『錆色のアーマ』外伝、鮮やかな碧色
が象徴的なメインビジュアルとサブタ
イトルが解禁

2020年6月、Theater Mixa にて1か月ロングラン上演が決定した、『錆色のアーマ』外伝公演のメインビジュアル&サブタイトルが解禁された。
本公演のタイトルは、『錆色のアーマ』外伝 -碧空(あお)の梟-。今までの「錆色のアーマ」シリーズとは打って変わって、鮮やかな碧色が象徴的なメインビジュアルになっている。
そして、ベールに包まれていたキャラクターたちの正体が明らかになった。神器・十種神宝(とくさのかんだから)を求め暗躍する、精鋭集団“梟”にして最強を誇る橘三兄弟の次男・橘 東雲(しののめ)を仲田博喜、長男・橘 未布留(みふる)に櫻井圭登、三男・橘 羽矢十(はやと)を富園力也が演じる。
本作では、秀吉との戦を脱し、紀州の山奥に里を移そうとしていた紀ノ國、雑賀衆を軸に新たな物語が描かれる。藤白は、鶴首、黒氷、アゲハの三人のアーマ使いを連れ熊野権現に里神を迎える願いを立てに熊野の神域へ向かう一方、精鋭集団“梟”の橘三兄弟、妖たちもそれぞれの目的をもって、神域へ――。
謎多き梟の橘三兄弟が雑賀衆たちとどのように交錯していくのか、期待したい。
【あらすじ】
影が走る。
“梟”
日の御門に仕えし精鋭集団。ある目的から各地に散りし神器、十種神宝(とくさのかんだから)を求め暗躍する。
その圧倒的な殲滅力から時には暗殺集団と呼ばれることさえあった。
その梟において最強の呼び声高き橘三兄弟はいま、熊野の神域を目指し走っていた。
一方、秀吉との戦を脱した紀ノ國、雑賀衆は新たに紀州の山奥に里を移そうとしていた。
紀ノ國筆頭藤白は、鶴首、黒氷、アゲハの三人のアーマ使いを連れ熊野権現に里神を迎える願いを立てに、熊野の神域へ向かう。
そして神器を求め、妖の影もまた神域に向かい蠢く。
瞬間、水の音がした。
その神域は神の元に願いを立てる者を選別し、禊の試練を与える。
その中で彼らが“再会”するものとは……?
錆色の鼓動が、また。碧空の梟が羽ばたく。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着