映画「図書館戦争」が面白い!実写版もアニメ版も観てみよう

映画「図書館戦争」が面白い!実写版もアニメ版も観てみよう

映画「図書館戦争」が面白い!実写版
もアニメ版も観てみよう

「図書館戦争 」とは?

▲角川文庫 「図書館戦争」シリーズ  絶賛発売中!CM
有川浩の小説『図書館戦争』シリーズは「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」「図書館革命」の全4巻と、外伝シリーズ「別冊 図書館戦争」全2巻で構成されています。
第39回 星雲賞 日本長編作品部門受賞作品です。
単行本はアスキー・メディアワークスから出版。
角川からは文庫版も発刊されています。
架空の法律をもとにした戦争をを描いたSF小説で、主人公の成長と淡い恋を描いた恋愛小説でもあります。
▲『図書館戦争 革命のつばさ』TVスポットA
2008年4月~6月にTVアニメ化され、その続編が2012年6月16日に劇場版アニメ『図書館戦争 革命のつばさ』として公開されました。
全国30スクリーンという小規模公開ながら、初日2日間で映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第10位を記録し、話題にもなりましたね。
岡田准一と榮倉奈々主演の、実写版映画『図書館戦争』は2013年4月27日に公開、ロサンゼルスで開催された「LA EigaFest 2013」では、招待作品として上映されました。
さらに、ファンからの続編希望を受け、2015年にTVドラマスペシャル『図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズ』が放送され、その人気は衰えを知りません。
2015年10月10日には、映画第2作『図書館戦争-THE LAST MISSION-』が公開されました。
表現の自由を守れ!恋から逃げるな!
▲【予告編#1】図書館戦争 (2013) - 岡田准一,榮倉奈々,田中圭
『図書館戦争』の舞台は、あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行されてから30年が経過している、パラレルワールドの日本です。
正化31年、日本では公序良俗を乱す表現を取り締まるため、武力をともなう検閲がなされていました。
ストーリーの中心を担う「図書隊」とは、そんな時代にあって検閲に対抗すべく、読書の自由を守るために生まれた図書館の自衛組織のこと。
高校時代に自分を助けてくれた、顔も覚えていない図書隊員の「王子様」に憧れ、主人公・笠原郁は「図書隊」に入隊、女性初の図書特殊部隊員として抜擢されます。
鬼教官・堂上篤の部隊に配属されてしまい、厳しい訓練と図書館業務をこなす郁。
憧れの王子様を「あさはかで愚かだ」とバッサリ切り捨てる堂上に日々反発しながら過ごしていました。
しかし郁は、突き放しながらも絶妙なタイミングで自分を助けてくれる堂上にだんだんと心惹かれていき…!?
実写版は壮大でド迫力!
実写版映画『図書館戦争』は、防衛省・陸上自衛隊・航空自衛隊の全面協力を受け、日本各地の図書館や公共施設、自衛隊基地などをロケ地として利用しています。
壮大なスペクタクルに、ド迫力のアクションシーン!
2人の恋模様にも、ドキドキさせられますよ。
監督は映画『いぬやしき』を手がけた佐藤信介、脚本はTVドラマ『アンナチュラル』を手がけた野木亜紀子が担当しています。
▲映画「図書館戦争」イントロムービー #Library war #movie
≪キャスト一覧≫
堂上篤:岡田准一
笠原郁:榮倉奈々
小牧幹久:田中 圭
手塚光:福士蒼汰
折口マキ:西田尚美
玄田竜助:橋本じゅん
尾井谷元:相島一之
柴崎麻子:栗山千明(特別出演)
仁科巌:石坂浩二
岡田准一と榮倉奈々「主演ならこの二人!」というアンケートの結果通りのキャスティング!
岡田のアクションは惚れ惚れする素晴らしさ、榮倉奈々のツンデレもたまりません。
イメージぴったりのキャスティングで、会話や仕草のすべてがばっちりハマります!
主演の2人はもちろん、他のキャスト陣の名演も光ります。
まだ観たことのない人は、ぜひ、ご覧ください。
アニメ版はギャップ萌え!
画像引用元 (Amazon)
アニメ『図書館戦争 革命のつばさ』では『ハイキュー!!』シリーズも手掛ける Production I.Gが、アニメーション制作を担当。
監督は『魔術士オーフェンはぐれ旅』を手掛けた浜名孝行、キャラクターデザインは劇場版アニメ『東のエデン』の総作画監督を務めた中村悟が担当しています。
▲『図書館戦争 革命のつばさ』予告編
≪キャスト一覧≫
笠原郁:井上麻里奈
堂上篤:前野智昭
柴崎麻子:沢城みゆき
小牧幹久:石田彰
手塚光:鈴木達央
玄田竜助:鈴森勘司 
手塚慧:吉野裕行
折口マキ:田中理恵
当麻蔵人:イッセー尾形
ハードな近未来世界とラブコメの絶妙なハーモニーが魅力のアニメ版。
お堅いストーリーのはずなのに、キャラクターが生き生きとして面白く、ギャップ萌えの魅力にやられます。
キスシーンには、胸キュンですよ!
劇場版アニメの主題歌は「初恋」
画像引用元 (Amazon)
劇場版アニメ『図書館戦争 革命のつばさ』主題歌の『初恋』は、Base Ball Bearが担当。
Base Ball Bearは4人組のロックバンドで、これまでにもアニメ『おおきく振りかぶって』のOPや『銀魂』のOPなど、様々なアニメソングを担当してきました。
▲Base Ball Bear - 初恋
初恋 歌詞 「Base Ball Bear」
https://utaten.com/lyric/jb71206073
『初恋』は、「THE 青春ソング」。
「長く長く続いた夜も 君と過ごせば いつも足りなすぎて困るよ」
「初めてじゃないこの恋を 終わらない最初の恋にしよう」
など、共感を呼ぶ美しい歌詞が散りばめられており、たまりません。
歌詞もリズムもよく、つい口ずさんでしまいます。
最後の力強いギターソロも格好いいですね。
『図書館戦争』にぴったりということで、実写版映画が岡田准一主演だと発表されると、実写版の主題歌もBase Ball Bearなのか、岡田准一所属のV6なのかと憶測がとびかいファンの間で大いに盛り上がりました。
(結果は、実写版はインストゥルメンタルで歌はありませんでした…)
メディアミックス化、まるっと全部面白い!
▲『レインツリーの国』映画オリジナル予告編
実は『図書館戦争』には、『レインツリーの国』というスピンオフが存在します。2015年に玉森裕太主演で実写化されたこちらの映画もいいですよ。
また、弓きいろによって漫画『図書館戦争 LOVE&WAR』(白泉社)も描かれており、現在でも『別冊 図書館戦争I、II』を原作とする別冊編が連載中です。
まだまだ『図書館戦争』から目が離せませんね。
同じ世界観でありながらも空気感が違っており、アニメ版も実写版もとても面白いです。
ぜひ、ご覧ください。

TEXT  有紀

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着