SKE48カミングフレーバー 完全リモー
トの生演劇“Zoom劇場”に挑戦!

~カミングフレーバーは一週間で女優に
なれるのか!?~

名古屋・栄を拠点に活動するSKE48から選抜された若手メンバーによって構成されるユニット「カミングフレーバー」が、中京テレビ放送が開催する、ビデオ会議システム「Zoom」を利用した演劇『Zoom劇場 カミングフレーバー(SKE48)は一週間で女優になれるのか!?』に出演することが発表された。

今回出演するのは「カミングフレーバー」から赤堀君江、大谷悠妃、野村実代、中野愛理、平田詩奈の5名。カミングフレーバーは、2019年7月24日、SKE48 25thシングル『FRUSTRATION』のカップリング曲にてCDデビュー。8期生、9期生、ドラフト3期生の若手だけで構成された次世代ユニット。2019年12月30日にはももいろクローバーZの佐々木彩夏主催のAYAKARNIVALに単独出演。2020年1月15日には2曲目となる「君のいない世界」をリリースし、活躍の場を拡げつつある。

メンバー全員が演劇初出演にも関わらず、ビデオ会議システム「Zoom」を利用して打合せ・稽古・本番出演までを全てメンバー本人の自宅から、しかもわずか1週間で行うという無謀とも言える挑戦的な内容。

新型コロナウイルスの影響によって公演自粛が続く演劇界だが、自宅からパソコン、スマートフォン、タブレットなどを使い、感染リスクを抑えながら生演劇を観賞できる。

千秋楽の公演終了後には、公演本番にいたるまでの苦悩やこぼれ話などを出演メンバーが語る「打ち上げトークショー」も実施。

本公演は、大反響を呼んでいる「Zoom劇場 オンラインノミ」シリーズ製作チームの全面プロデュースにより実現。今回の作品は現在もロングランを続けている大好評のシリーズ第2作「オンラインノミ2」がSKE48用にリメイクされたもので、Zoomで行われたオンライン女子会が不可解な怪奇現象によってパニックに陥れられる極上サスペンス。

企画・プロデュースは“キャンプ芸人”としても話題のお笑い芸人・スパローズ大和、演出は同じくお笑い芸人で、本格的な舞台演出も行うA・ロックマン(シャカ大熊)、脚本・プロデュースはテレビドラマ「天才バカボン」の脚本も手掛けた放送作家・天野慎也が担当。

観劇するには、オンラインでチケットを購入し、購入後に送付されるURLから「Zoom」を利用して劇場に入場。

概要

★『Zoom劇場 カミングフレーバー(SKE48)は一週間で女優になれるのか!?』

[開催日時]
●2020年6月5日(金) 【開場】19:30 【開演】20:00
●2020年6月6日(土) 【開場】19:30 【開演】20:00
●2020年6月7日(日) 【開場】19:30 【開演】20:00
※全3公演:約40分を予定

★2020年6月7日(日) 「千秋楽 打ち上げトークショー」 【開場】20:45 【開演】21:00
※トークショー:約40分を予定

[出演] カミングフレーバー(SKE48)
赤堀君江、大谷悠妃、野村実代、中野愛理、平田詩奈

■公式ホームページ
https://match-ing.jp/cf1week/

■チケット
2020年5月31日(日) 10時~ イベント公式ホームページにて受付開始

■料金
公演本編 1,000円(税込)
☆「SKE48 Family」特別価格あり・申込方法等詳しくはコチラ⇒ https://ske48family.com/
「千秋楽 打ち上げトークショー」 500円(税込)

■カミングフレーバー公式ホームページ
http://cf.ske48.co.jp/

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着