L→R  もぐ(Dr&Cho)、陶山良太(Vo&Gu)、亀山敦史(Ba&Cho)

L→R  もぐ(Dr&Cho)、陶山良太(Vo&Gu)、亀山敦史(Ba&Cho)

【Plot Scraps インタビュー】
今の僕らがどんなバンドなのか
全て伝わる一枚

まさにお墓に入れたい一枚。
そのくらい気に入ってます

「一等星」は新生活や、ふとした時に感じる将来の不安に対して“一緒に居るから大丈夫だよ”とやさしい気持ちに包まれる曲だと思いました。陶山さんとしてはどのような曲に仕上がりましたか?

陶山
この曲は、もちろん僕の主張でもあると思うのですが、それ以上に“楽曲自体の主張”であるというのが僕の印象です。

「CHOCOLATE PUNK」は冒頭のチャイナシンバルが恋心の爆発を表しているように思えました。イントロの激しいリフや全体を通した疾走感、Cメロの打ち込みでのブレイクなど、細部までこだわった演奏面の面白さも詰まっていますが、特にこだわった点は?

陶山
いつもいろいろと詰め込みそうになってしまうのでセーブしているのですが、曲の質感的に合うだろうと思い、最初からリミッターを緩めてアレンジしました。
亀山
挙げるとすれば、一曲通して各パートかなり面白みのある演奏になっているので、それらを活かしてつなぎ止める“接着剤”のような存在になれたらと意識してレコーディングに臨んだ点です。
もぐ
ドラムフレーズは陶山くんのアイデアです。打ち込みが混ざってくるようなアレンジも陶山くんの得意分野で、これまでも何曲かあるのですが、毎度面白いなと思いながら演奏しています(笑)。

「OZ」は本作のスパイスとなる一曲だと思いますが、3人にとってどんな曲ですか?

陶山
個人的にはPlot Scrapsの中でも明るくて、男らしい曲なんじゃないかと思います。僕らの曲は微量の寂しさがつきまとうイメージなのですが、この曲はその含有量が少ない気がしますね。バンドにとって一番若い曲なので、早くコロナ期間が終わって練習したい気持ちです!
亀山
このバンドの幅広さをうまく詰め込んだ気合いの一曲です。ベードラのグルーブ感もかなり重要な曲なので、その点はかなり意識してスタジオで確認していました。
もぐ
今作をカラフルに彩る一曲だと思います。歌っているメッセージも個人的にとても好きなテーマです。Plot Scrapsではまた新しい曲調だと思うので、ライヴで披露するのが楽しみです。

「pinky」の歌詞は具体性があって小説を読んでいるように情景が浮かびました。この歌詞ができたきっかけは?

陶山
あまり曲が“降ってくる”ことってないのですが、一瞬で歌詞もメロディーも全部降ってきた曲です。歩いてたら完成したので、家までの帰り道でiPhoneに録音しました。サウンド面ですが、最初はもうちょっとR&Bに寄ったアレンジだったのですが、もう少し柔らかいほうが合うだろうということになり、こうなりました。

エモーショナルロックな「オーダーメイド」でアルバムが締まりますが、《こんな一分一秒 積み重ねるんだ これからも そうだ》という歌詞が、バンドとファンで答えを探しながら未来を作っていくというようなメッセージを感じました。

陶山
とても素敵な解釈ですね。6曲目に収録した理由は、異様なエネルギーを放出しすぎてて、ここしかハマらなかったためです(笑)。 個人的には1曲目でもいいんですけど、全体を考えると違うかなと。曲順は僕が最初に提案した通りになったんですが、僕の意思というより『INVOKE』に関してはこの順番以外無理かなという感じです(笑)。全曲主張が激しいので…。

今作はこれまでのPlot Scrapsのアプローチを活かしつつ、サウンドの細部にもこだわっている印象で、前作『FLAWLESS YOUTH』の制作時では作れなかった、今の3人だからこそ生み出せた作品だと思います。メンバーのみなさんにとってはどんな作品に仕上がりましたか?

陶山
僕にとってはお墓に入れたい一枚です。そのくらい気に入ってます。
亀山
誰に聴かせても恥ずかしくない、自信を持って勧められる作品になったと思っています。今の Plot Scraps がどういうバンドなのか、この作品を聴いてもらえれば全て伝わると思います。
もぐ
前作より純度の高い作品になったと自負しています。曲数的にはミニアルバムですが、カラフルな印象があるし、聴いていて楽しい一枚だと思います。演奏面でも向き合うことが増えて、今まで出せなかった音色が出せるようになったり、成長を実感できる場面も多くて嬉しかったです。

耳に残るキャッチーなメロディーと、楽曲ごとに表情を変えるジャンルを超越したサウンドもPlot Scrapsならではだと思っています。バンドサウンドを基盤に、ロック×ジャズ、ロック×ダンスミュージックなど、いつも新しい楽曲制作に挑戦しているように見受けられますが、それぞれがこれから挑戦してみたい楽曲のジャンルや、作ってみたい楽曲のイメージはありますか?

陶山
まだ出していない自分の中の領域を出して、それらをもっとカオスに複合することで、聴いたこともないジャンルの曲を作ってみたい欲求があります(笑)。
亀山
歌謡テイストなメロディーと僕たちのロックが重なったらどんな仕上がりになるのか…面白そうだなと思っています。
もぐ
陶山くんの引き出しが幅広いので、演奏面において求められる技術も制作ごとに新しいものばかりです。とてもやり甲斐のある環境だと思いますし、可能な限りいろんなジャンルに挑戦したいですね。

最後に、バンドとして、将来のビジョンや目標があれば教えてください。

陶山
NHK『紅白歌合戦』への出場が目標です。そして、許されるなら演奏終わりにドラムを破壊したいです!
亀山
“どれだけ大きなステージに立っても誰もが納得するバンド”になるのが、結成当初からずっと変わらない僕個人のバンドに対する目標です。
もぐ
Plot Scrapsの音楽を通して、生きる喜びを伝えたいです。

取材:岩田知大

ミニアルバム『INVOKE』2020年5月20日発売 No Big Deal Records
    • NBPC-0079
    • ¥1,500(税込)
Plot Scraps プロフィール

東京を拠点に活動する3ピースロックバンド。2018年6月にリリースした1stミニアルバム『Vital Signs』で全国的な活動をスタート。19年4月に2ndミニアルバム『FLAWLESS YOUTH』を発表し、バンド初となる全国ツアー『FLAWLESS YOUTH TOUR 2019』を行なった。20年5月、3rdミニアルバム『INVOKE』をリリース。さまざまなジャンルから吸収した感覚をロックに昇華させ、既存のフォーマットにとらわれない音楽性が特徴的。誰かの生きる希望や支えになるべく、力強い歌を届けている。Plot Scraps オフィシャルHP

「Teardrop」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着