PERSONZ 初のJAZZ CLUB CIRCUITが終
了、JILLの60回目のアニバーサリーを
祝う特別な一夜をレポート

JILL JUST60th!KANREKI SPECIAL!

2020.1.25 LDH kichen THE TOKYO HANEDA
12月のBlue Note NAGOYA、Billboard Live OSAKAと続いたPERSONZのJAZZ CLUB CIRCUITが、1月25日にLDH kichen THE TOKYO HANEDAでファイナルを迎えた。
JILLの60回目のアニバーサリーをお祝いしようと当日は多くのリスナーが全国から駆けつけ開場前には長い列を作っていた。会場となったLDH kichen THE TOKYO HANEDAは眼前に羽田空港の滑走路が広がり国内外の飛行機が着陸する様子を眺めることができる最高のロケーション。
PERSONZ/JILL
『JILL JUST60th!KANREKI SPECIAL!』と銘打たれたこの日のライブは昼夜2公演行われ、演奏曲のほとんどはJILLが選曲したとのことで、1992年の『MOVEツアー』以来の演奏になった「MY VALENTINE」や「ICE」「JUSTYFY」など通常のライブではなかなか聴くことの出来ないレアな楽曲がラインナップされた。
PERSONZ/本田毅
曲の合間にはJILLがプライベートで描きためた詩の朗読を挟み、そのバックグランドではメンバーが即興でソロをプレイし朗読に彩りを添えるなど文字どおりスペシャルなライブになった。
長く演奏されてきた「BE HAPPY」や「GENERATOR」は新しくアレンジを施し、その他の曲にも随所にさまざまなアイディアが満載されていた。特に印象的だったのが1998年にリリースされたJILLの3枚目のソロアルバム『love for ZOE』からピックアップされた「花火」だった。初めてバンドサウンドで再現された楽曲にも関わらず見事にPERSONZサウンドに昇華させていて新鮮に響いていた。
PERSONZ/渡邉貢
万華鏡が映し出す鏡像を人生になぞらえ一瞬一瞬を懸命に生きようと歌う「KALEIDOSCOPE」も素晴らしく、先に演奏された「NO MORE TEARS -spin a story-」と合わせて音源化の計画があることもステージから発表された。
第2部の開演前と終演後の影アナはJILLのリクエストでドラムスの藤田が担当。これには会場に詰めかけたファンも大喜び。
PERSONZ/藤田勉
この日は終始、客席もステージも柔らかなお祝いの空気に包まれていたように思う。アンコールの時に用意されていたケーキの“60”のプレートを見て恥ずかしそうに笑うJILLを温かく祝福するメンバーとオーディエンス。
第2部のアンコール曲である「DEAR FRIENDS」が終わっても鳴り止まないアンコールに応えて演奏された「7 COLORS(Over The Rainbow)」では客席は総立ちになりトップギアのままライブは終了した。
PERSONZ/JILL
MCで「このバンドのボーカリストであることを幸せに思う」と語るJILL。35年を共に過ごしてきた揺るぎない信頼関係があるからこその抜群なバランスで成立している稀有なバンドのドラマはこれからも続いていく。
4月からは渋谷PLEASURE PLEASUREを皮切りに全国11箇所のツアーが始まるPERSONZ。次はどんなドラマを見せてくれるのかこの目で見届けたい。
撮影=アンザイミキ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着