生田斗真主演 いのうえ歌舞伎『偽義
経冥界歌』東京公演開幕 初のライブ
ビューイング開催が決定

2020年2月15日(土)から、TBS赤坂ACTシアターで「2020年劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』」が開幕する。このたび本公演のライブビューイングの開催が決定した。
劇団☆新感線は、旗揚げ39周年に当たる2019年から2020年にかけてを“サンキュー興行”と銘打ち、2019年の3月から4月にかけて大阪、金沢、松本にて、座付き作家の中島かずきによる脚本と、主宰のいのうえひでのり演出にて本作を上演。そして約10か月の時を経て、“サンキュー興行”の締めくくりとなる、東京、福岡公演を実施する。
物語のモチーフは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。源義経の、偽物説、影武者説といったドラマティックなエピソードをベースに、義経が実際に奥州に匿われていたという史実と奥州三代の盛衰の行方を絡めつつ物語は展開。主人公の偽義経を中心としながらも、まるで群像劇のようなそれぞれの人間ドラマも堪能できる作品であり、新感線ならではの笑いたっぷり、殺陣、アクション満載の王道エンターテインメントとなっている。
主演は、新感線には4回目の参加となる生田斗真が務め、共演には、りょう中山優馬藤原さくら、山内圭哉、早乙女友貴、三宅弘城ら豪華なゲストが顔を揃えた。さらに、2017年の『メタルマクベス』disc1にて退団以来21年ぶりに劇団公演に参加した橋本さとし、そして粟根まことをはじめとする劇団員らも舞台を彩る。
左から 三宅弘城、橋本さとし、山内圭哉 (c)2020『偽義経冥界歌』[撮影:田中亜紀]
藤原さくら (c)2020『偽義経冥界歌』[撮影:田中亜紀]
早乙女友貴 (c)2020『偽義経冥界歌』[撮影:田中亜紀]
中央奥 りょう (c)2020『偽義経冥界歌』[撮影:田中亜紀]
左 粟根まこと (c)2020『偽義経冥界歌』[撮影:田中亜紀]
2020年は東京と福岡のみの公演となっており、劇場での観劇が難しい人にとって、今回の史上初となるライブビューイングは貴重な機会となる。ちょっとした小ネタや表情の機微といった、劇場では観ることができない役者の繊細な演技を大スクリーンで楽しみたい。
東京公演開幕及び、ライブビューイング決定に伴い、演出を手掛ける劇団☆新感線主宰・いのうえひでのりと、主演の生田斗真からコメントが到着した。
劇団☆新感線主宰・演出:いのうえひでのり
今回は昨年すでに公演をしているので、みんな役の深さやとらえ方などの役が自分の物となってからのスタートとなり、ゼロから作り上げるのとは違う、良い状態から稽古ができました。そんな中で(橋本)さとしは、(稽古期間含めて)昨年約半年やったよね?!(その経験はどこへ?)という新鮮な間違い方をして、稽古場を笑かせてくれました。
主演の(生田)斗真は、良くできた完璧な子。あの高校生がよくぞここまで育ってくれたな、と。オールマイティで何でもできる、カンパニーのこともきちんと考えてくれています。今回はセットが過酷なので、この先の長い公演で体を壊さないことだけが心配です。
『偽義経冥界歌』は“ザ・中島かずき”作品です。映画「プロメア」で新規のお客さんが増えて、初めて触れる生の中島節を楽しんでもらいたい。また、2014年の「蒼の乱」以来、東京では6年ぶりの王道“いのうえ歌舞伎”の新作でもあります。昨年の地方公演で確かな手ごたえを感じましたし、自信をもってお届けできる作品に仕上がっていると思います。
そして、新感線ならでは、老若幅広い世代が入り混じって漫画みたいな芝居をやっているカンパニーはあまりないと思うんです。39年の歴史があるからこそできる、こんなことばっかり何年もやってきた蓄積が出てるのではないかと思います(笑)
ライブビューイングはIHIステージアラウンド東京の公演では経験していますが、そこ以外では初めてのこと。信頼するウチの映像チームによる撮影なので、生放送の迫力や劇場と同じ臨場感や時間を共有してもらえると思います。ぜひこちらも楽しんで欲しいですね。
源九郎義経役:生田斗真
ようやく東京、博多のお客様にみていただける時が来たなと思っています。かなり完成度の高い状態だと思うので、とにかく存分に楽しんで頂きたいです。劇団☆新感線史上最大の立ち回りの分量です。役者がとにかく走る!闘う!飛び回る!ここでしか体感できない興奮を是非味わってほしいです!
今回ライブビューイングの開催が決定したんですよね。初めての舞台生中継体験です!ドキドキ!噛んだらどうしよう。全国の映画館に集まったお客さんにバレてしまう。。皆さんどの土地のどの映画館にいても気持ちは一つ!オラに力を!一緒に同じ時間を楽しみましょう!
公演時間はそこそこ長いよ。厠(かわや)はお早めに。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着