上田麗奈

上田麗奈

【上田麗奈 インタビュー】
“ごめんね”じゃなく、
“ありがとう”で伝えたい

上田麗奈が初のフルアルバム『Empathy』をリリース。共感をテーマに、高橋 海(LUCKY TAPES)、ORESAMA、唐沢美帆、松井洋平(TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND)、田中秀和(MONACA)など多彩なクリエーターが参加し、透明感のある歌声と声優ならではの豊かな表現力で彩られた、自らネガティブと評する彼女の内面を覗くようなアルバムとなっている。

仕事で苦しいと感じたことも
角度を変えれば糧になっている

タイトルの“Empathy”は“共感”という意味ですが、どうしてこういうタイトルを付けたのでしょうか?

前作『RefRain』(2016年12月発表のミニアルバム)は自分ひとりで完結したものだったので、今度はそれとは違うアプローチで、誰かと一緒に音楽を作ってみたいと思って、その時に“共感”というテーマが浮かんだんです。このテーマと同じ意味を持つ言葉を探していった結果、“Empathy”というタイトルになりました。

今作には多彩なアーティストが参加していて、「アイオライト」はLUCKY TAPESの高橋 海さんが作編曲、「あまい夢」はORESAMAが作詞作曲されていますが、こういうシティポップ調で明るく軽快な楽曲を歌っているのが新鮮でした。

前作は静かめが多かったですからね。初めて歌うジャンルの曲だったので、やっぱり難しかったです。曲調は明るいのですが、それに対して暗めに歌うというギャップに、最初はなかなか慣れなくて。そのギャップが魅力につながるということを知るのに、少し時間が掛かりました。

LUCKY TAPESはもともとお好きだったとか?

実は、このアルバムの制作を始めてすぐくらいの頃に、初めて聴かせていただいたんです。『dressing』というアルバムでした。もともと今作はミニアルバムの予定で進めていたのですが、LUCKY TAPESさんの曲を聴いたことで、やりたいことがミニアルバムでは収まらなくなってきてしまって、急遽フルアルバムに変更したという経緯があります。

「アイオライト」の作詞は上田さんですが、タイトルは鉱石の名前ですね。

アイオライトは角度によって色の見え方が変わる石なのですが、この曲には仕事で苦しいと感じたことも角度を変えれば糧になっているという意味を込めたくて。アイオライトは語感も良くて、“新しい変化”や“美しい変化”といった意味もあるそうで、それも素敵だと思って付けました。

自分の経験を肯定する歌ということですね。

そうですね。ネタばらしをするようですけど、仕事をしていると不甲斐なかったり、情けなかったり、辞めてしまいたいと思うことが、毎日あって…。

毎日ですか!

それでも辞めないのはなぜかと考えた時に、いろいろ思い浮かんでくるものがあったんです。自分ひとりでは何もできないということや、周りの人が自分の力を発揮させてくれる瞬間があるということ。あと、角度を変えれば、耳を澄ませば、ちょっと違った色が見えたり、音が聴こえたりするということも。ひとりではなくみんなで作品を作るという行為には、そんな辞められなくなる魅力みたいなものがあるんじゃないかと。そんなことを考えながら歌詞を書きました。

普通は気にしない些細なことでも気に病んだり、すぐに落ち込んだりするほうですか?

そうですね…。被害妄想が激しいタイプなので、何でもネガティブにとらえて勝手にイメージを作ったり。些細なことにとらわれがちですね。

「あまい夢」はMVも素敵でした。観る側の主観視点で上田さんのお相手になった気分になれました。洗濯物をたたんでいたり、歯を磨いていたり、日常のいろいろなシーンがありましたが、個人的に好きなシーンはありましたか?

選べないですね…。自分ではどのシーンを観ても恥ずかしくてむず痒いです。「甘い夢」のMVはすごく少人数で撮っていたため、それゆえにリアリティーが増して…撮影中もずっと恥ずかしくて。ただ、歌った時に私が持っていたものとはまた別のイメージで作っていただいたMVだったので、「あまい夢」という曲の新しい可能性を感じられて、観ていて恥ずかしい以上に、とても嬉しかったりもします。

レコーディングではどんなイメージを持って歌ったんですか?

自分の尊敬する人や憧れの人、好きな人などが、男女問わずたくさんいる中、その人たちを見ているだけで幸せで、だけど私はその輪の中には入って行けない…といった感じの曲だったので、絶対に相手と接触しないようなイメージで歌わせていただきました。

見ているだけでいいというのが、なんとも上田さんらしい。

そうなんですね(笑)。
上田麗奈
アルバム『Empathy』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着