仮想劇場「THEATRE E9 Air」第一弾で
、京都のコントユニットが「妄想コン
ト」に挑戦!

新型コロナによる非常事態宣言が解除されつつあるものの、感染予防対策や、すぐに上演できる作品がないなどの理由で、即時再開とはなっていないのが各劇場の現状。そんな中、京都の劇場「THEATRE E9 KYOTO(以下E9)」が、劇場を使わない作品を発表する仮想空間「THEATRE E9 Air」を立ち上げることを表明。そのこけら落としとして、京都のコントユニット「THE GO AND MO’ S(以下GOMO)」が『THE JOKE AND MO’ S vol.3 妄想コント』を上演する。
E9芸術監督・あごうさとしの呼びかけで「4月29日午後2時に、観客全員がその場で深呼吸をすることで〈演劇公演〉を成立させる」という実験演劇『無人劇』を行ったE9。その頃ちょうど「劇場を一切使わないで、何かできることはないか」と考えていたというGOMOの作家・黒川猛が、E9に今回の企画を持ちかけて実現したという。
THE GO AND MO'S『THE JOKE AND MO'S vol.3 妄想コント』舞台監督の大鹿展明による妄想の舞台美術案(公演ブログより)。
まずGOMOサイドは、上演する予定のコントのあらすじ、出演する俳優やスタッフの名前をブログで公表。そしてツイッターの「#これは妄想コントの妄想稽古です」のハッシュタグで、随時公演の進捗状況を報告する。観客はその情報を元に、どのようなコントができるのかを想像。そして最終日の5月31日に、黒川&GOMO制作の丸井重樹が「妄想ポストパフォーマンストーク」を配信することで、公演を完結させる……という流れだ。
「せっかくなら人が多い方が面白いし、観客にも伝わりやすい」(黒川)ということで、知り合いの演劇関係者に片っぱしから呼びかけた結果、「MONO」の土田英生や「ヨーロッパ企画」の本多力など、40名もの人々が参加を表明。彼らもまたハッシュタグで、それぞれの妄想稽古の模様をフリーダムにつぶやいているので、黒川はもちろん、観客の妄想も当初の予想を超えて広がるという状況になっている。
コント『くノ一』の妄想稽古の様子(公演ブログより)。
黒川からは、以下のようなコメントが届いた。
今ちょうど、妄想の通し稽古をやっている所ですが、みんなが好き好きに妄想しすぎて、10分ぐらい開始時間が押してます(笑)。最初に皆さんに呼びかけた時は、こんなわけのわからない企画は断られるんちゃうかと思いましたが、全員が乗っかって、しかもツイッターで一緒につぶやいてくれています。その妄想を全部まとめるのは大変ですが、できるだけ取り入れたコントにしたいです。お客様にも面白い妄想ができるよう、最後まで工夫しようと思います。
31日のトークは、決して答え合わせではありません。それぞれが妄想したコントをより楽しんでもらうために「あそこははしゃぎすぎたよなー」とか、反省や感想を2人で言い合うだけです。お客様が妄想したことが、全部正解です。だから本当に自由に想像して、自分の頭の中で存分にコントを楽しんでもらえたらと思います。
同じ情報を与えても、考えることは十人十色。ハッシュタグを通じて「この役者さん、このヒントからこんなことを妄想するんだ」ということを楽しみながら、観る側も自由に想像の翼を広げて、飛び切りのコントを創造してみてはいかがだろう。そしてこれに刺激を受けて「THEATRE E9 Air」で、奇妙で愉快な実験演劇が続いていくことも、同時に期待したい。
【動画】「妄想コント」Trailer
文=吉永美和子

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着