「緊急生放送!FNS音楽特別番組 春は
必ず来る」タイムテーブルや曲目、出
演アーティスト、見どころ紹介!

緊急生放送!FNS音楽特別番組 春は必ず来る

2020年3月21日(土)19:00~

3月21日(土)に放送される「緊急生放送!FNS音楽特別番組 春は必ず来る」。新型コロナウイルスの影響により「世界フィギュアスケート選手権2020」大会が中止となったことを受け、急遽3時間に渡って生放送されます。
今回は「緊急生放送!FNS音楽特別番組 春は必ず来る」の出演アーティストや曲目、見どころを紹介します。
出演アーティスト
AI / E-girls / AKB48 / エレファントカシマシ / 「Endless SHOCK」カンパニー(堂本光一・上田竜也ほか) / 大黒摩季 / 上白石萌音 / 関ジャニ∞ / 城南海 / 倖田來未 / さかなクン / ジェジュン / 城田優 / スキマスイッチ / SixTONES / sumika / DA PUMP / ディズニーの仲間達 / 東京スカパラダイスオーケストラ / NUMBER GIRL / NEWS / 乃木坂46 / 氷川きよし / 藤井フミヤ / 水樹奈々 / 森高千里 / 森山直太朗 / WANIMA
司会:榎並大二郎(フジテレビアナウンサー) / 永島優美(フジテレビアナウンサー)
タイムテーブル
※準備中
今回の見どころは?
なんと!NUMBER GIRLが登場
昨年復活したロック・バンド、NUMBER GIRLが登場。NUMBER GIRLの出演は誰も予想していなかったのではないでしょうか。先日の無観客ライブ生配信で盛り上がったことも記憶に新しい彼ら。タバコ4本を咥えて銃をカメラに向けることはないかと思いますが、今回の生放送も必見です。
スカパラがトップバッター!さかなクン、関ジャニ∞とコラボ
東京スカパラダイスオーケストラはトップバッターで登場。さかなクンや関ジャニ∞とコラボします。スカパラのデビュー30周年を記念したライブは中止となってしまいましたが、20日に行われた生配信、そして今回の生放送と、ファンにはうれしいお知らせ。
ミニー・マウスの人気ショー&最新ディズニー映画の主題歌
現在休園中の東京ディズニーリゾート。休園期間中に行われる予定だったミニーマウスが主役を務める大人気ショー「イッツ・ベリー・ミニー!」の一部が放送されます。さらに、公開延期となっている新作ディズニー映画の楽曲披露も。スキマスイッチは『2分の1の魔法』の日本版エンディング曲である「全力少年」を、城南海は『ムーラン』の日本版主題歌である「リフレクション」を歌唱します。ディズニー不足に落ち込んでいた方はお楽しみに。
ミュージカル「Endless SHOCK」、今夜だけの特別ショー
現在公演が休止となっている堂本光一主演のミュージカル「Endless SHOCK」。今回の放送に合わせて特別に東京・帝国劇場にて収録した映像が放送されます。総勢69人による圧巻のパフォーマンスを地上波で観られるチャンスです。
WANIMA、急遽レコーディングした新曲を初披露
開催中のツアーが中止となったWANIMAが、「ツアーで披露していた新曲を最速で届けたい」との思いから新曲を急遽レコーディング。今回の放送でテレビ初披露されます。ツアーに参加できなかったファンにも届く熱いパフォーマンスに注目です。
ライブ動画配信をしているアーティスト(YouTube、LINE LIVE、インスタライブ 、AbemaTV、TikTok)
今週の気になる音楽番組をチェック!

AndMore!

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着