DAOKO、インドネシアのビートメーカ
ー・pxzvcとコラボした最新曲「おち
ゃらけたよ」MV公開

DAOKOが3月25日(水)にリリースした最新曲「おちゃらけたよ」のMVが公開された。
本MVはDAOKOが企画コンテを担当。真っ白なワンルームでDAOKOが1人で踊る、シュールで、どこか寂しさと温かさを感じさせる映像に仕上がっている。
今年1月に小袋成彬をプロデューサーに迎えたシングル「御伽の街」をリリース。2月には同作を携え名古屋・大阪・東京の3都市を巡るワンマン・ツアー『DAOKO 二〇二〇 御伽の三都市 tour』も開催したDAOKO。

2020年の第2弾シングルとなる本作「おちゃらけたよ」には、インドネシアのビートメーカー・pxzvcが参加。pxzvcは小袋成彬(OBKR)とYaffleが率いる〈Tokyo Recordings〉による新レーベル〈ASEVER〉第1号アーティストとして、昨年シングル「Verre d’eau」、EP『A fragrance of a bitter taste』をリリースしたことも記憶に新しい。

国境を超えたコラボ作となった本楽曲は、DAOKOが東京で進む都市開発のスピードに対し、反する自分の歩む速度への言葉にできない焦燥感を表現した楽曲となっている。


【リリース情報】

DAOKO 『おちゃらけたよ』

Release Date:2020.03.25 (Wed.)
Label:TOY’S FACTORY
Tracklist:
1. おちゃらけたよ

作詞: DAOKO
作曲: DAOKO / pxzvc
編曲: pxzvc

■ DAOKO オフィシャル・サイト(https://daoko.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着