『BIG ROMANTIC JAZZ』タイムテーブ
ル発表 名物2マン企画にYasei × 空
間現代、Sun Rai × Kan Sanoら

青山・表参道エリアで2月22日(土)に初開催される月見ル君想フ主催のサーキット・フェス『BIG ROMANTIC JAZZ FESTIVAL 2020』のタイムテーブルが公開された。

本イベントは東京・青山〜表参道エリアのヴェニュー、CAY、WALL&WALL、銕仙会、南青山MANDALAm、月見ル君想フなどを舞台に、ライブ演奏以外にも会場装飾やコラボレーションによる演出なども盛り込む都市型フェス。
国内外27組がラインナップし、全アーティスト45分〜60分という長めの演奏時間が設定されているほか、月見ル君想フでは、会場の名物でもある対面式2マン・ライブ『パラシュート・セッション』を3回実施。同企画は、2バンドが向かい合わせでセッティングし、1曲ずつ交互に演奏するというもの。その生みの親でもある詩人・山崎円城によるジャズ・パンク・バンド、F.I.B JOURNALとラテンやジャズ、ボサノヴァなどを横断する変化自在の音楽家、Saigenji。共に唯一無二の存在ながら交わったことのない超絶インスト・バンド、Yasei Collective空間現代。世界的に活躍するSun Raiと、今回のフェスではCharaとのコラボも話題のKan Sanoが登場することに。

当日は配布予定のオリジナル・マップを片手に、会場を行き来しながら、街に出会い、隠れた魅力を再発見することができるだろう。


【イベント情報】

BIG ROMANTIC JAZZ FESTIVAL 2020

日程:2020年2月22日(土)
会場:東京 CAY, WALL&WALL, 銕仙会, 南青山MANDALA, 月見ル君想フ 他
料金:早割チケット ¥6,000 / 前売 ¥7,000 (各1D代別途)*
出演:
山下洋輔
Chara + Kan Sano
YAKUSHIMA TREASURE(水曜日のカンパネラ×オオルタイチ)
Sun Rai (Rai Thistlethwayte) (AUS)
Sam Gendel (USA) 出演キャンセル
Stars and Rabbit (IDN)
The Steve McQueens (SGP)
林 以樂(雀斑 / SKIP SKIP BEN BEN)(TWN)
Power Milk (CHN)
MKS (KOR)
Kan Sano
ものんくる
i-dep
あっぱ
臼井ミトン
F.I.B JOURNAL
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER
Yasei Collective
CRCK/LCKS
showmore
Saigenji
Bim Bom Bam楽団
MIDORINOMARU
Nao Kawamura
別所和洋
高井息吹
空間現代
Fontana Folle

*早割チケット: e+(https://eplus.jp/sf/detail/3105860001-P0030001) のみ ※SOLD OUT

前売りチケット: e+(https://eplus.jp/sf/detail/3105860001-P0030001) / Peatix(https://peatix.com/event/1341116) / Live Pocket(https://t.livepocket.jp/e/isnzj) / 月見ル君想フ店頭

■ オフィシャル・サイト(https://www.bigromanticjazz.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着