ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』場面写真

ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』場面写真

M!LK主演のショートフィルムが
渋谷HUMAXシネマで上映決定!

M!LKが主演となるショートフィルム作品が3月7日(土)〜3月15日(日)まで渋谷HUMAXシネマにて公開されることが決定した。

この作品はM!LKが3月11日にリリースするコンセプトアルバム『Juvenilizm-青春主義-』の収録曲をモチーフに『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)『グッド・ドクター』(フジテレビ系)『僕だけが17歳の世界で』(AbemaTV)などを手掛ける監督金井紘が映像化。M!LKメンバーそれぞれが1作品を主演し、連動したストーリー5作品と制作のきっかけとなったアルバムリードソング「Winding Road」MVの計6作品をまとめたSpecial Short Filmとしての公開となる。

また、「君がくれた宝物ならココにある」をモチーフに佐野勇斗演じる新人美容師、「晴れのち曇り時々虹」がモチーフの吉田仁人演じる就活生、「last moment」モチーフの山中柔太朗演じるフリーター、「DEAR LIFE」をモチーフとした曽野舜太演じる配達員、「Don’t think, Jump!」をモチーフとした塩﨑太智演じる俳優見習い、それぞれが主演として自身と同姓同名の役を演じながら、M!LKとは違う職業、違った人間模様に扮し、鬱々とした表情を浮かべる写真と、それとは対称的に希望に満ちている学生時代を切り取った5人の写真が公開された。ポスタービジュアルは各主演の5パターンと集合写真を使用した計6パターンを制作。

オフィシャルYouTubeにアップされた特報では、偶然の再会、10代の頃に想像していた未来とは違う現実に直面し藻掻く5人の一端が描かれている。M!LKオフィシャルファンクラブでは3月7日(土)公開初日舞台挨拶のチケット先行スタート! その他の日程では劇場限定の特典が8種類の中からランダムで付くということだ。

さらに、M!LKオフィシャルサイトではアルバム『Juvenilizm-青春主義-』の3形態のジャケット写真が公開されており、これらの場面写真を使用した“シネマルック”な内容。Limited盤にはこちらの6作品がBlu-rayとして全編収録されるということで、こちらの映像作品をコレクトしたいファンには必見のアイテムとなっている。

【コメント】

■佐野勇斗
僕らM!LKがそれぞれ主演を務めるショートフィルムが完成しました!
メンバーが主演をし、M!LKの歌が主題歌。
僕の夢の第一歩が叶った作品になっています。
ぜひ御覧ください!!

■塩﨑太智
5人の個性がそれぞれ出ているショートフィルムで、
メンバーの違った一面にきっと、ドキドキするはずです!
ショートフィルムをみれば3rdアルバムをより深く聴くことができます!
是非劇場でご覧ください!

■曽野舜太
M!LKの変幻自在のエッセンスが詰まった一杯(作品)になってます。
人間味溢れる作品を全て通して見終わったあと、
空いた口が塞がらなくなるに違いない。。
新しい切り口のM!LKを是非劇場でご堪能あれ!

■山中柔太朗
この作品は一人一人にフォーカスが当たっていて、それぞれの良さが引き立っている作品です。
胸が熱くなる瞬間だったり、ホッとする瞬間だったり、いろんなテイストの5作品が少しずつ繋がっていて、ずっと見ていたくなる作品になっております!
歌も最高なのでぜひ見てくれたらうれしいです。

■吉田仁人
音楽と俳優のリンクをここまで強めるのは初めてで、とても面白い試みだと思います。
メンバーそれぞれの色が濃く出た素晴らしい作品を金井監督に撮っていただきました。
この作品たちを観て、個々の色、アルバムのストーリーをより深く知っていただきたいです。
是非ご覧ください。

■監督 金井紘 コメント
アルバムの各楽曲に対して、各メンバーそれぞれを主人公にしたMVの制作。なんて面白そうで、なんて難しいお題なんだと、お話を頂いた時、まずそう思いました(笑)。
少年でもなく大人でもない。
その世代特有の葛藤、苦しみは、この瞬間のM!LKにしか表現できないと思い、今回のような構成にさせて頂きました。
撮影時には、個々の俳優としてのポテンシャルはもちろん、5人集まった時の、1×5が10にも20にもなるグループとしてのパワーに圧倒されました。
数年後、益々大きくなっているであろうメンバーや、ファンの皆様が、2020年のM!LKってこうだったよな、とアルバムの写真の一枚のようにこの作品を感じて頂けたら嬉しいです。

『Juvenilizm-⻘春主義-』
Special Short Film 特報

【舞台挨拶情報】

<実施日時>
3月7日(土)14:00〜の回(上映後舞台挨拶)

<実施劇場>
渋谷HUMAXシネマ

<登壇者>
佐野勇斗 /塩﨑太智 /曽野舜太/ 山中柔太朗/ 吉田仁人/金井紘監督 ※予定

<スケジュール>
上映開始14:00 舞台挨拶15:00スタート ※15:30舞台挨拶終了予定

<FCチケット受付日時>
2月14日(金)18:00~
※受付は2月9日(日)23:59時点で『PREMIUM MILK』会員が対象となります。
チケット料金:2,000円(税込)
※前売り券、招待券は利用不可。

■公式HP
https://fc.sd-milk.com

アルバム『Juvenilizm-⻘春主義-』2020年3月11日(水)発売
    • 【Limited盤】(CD+Blu-ray)
    • ZXRC-2059/¥4,500(税抜)
    • ※40Pフォトブック+身蓋箱
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.Theme of Juvenilizm-⻘春主義-
    • 2.Winding Road※リード曲
    • 3.かすかに、君だった。
    • 4.Searchlight-僕らが僕らになる方法-
    • 5.晴れのち曇り時々虹
    • 6.DEAR LIFE
    • 7.Ordinary-最高の退屈-
    • 8.Weʼre Here!!!
    • 9.Donʼt think, Jump!
    • 10.Lost and found-am 0:00-
    • 11.last moment
    • 12.嫌い
    • 13.ERA
    • 14.君がくれた宝物ならココにある
    • ■Blu-ray ※Limited盤のみ
    • 撮り下ろしを含む40分以上の映像を収録
    •  
    • ◎封入特典
    • Limited盤、初回限定盤、通常盤(初回生産分)共通
    • 全18種類(メンバーソロ各3絵柄メンバー全員3絵柄)のトレカから1枚ランダム封入
    • 【初回限定盤】(CD)
    • ZXRC-2060/¥3,700(税抜)
    • ※40Pフォトブック+三方背仕様
    • 【通常盤】(CD)
    • ZXRC-2061/¥2,500(税抜)
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』場面写真
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』場面写真
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』場面写真
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』場面写真
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』場面写真
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』場面写真
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』ポスタービジュアル
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』ポスタービジュアル
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』ポスタービジュアル
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』ポスタービジュアル
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』ポスタービジュアル
ショートフィルム『Juvenilizm-⻘春主義-』ポスタービジュアル
アルバム『Juvenilizm-⻘春主義-』【Limited盤】(CD+Blu-ray)
アルバム『Juvenilizm-⻘春主義-』【初回限定盤】(CD)
アルバム『Juvenilizm-⻘春主義-』【通常盤】(CD)

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着