだ。ストレートな言葉を際立たせるために、そこにたどり着く前のワードは柔らかくふわっとしている。アイロニーをポップに聴かせてしまう才こそ、彼らの強さなのだ。

先日リリースされた「ゾンビ」は、いま日本に生きるすべての人へ向けて書かれた作品。ポジティブなことを歌っているわけではないのに、キャッチーに聴かせてしまうのはよあけならでは。頭でっかちになってしまうときには、手を伸ばしたいナンバーである。

こんなアーティストが好きな人におすす

よあけ アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

新着