日本の「STAY HOME MUSICAL」、今注
目のミュージカル俳優のYouTubeチャ
ンネルをまとめてみた

東京で外出自粛要請が始まって約1ヶ月。

多くの舞台がクローズしている今だからこそ、失われたものもあれば、新たに生まれたものもあります。その一つとして挙げられるのが、ミュージカル俳優によるYouTubeチャンネルです。
普段は稽古場と劇場を行き来して多忙な日々を送るミュージカル俳優が、貴重な在宅時間を使って様々なコンテンツを生み出しています。舞台の上に立つときとは、ひと味もふた味も違うミュージカル俳優の新たな魅力を、ぜひみなさんも自宅で感じてみてください。
きっとまた必ず、彼らが舞台に立つ姿を観ることができると信じて。

城田 優/歌ありトークありクイズあり! 一緒に盛り上がれる動画

“城田優クイズ”に答える城田優

ミュージカル界のみならず、テレビや映画など幅広く活動し、2019年にはミュージカル『ファントム』の主演&演出を務めるなど多才な俳優、城田優。そんな彼が外出自粛期間に新たに開設したYouTubeチャンネルが、「城田優 / Yu Shirota」だ。
動画内で、城田はオリジナルのクイズや早口言葉に果敢に挑戦していく。視聴者もまねして個人で楽しめるようなコンテンツが多いのが特徴だ。ハイテンションで突っ走る城田に対し、ゲスト(カプリティオチャンネルの古川洋平)が淡々とツッコミを入れるという掛け合いが楽しい。
トークメインの動画の他、城田と共演が多く親交の深い俳優、ラミン・カリムルーとリモートで一緒に「Worlds Apart」を歌う動画も必見。
可知 寛子/編集力と発想力がピカイチ! 笑いと元気がもらえる動画

ミュージカル女優の楽屋 鏡前編 at Home
直近の出演舞台は『天保十二年のシェイクスピア』、2020年6月から既に公演中止が発表されている『ヘアスプレー』に出演予定だったミュージカル女優、可知寛子。彼女は「元々ユーチューバーだったの?」と疑うほどクオリティの高い動画コンテンツを、4月に開設したYouTubeチャンネル「魅惑のかちひろこ」で次々とアップしている。
チャンネル開設当初は、舞台メイクやミュージカルクッズの物販の話など、トークメインの動画が多かった。彼女の動画に共通しているのは、とにかくテンポが良く見ていて飽きないということ。動画を通して伝わってくる、決して飾らない彼女の人柄にも親近感が湧いてくる。
公開からわずか1日で1万再生を突破した最新の動画、「『エリザベート』の名曲歌いながらめっちゃいい感じの朝食作ってみた」も選曲からして秀逸なのでぜひチェックしてほしい。
ソニン/なかなか聴けないレアなトークがたっぷり楽しめる動画

【2020年】ソニン5年ぶりに稼働!あの名曲を熱唱コメントあり
今やミュージカル界の最前線で活躍を続ける女優、ソニン。2020年はストレートプレイ、KERA CROSS 第二弾『グッドバイ』への出演から始まり、本当だったら今頃は『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3で華麗な歌とダンスを披露している予定だったが、4月〜5月の全公演が中止となってしまった。
そんなソニンが、外出自粛をきっかけに元々持っていた自身のYouTubeチャンネル「SonimOfficialTube」を5月4日に再稼働させた。再稼働第一弾の動画では、懐かしのあの名曲たちを熱唱する姿も! さらに、メイク動画や毎朝行っているというストレッチの紹介といった動画公開が続いている。今後、一体どんなソニンメソッドが明かされていくのか……非常に楽しみだ。

田村 良太/ミュージカル俳優の枠を超える! バラエティ豊かな動画
とあるミュージカル俳優の【モーニング ルーティン】
2013年『レ・ミゼラブル』のマリウス役でミュージカルデビューした俳優、田村良太。2013年に続き、2015年、2017年とマリウスを演じており、近年もミュージカルを中心に舞台やコンサートで精力的に活動している。
彼が以前から開設していたYouTubeチャンネル「ryota tamura」では、幅広いジャンルのコンテンツを楽しむことができる。最近では洋楽をカバーしたリモート歌唱動画や、おすすめの映画や海外ドラマを語る解説動画、ミュージカル俳優ならではの喉ケア方法紹介など、とにかくバラエティに富んでいる。
その中でも個人的におすすめしたいのが、本記事内にも掲載した「とあるミュージカル俳優の【モーニング ルーティン】」。やたらにスタイリッシュなカメラワークとBGMの演出がジワジワくること間違いない。ミュージカル俳優の朝を覗き見してみたい人はぜひ。

西川 大貴/まったりミュージカル俳優同士の深い話が聴けちゃう動画

【ミュージカル】昆夏美さんとサイゴンのあれこれ語ってみた(前編)
日本発のオリジナルミュージカル『(愛おしき)ボクの時代』で演出・脚本を務めるなど、クリエイターとしての顔も持つ俳優、西川大貴。2020年5月からは『ミス・サイゴン』にトゥイ役で出演予定だったが、残念ながら本公演は9月までの全公演が中止となってしまった。
西川は4月に、ミュージカル俳優同士でカジュアルなトークを展開する「《クロネコチャンネル》」を開設。西川自身がホストとなり、ゲストを招いてまったりと進行していく。現時点で登場しているゲストはいずれもミュージカル俳優の昆夏美、海宝直人、小野田龍之介だ。それぞれ共演経験がある『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』の話題はもちろん、ここでしか聴けないような深い話も聴くことができる。ときおり登場するアシスタントのねもと(大根アイコン/西川の後輩)が、視聴者の立場で質問をしてくれるのもありがたい。今後もどんなゲストが登場し、どんなミュージカルトークが繰り広げられるのか楽しみだ。
藤岡 正明/癒やされたい人におすすめ! 優しい歌声のカバー曲満載の動画

【1人6役?!】全部自分で演奏してみた!DECEMBER 1963/OH WHAT A NIGHT
トークメインのチャンネル紹介が続いたので、ここからはパフォーマンスメインのチャンネルを紹介したい。
2020年3月8日に、ミュージカル回想録『HUNDRED DAYS』のライブ配信で感動的なパフォーマンスを披露した藤岡正明。7月からは帝国劇場で『ジャージー・ボーイズ』に出演予定だ。
藤岡は自身のYouTubeチャンネル「〈公式〉藤岡正明」で、『ジャージー・ボーイズ』から「DECEMBER 1963 / OH WHAT A NIGHT」を一人6役(!)で成し遂げるパフォーマンスを披露。ボーカル、コーラス、ピアノ、パーカッション、ベース、ギター全てを見事にやってのけた。
他にも名曲をカバーしてピアノやギターで弾き語りをする様子を多数公開している。藤岡の優しく透き通った歌声に、思わず静かに耳を傾けたくなる。他のラインナップは、「366日」、「OH MY LITTLE GIRL」、「Pretender」、「愛燦燦」など。さらに、自粛期間に誕生日を迎える方に向けたバースデーソングや、自粛期間に卒業を迎えた方に向けた卒業ソング「3月9日」などもある。
中井 智彦/とにかく熱い!胸に響くバリトンヴォイスを味わえる動画

心の瞳/坂本九~covered by 中井智彦~
劇団四季在団中、『オペラ座の怪人』ラウル役や『美女と野獣』野獣役を熱演してきた俳優、中井智彦。退団後は自身のソロコンサートを中心に様々なミュージカル作品に出演し、その実力を確固たるものとしてきた。2020年1月〜2月はミュージカル『CHESS』に出演しており、今年の夏にはミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』への出演が決まっている。
YouTubeチャンネル「中井智彦 公式」では、「中井智彦が本気で歌う。いま、あなたに届けたい歌。」として、多くの名曲をカバーして届けている。中井のバリトンボイスは実に力強く、胸の奥深くまで響いてくる。1曲1曲に込められた熱い想いが、歌を通してビシバシ伝わってくるのである。舞台の仕事ではなかなか聴けないようなカバー曲を聴くことができるこうした企画は、ファンにとってはたまらないのでは。
記事内に掲載したカバー曲「心の瞳」の他に、「マイ・ウェイ」、「星影のエール」、「五月のバラ」などがある。さらに、『中井智彦 I Live Musical! III』のライブ映像も配信されているので注目したい。

文・写真 = 松村蘭(らんねえ)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着