工藤晴香

工藤晴香

【工藤晴香 インタビュー】
自分の意志を反映させないと、
自分の作品とは言えない

それぞれの人を肯定したい
という想いがあった

激しくてインパクトの強いハードチューンに加えて、「それぞれのPLANET」「アナタがいるから」といったエモーショナルな楽曲も収録されていますね。

制作に入る前に、今回は初めてのアルバムなのでいろんな顔を見せたいという話をしていたんです。激しい曲だったり、バラードだったり、ミドルテンポの曲だったり。それは結構最初の段階で決めました。

全曲を同じチームで作ったとは思えない幅広さですね。「それぞれのPLANET」と「アナタがいるから」はどんなふうに作ったのでしょう?

「アナタがいるから」は歌詞先行だったんです。いろいろやってみようということで、まず歌詞を書いて、それを作曲家さんに投げて。そういうやり方をしたんですけど、これも想像通りだったというか、自分がイメージしときながら、書いた通りの楽曲があがってきてびっくりしました。「アナタがいるから」はラブソングととらえられるかもしれないし、そう解釈して自分の想いを重ねて聴いてもらってもいいですけど、私の中では今まで出会ってきた人たちに感謝の気持ちを届ける曲として歌詞を書きました。でも、歌詞を“アナタたち”という言葉にするとはまりが悪いんですよ。“うわぁ、どうしよう!”ってなって、複数形だから“You”にしようかと思ったんですけど、“Youがいるから”って何だよ!って(笑)。それで、“アナタ”にしたんです。

それぞれにとって大切な人が思い浮かぶ歌になっていますので、“アナタ”で問題ないと思います。

良かったぁ(笑)。いろんなとらえ方ができる曲になって、音楽は面白いなと改めて感じますね。「それぞれのPLANET」はテーマがはっきりしています。人と比較されたり、自分を否定された経験がないという人は多分いないと思うんですよ。あとは、“あの人みたいになりたいけど、自分はなれない”と思って落ち込んだりとか。そういうふうに誰しもが感じたことがある経験に対して、“大丈夫だよ”というメッセージを送りたかったんです。それも、“そんなことに負けずに、もっと頑張れよ!”という姿勢ではなくて、“あなたは自分らしくあればいいんだよ”というふうに、それぞれの人を肯定したいという想いがあったんです。だから、人はそれぞれだし、あなたが羨ましく思っている人と同じように、あなたも輝いているよ…という歌詞になっています。

柔らかみがありつつ、リスナーの背中をしっかり押す曲になっていますね。人は誰しもコンプレックスを持っていますが、自分が嫌だと思っているところが周りの人にとって魅力だったりしますし。

そう! そういうことも伝えたかったんです。あと…多様性というんでしょうかね。そういうことも肯定したいと思ったんです。

いろんな個性があって、それを認めて尊重し合うことは大事な気がします。

そういう世の中は最高ですよね。本当にそう思います。もうちょっと個人個人で輝いていこう…みたいな。“あの人のほうが輝いているから自分はダメだ”じゃなくて、もっと広い目で見れば、あなたはちゃんと自分なりの光り方をしているよと。そういうことを伝えたいという想いのもとに書いた曲です。

工藤さんの想いに触れることができて、ファンのみなさんは嬉しいと思います。そんな「それぞれのPLANET」や「アナタがいるから」は包み込むような温かみにあふれた歌も聴きどころです。

この辺りの曲は強い曲とは違うヴォーカルということで、やさしさをすごく意識しました。あと、声優のお仕事をしていると距離感がすごく大事なんですよ。隣にいる人に“大丈夫だよ”と言う時と、ちょっと離れている方に“大丈夫、大丈夫!”という言う時では自然とニュアンスが違ってくるじゃないですか。今回のアルバムの歌はそういう距離感をめちゃめちゃ意識しました。

そこは声優ならではの強みと言えますね。ということは、歌の表情や温度感などは全て自分で決めたのでしょうか?

基本的にはそうです。歌詞を書いている段階でどういうふうに歌うかを自分で組み立てるんですよ。で、レコーディングスタジオに行って、まず一発目にツルッと歌う。それを聴いたディレクターが“あぁ、そういう歌い方をするんだね”と言って、“だったらここはもうちょっとこういうふうに歌って”とか“ここはこういう感じに”といった要望を出してくれて、それを踏まえつつふたりで組み立てていくという感じです。自分の意志や想い、やりたいことなどを反映させないと、自分の作品とは言えないですから。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着