有安杏果

有安杏果

有安杏果、
ライブで披露していた
「サクラトーン」「虹む涙」の
2曲を配信リリース

約1年間芸能活動を休止し、2019年1月に個人事務所を設立して自身のペースで音楽と写真活動をしていくことを発表した、有安杏果

活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した「サクラトーン」、そして何十日もかけて「サクラトーン」を完成させた後にふとメロディーが浮かんで出来上がったという「虹む涙」。2019年3月のライブ『サクライブ 2019〜Another story〜』でファンに向けて初披露されたこの2曲が、約1年のときを経て、3月4日(水)にリリースされることが決定した。

《ここから誰も歩いたことない道へ》(サクラトーン)、《自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ》(虹む涙)と、自身の再スタートに向けた強い意志が込められている一方で、《弱い虫が大声で泣く》《ため息くらい そりゃ出るよなぁ》など、有安が胸の内に抱えている繊細な気持ちや本心も表れている。

「虹む涙」は、“悲しんでいる人の涙を集めて虹に変えたい”という想いから生まれた言葉。自身の音楽を通して人に少しでも希望や生きる楽しみを与えたいという想いは、“虹む涙”という言葉にも、「サクラトーン」の《いっせーのでみんなに良いこと起こりますように》という歌詞にもまっすぐと表れている。桜、花、空、虹など、忙しない日々を過ごしていると見落としがちな自然の美しさに目を向けているところも、今の有安らしさと言えるだろう。
■配信シングル特設サイト
https://www.ariyasumomoka.jp/extra/sakura_tears/
配信シングル「サクラトーン」2020年3月4日(水)より、各配信サービスにてリリース
配信シングル「虹む涙」2020年3月4日(水)より、各配信サービスにてリリース

『有安杏果 サクライブ 2020』

3月05日(木) 愛知・Zepp Nagoya
3月11日(水) 大阪・Zepp Namba Osaka
3月13日(金) 香川・高松 festhalle
3月14日(土) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
3月16日(月) 福岡・Zepp Fukuoka
3月19日(木) 北海道・Zepp Sapporo
3月21日(土) 宮城・仙台PIT
3月27日(金) 東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

◎ツアー会場にて、オフィシャルブック発売!
『DOCUMENTARY OF ARIYASU MOMOKA 2019-2020』
価格:3500円(税込)
判型:270mm×210mm
ページ数:約160P

有安杏果
配信シングル「サクラトーン」
配信シングル「虹む涙」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着