男が見ても憧れるのが「エーステ」秋
組 「MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN
2020~」開幕レポート

MANKAI STAGE『A3!』(エーステ)は、“イケメン役者育成ゲーム”『A3!(エースリー)』の舞台化作品。2018年6月の春組&夏組公演、2019年1月の秋組&冬組公演、4月の春組単独公演、8月の夏組単独公演を経て、秋組の単独公演がスタートする。
「向き合う」ということ――
今回は“オカン気質なほっこり元ヤン役者”伏見 臣(稲垣成弥)主演の「異邦人」、“冷酷無比なエリートヤクザ役者”古市左京(藤田 玲)主演の「任侠伝」がテーマの物語。
第一幕は「異邦人」。物語は臣が撮った写真を宣材写真として選ぶところから始まる。次の公演での主演が自分に決まったと聞いて驚く臣。稽古の出来を鹿島雄三にボロボロに言われても、臣は「大丈夫」とメンバーに優しく声を掛けるが、逆に「それではダメだ」と摂津万里(水江建太)に言われてしまい……。という臣がひとつ成長していくためのストーリー。さらに準主演の立場から臣を支えようと奮闘する、七尾太一(赤澤遼太郎)にも注目だ。劇中劇で女役に挑戦する太一が、「女性」をどう表現するか苦戦している姿もみられる。
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
第二幕は古市左京が主演の「任侠伝」。その文字通り、ヤクザをテーマとした公演となるため、稽古中のMANKAI寮はどこかヤクザ一家のような雰囲気になってしまい、支配人(田口 涼)も困っていると零す日々。ところが左京が外で誰かと会っていることを目撃した秋組メンバーの間には様々な憶測が飛び交い、気付くと左京と秋組メンバーとの間に溝ができており……。年上である左京の苦悩やMANKAIカンパニーを愛する心、そして誰よりも深い演劇に対する情熱を思わせる公演で、左京の演技にはゾッとするくらい鳥肌が立った。
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
一幕、二幕共に自分や過去、そして秋組メンバーと「向き合う」こと、逃げないで話し合うということがとても重要視されていて、MANKAIカンパニーの絆がさらに強くなっていくように感じた。
今回の秋組単独公演に限らず「エーステ」という作品では、前半の物語パートではメンバーの抱える悩みなどにハラハラさせられる場面もあるが、後半の劇中劇ではお芝居を楽しむこと、演じることをそれぞれが全力で楽しみ、劇中キャストが不思議な一体感で繋がっている様子が見られる。演劇ってこんなに楽しい! というメッセージが観ている側に実にストレートに伝わってくるのも「エーステ」の魅力ではないだろうか。
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
キーワードは「家族写真」初日前日会見
摂津万里役 水江建太:明日の初日に向けて、今まで稽古で積み重ねたものを全力でぶつけていきます。
兵頭十座役 中村太郎:明日の初日に向けて、秋組らしくブチかましてやっていこうと思います。
七尾太一 役 赤澤遼太郎:春夏と単独公演を重ねてきて、お客さんの期待もすごく大きいと思いますが、それをはるかに超えるような秋組単独公演になっていると思います。ぜひみなさま楽しみにしてください。
伏見臣役 稲垣成弥:今回、一幕が「異邦人」ということで劇中劇では僕が主演なので、今までやってきたことを存分に出せるように、そして二幕では主演の左京さんを支えられるように頑張っていきたいと思います。
古市左京役 藤田 玲:春組夏組と単独公演を続けてきて、みんな必死にバトンをつないできてくれたので、また秋組が冬組にバトンをつなげられるように、しっかりと僕らの仕事をしたいなと思っております。そして二幕の主演が左京です。皆様の期待を越えられるような劇中劇になっていると思います。楽しみにしていてください。
新庄リョウ役 里中将道:初の舞台なので楽しみです。秋組と一緒に出させていただくので、しっかりと支えられるように一公演一公演全力で頑張ります。
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
ーー本作の見どころのキーワードは?
赤澤:「ひつまぶし」です(笑)!
一同:それ前回(秋冬公演)のじゃん! 懐かしい!
赤澤:「写真」と「家族」だと思います。
藤田:じゃあ「家族写真」だね。
水江:まとめちゃうんだ(笑)。
ーー改めて演じてみて、ご自身のキャラクターの魅力とは。
水江:万里として登場するのはこれで3回目です。摂津万里は「圧倒的にかっこいい」と思っていて、それが万里の魅力です。
十座:僕も秋冬公演と夏単独公演に出させていただいていて、今回は彼のちょっと成長した部分を見せられたらいいなと思っています。
赤澤:一年前の秋冬公演では人間らしい欲求であったりとか、いろいろなものを抱えていたのが魅力だったんですが、今回はそういうものを背負った太一だからこそ出せる光だったり、人に与えるエネルギーを出せる子だなと思うので、そういうところが魅力だなと思います。光です!
稲垣:臣の魅力って全部だと思うんですが、その中で今回は臣の魅力が裏目に出てしまうということなので、それがまたいい形の公演になります。臣のトータル的な魅力は、全部ですね。
藤田:クールであまり笑顔も少ないキャラクターなんですが、誰よりも実は人間らしいんじゃないかなと。今回の作品でもそれがすごく出ていて。秋組、春組夏組冬組のみんなと打ち解けあうことで、カンパニーへの愛が一番強いっていうのが左京の魅力のひとつなんじゃないかなと思っています。
里中:僕は初登場なので、どこまで話していいかわからないんですが……ひとつ言えるのは、リョウはすごく真っ直ぐでピュアな男なんじゃないかなと。見ていただいたらわかると思います。
ーー里中さんから見た秋組の魅力とは?
里中:秋組の第一印象はもう「かっこいい!」ですね。他の組よりも男っぽいというか。男が見ても憧れるおもしろい舞台です。稽古していて自分もすごく思います。
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
ーー稲垣さん、藤田さんへの質問です。秋組の劇中劇の魅力を教えてください。
稲垣:一幕が始まってから劇中劇までがパッケージだと思っていて、劇中劇「異邦人」の中にも今までのストーリーが盛り込まれている。そのお話の最後のゴールという感じですね。臣が変わった瞬間をその中でも見せられればなと思います。
藤田:二幕の主演でやらせていただく「任侠伝」なんですが、任侠モノなんですよね。昨今では規制もかかっていて、あまり見る機会がないじゃないですか。そういう古き良き感じだったり、そして多分今までの「エーステ」の劇中劇の中で一番トライしている、挑戦している、ちょっとはみ出しているんじゃないか! くらいやっています。そこが今回の劇中劇の魅力ですね。観て頂いてでしかわからないと思うんですが、「ここか!」って絶対にわかると思います。それを楽しみに来てくれればなと思います。
ーー役者であるみなさんが役者を演じるという中で、改めて発見した役者というお仕事のおもしろさというものを教えてください。
水江:僕はこの現場で育ててもらったので、このステージを楽しむことが僕は直結しているのかなと。「エーステ」は僕にとってはそういう場所です。ここでトライし続けることが今回の面白さでもあるし、僕としての役者としての面白さでもあるのかなと思います。
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~ ゲネプロより
(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2020
取材・文・写真=松本裕美

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着