L→R デーモン閣下、宝野アリカ(ALI PROJECT)

L→R デーモン閣下、宝野アリカ(ALI PROJECT)

【デーモン閣下×宝野アリカ
(ALI PROJECT) インタビュー】
アニメがお互いを
うまく結びつけてくれた

メタルが好きだった自分の原点に
戻れたような安心感があった

逆にカップリング曲「薔薇異形」はALI PROJECT節の曲に閣下が乗っかるかたちですが、速くなかったですか?

閣下
吾輩にとっては念願叶ったわけだけど、そこまでは早口ではなかったな。
アリカ
最初はもっと早口だったんですよ。
閣下
そうなの?
アリカ
最近、どんどん速くなってて。JAM Projectさんに楽曲提供させていただいた時もすごく速くて、“こんなに速いのは他の人には歌えないから”って作曲の片倉さんに言っていたんです(笑)。

閣下は以前から興味があってやりたいけどできなかった世界に入ってみていかがでしたか?

閣下
すごく面白かったぞ。デモ音源をもらった段階で典型的なALI PROJECTの世界観だったから“うぉ〜! キター!”って、その時点で歓喜していた。今までいろんなタイプの曲を歌ってきたけど、ここはまだ聖少女領域だったからな(笑)。
アリカ
逆にこれまでALI PROJECTの曲を聴いていらっしゃって、そこに男性の声が入ってくるのはどう思いました?

意外性もありつつ、でもこれも決してなくはない。それにデュエットだからメインヴォーカルが変わるたびに視点が変わって、世界観が広がった感じがしました。

アリカ
そうでしょう!(笑)

今回のコラボレーションでお互いに新しい何かが開けたと思いますが、この世紀のコラボレーションで得たものは何ですか?

閣下
ここまで難しいことをやっていいんだという感触かな。どちらの曲もそうだけど、誰かと歌詞をここまで本格的に分担したパターンはまれなことで。言葉のキャッチボールをしている時に、アリカ嬢が投げてくる言葉が本当に個性的だったし、吾輩よりも難しい単語を使って歌詞を投げてきた人は今までいなかった(笑)。だから、これくらいまでやっていいんだなって思った。

刺激を受けたと。

閣下
ものすごく刺激を受けたぞ。
アリカ
私もそう。いつもひとりでこもって歌詞を書いているから、そこでは見えなかった景色が見えて非常に新鮮でした。コラボレーションは『Animelo Summer Live』(以下、『アニサマ』)などではあったけど、レコーディングをご一緒することはなかったし。そういう私にとって初めての経験が閣下であったことは本当に嬉しいことでした。

今回の相手が閣下じゃなかったとしたら?

アリカ
引き受けなかったかもしれないし、まったく違うやり方になったでしょうね。やっぱり私は閣下の声に惚れているので! メタルが好きだった自分の原点に戻れたような、ゆりかごのような安心感もあって、余計に今回は感じるものが多かったと思います。

そう言えば、「時空の迷い人」には中国語の歌詞もありましたが、それはどちらからのアイデアだったんですか?

閣下
アニメが日本での放送スタートと同時に中国でも配信されているんだけど、そのことを最初から聞いていたから、吾輩が“じゃあ、オープニングに中国語を使ったほうが面白いんじゃないか?”って安易に提案したらOKが出たんだよね。でも、そこから先が大変だった。
アリカ
大変でしたよね。中国語は発音が難しいから。

アリカさんは中国語は大丈夫なんですか?

アリカ
NOVAの中国語教室に半年通ったことがあるんですよ。
閣下
あの英会話のNOVA? そこで中国語!?
アリカ
中国語の曲が歌いたくて「緋紅的牡丹」という曲を作ったことがあるんですよ。その時は中国の方に歌詞を書いてもらって、歌録りにも来てもらって発音を指導してもらいましたね。中国語の発音って美しくて好きなんです。

では、半年教室に通った成果が!

アリカ
いえいえ、通ったのは10年も前ですから、もうほとんど忘れちゃって。必死で耳コピしました(笑)。

このコラボ、今回で終わりにはならなさそうですね。

アリカ
『アニサマ』に一緒に出たらきっと伝説になりますよ!
閣下
『アニサマ』と言えば、4年前に出た時フィナーレで、安倍首相のリオ五輪閉会式と同じようなスーパーマリオのコスプレで登場したら、大うけしたのだが、“閣下、それは反則だ!”って他の出演者から喝采されながら言われた(笑)。
アリカ
今度ご一緒する時が楽しみです!

では、最後に読者に向けてメッセージをお願いします。

閣下
今回のシングルは2曲聴いてなんぼだから、ぜひこの順番で続けて聴いてもらえるとより楽しめるぞ。
アリカ
CDにはカラオケが入っているので、ぜひお友達とデュエットして楽しんでください!

取材:榑林史章

シングル「時空の迷い人」2020年5月13日発売 FlyingDog
    • VTCL-35316
    • ¥1,200(税抜)
デーモン閣下 プロフィール

魔暦紀元前16(1983)年、ロックバンドの姿を借りた悪魔教布教団体“聖飢魔II”の歌唱・説法方として現世に侵寇。バンド時代からソロシンガーとして作品を発表したり、オーケストラや伝統楽器と共演したりと意欲的な活動を展開。聖飢魔IIが解散して以降もScudelia Electroとのプロジェクト“!”やソロアルバム『うた髑髏-劇団新感線劇中歌集-』[魔暦21(2019)年]を制作するなど精力的に音楽活動を行なう他、舞台俳優、ニュースキャスター、そして現在は厚生労働省“上手な医療のかかり方”大使としても活躍中。デーモン閣下 オフィシャルHP

宝野アリカ(ALI PROJECT) プロフィール

独創的な曲調、文学的な歌詞、先鋭的なビジュアルで知られるALI PROJECTの作詞、ヴォーカルとして、作曲編曲の片倉三起也とともに多数のアニメ主題歌を手掛け、毎年オリジナルアルバムをリリース、全国ツアーを行なっている。七色の声を持ち、音楽、映像、衣装、ステージにいたるまで、独特で多様な視聴覚芸術と向き合い、常に飽くことなき探究心を携えて活動を続けている。ALI PROJECT オフィシャルHP

「時空の迷い人」MV(short ver.)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着