L→R 佐藤ケンケン(Dr)、長谷川 正(Ba)、有村竜太朗(Vo&Gu)、ナカヤマアキラ(Gu)

L→R 佐藤ケンケン(Dr)、長谷川 正(Ba)、有村竜太朗(Vo&Gu)、ナカヤマアキラ(Gu)

【Plastic Tree インタビュー】
今までの中で一番面白い
アルバムだなぁと思ってます

ツアーを明確に意識して作ったのって
今回のアルバムが初めてかもしれない

アルバムが完成して、今はどんな気分ですか?

ナカヤマ
俺は“さぁ、ツアーだ!”っていう感じかな。制作中にツアーを明確に意識して作ったアルバムって、これだけかもしれない。作ってる時は必死なんだよね、たいていのアルバムって。でも、今回は“ライヴを見据えてやろうぜ”って言いながら制作をしていて…ほんと、そんなことを言って作ったのはこれが初めてかも。だから、今は“できた! 万歳!”じゃなくて、“よっしゃー、ツアーに行くぞ!”っていう気持ち。…って、アルバムの感想を言えって言われてるのに、ライヴのことばかり言ってるけど(笑)。まぁ、まさにそういうことなんじゃないのかな。
佐藤
俺もライヴありきですね。アルバム発売からツアー初日まで時間がないから少しでも曲を予習してもらって、ライヴを一緒に楽しめたらいいなと思います。あと、今回って90秒のMVを全曲分出すんですけど、自分が作った曲が映像化されるのは初めてだから、それも嬉しかったですね。

全曲分の90秒のMVもですが、収録曲10曲をそれぞれシングル化したマキシシングル10枚セットの完全限定盤では、10枚全てジャケットも帯も違うデザインで、そのこだわりの細かさに驚きました。

長谷川
曲をただ収録した普通のCDだけじゃなくて、こういう形態のものもリリースできるっていうのはバンドとして嬉しいですね。こんなアイデアを実現するのは、やっぱり大変だと思うんですよ。それに対して周りが協力してくれたのは、ほんとありがたいです。音だけじゃなくて、アートワークも含めて自分たちの作品って言えるものができたと思うので、非常に満足度が高いです。
有村
今回のアルバムはメンバーそれぞれのパーソナルな曲というか、曲に個人の色がすごく出ていると思っていて。それがあったから作詞もその人に振ってみようってことになったんですけど、曲を作った人がPlastic Treeを使ってオールプロデュースしていくみたいな感じですよね。もちろんバンドでプリプロもするし、アイデアも出すし、プレイヤーとしても参加するんですけど、作曲者が最後まで仕上げるっていうテーマみたいなものがあって。僕は今までの中で一番面白いアルバムだなぁと思ってます。“まだまだ面白いことができるんだ、うちのバンドは!?”ってびっくりしたというか(笑)。もちろん手応えもあるけど、“まだできるんだ! すげぇなぁ〜”って自分のバンドに驚いてますね。メンバー自身がそんなふうに考えて作ってるのがスタッフにも伝わって、全曲分の90秒MVを撮るとか、シングル10枚入りのBOXを作るとか、なかなかできないような企画も受け止めてもらえて。むしろ、“この内容だからやりたいですよね!”ってなってくれてる。そういう熱が聴いてくれる人にも届いてくれたら、もう本当に作り手冥利に尽きますね。今回の曲は俺的にはライヴでやるのが楽しみな曲が多くて。うちのバンドもキャリアが長いだけに、いろいろ変化しつつやってるんですけど、またひとつPlastic Treeの新しい側面が出たアルバムだと思うので、そんな新しい側面のライヴができるようなツアーになればいいなと思っております。なので、ぜひたくさん聴いて、たくさん足を運んでいただければ、これ幸い至極。以上です(笑)。

取材:舟見佳子

アルバム『十色定理』2020年3月25日発売 ビクターエンタテインメント
    • 【完全生産限定盤】
    • VIZL-1759
    • ¥15,800(税抜)
    • ※10CDs+DVD+PhotoBook付
    • ※豪華BOX仕様
    • 【通常盤】
    • VICL-65361
    • ¥3,000(税抜)

『Plastic Tree Spring Tour2020「十色定理」』

3/27(金) 埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3 ※公演延期
4/04(土) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
4/05(日) 宮城・仙台Rensa
4/11(土) 愛知・NAGOYA ReNY limited
4/12(日) 石川・金沢AZ
4/18(土) 福岡・DRUM LOGOS
4/19(日) 長崎・DRUM Be-7
4/25(土) 大阪・UMEDA CLUB QUATTRO
4/26(日) 京都・京都 FANJ
5/06(水) 神奈川・KT Zepp Yokohama
5/10(日) 埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3 ※振替公演

Plastic Tree プロフィール

1993年12月、有村と長谷川を中心に結成。精力的なライヴ活動で着実にファンを獲得し、97年6月に「割れた窓」でメジャーデビュー。17年にメジャーデビュー20周年を迎え、7月には周年“樹念”で初のパシフィコ横浜公演を開催。同年9月にはトリビュートアルバム『Plastic Tree TriBute~Transparent Branches~』を発売した。19年2月には08年以降に発表した全シングルのカップリング曲を網羅したB面集『続 B面画報』をリリースし、同年7月には結成25周年を記念し、東京芸術劇場にてバンド史上初の試みとなるシンフォニックコンサートを開催した。Plastic Tree オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着