追悼復興イベント『SOTE 311』を『フ
ジロック』ほか音楽フェスが支援

震災から10年目を迎える福島で3日間の追悼復興イベント『SONG OF THE EARTH 311』(ソングオブジアース:以下SOTE 311/ソテサンイチイチ)が、3月8日(日)、9日(月)、11日(水)に開催される。
■『SONG OF THE EARTH』とは?
『SONG OF THE EARTH』(ソングオブジアース)とは、当活動の企画・制作を担当する一般社団法人ラブフォーニッポン代表のCANDLE JUNEが新潟県中越地震の支援をきっかけに「悲しみから喜びへ」を合言葉に、2008年から実施されているキャンドルナイトや音楽フェスティバルを取り入れた復興支援活動だ。復興支援活動を通して災害地域での経験や知識がおのずと将来の支援活動の一端を担い、被災者同士が能率的に助け合えるプラットフォームを作ることを目指している。
震災から10年目を迎える2020年はオリンピック聖火リレーの出発地となる福島Jヴィレッジを会場に、音楽ライブやサッカーコンテンツ、キャンドルナイトを主とする『GREEN & BLUE フェスティバル』、災害復興支援をテーマにしたディスカッションや防災シンポジウムを行う『SOTEシンポジウム』、音楽ライブとキャンドルナイトを実施する『CANDLE 11th』が開催され、沖縄出身の5人組ロックバンドORANGE RANGE(ACOUSTIC SET)や深く温かい声と抜群の歌唱力が人気のハナレグミ、サッカーをこよなく愛するラッパーのGAKU-MC(MIFA)など、福島に想いを寄せるアーティストたちが音楽で福島を盛り上げる。
また、この災害復興イベントの入場は無料で、多くの企業、自治体が支援しているのだが、そのほかに『FUJI ROCK FESTIVAL』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』『GREENROOM FESTIVAL』『New Acoustic Camp』『ACO CHiLL CAMP』といった日本有数の音楽フェスがスペシャルサポートとして名を連ねている。イベント準備作業のサポートや運営サポート、撤去作業のサポートのボランティア募集についてはNPO法人ボランティアインフォ(volunteerinfo.jp/sote-fukushima2020)を確認してほしい。
現在公開中の『FUJI ROCK FESTIVAL』公式ファンサイト「fujirockers.org」では、『SOTE311』がスタートしたきっかけや日本の誇るフェスティバルチームの協力などがCANDLE JUNEによって語られている他、フジロック創始者であるSMASH代表の日高氏が『フジロック』、『朝霧JAM』を通して『SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311』のスペシャルサポーターになった経緯についての詳細が語られており、阪神・淡路大震災直後、当時初来日していたベン・ハーパーらと共にライブ会場で集めた寄付金を被災地へ届けたことなど、これまで語られたことのなかったエピソードも明かされている。
文=早乙女‘dorami’ ゆうこ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着