Superfly、King Gnu、眉村ちあきなど
1月リリースの6作品を紹介

フリーマガジン『music UP's』vol.182(12/20発行)にも掲載中の『DISC GUIDE』から、1月リリースの6作品を紹介!

1.『劇団オギャリズム』/眉村ちあき
2.『EL-RODAR』/climbgrow
3.『WAVE』/NEIGHBORS COMPLAIN
4.『0』/Superfly
5.『CEREMONY』/King Gnu
6.『Capture it』/FAITH
『劇団オギャリズム』/眉村ちあきAlbum 1/8 Release
    • TOY’S FACTORY
    • 【限定盤(DVD付)】
    • TFCC-86697 ¥4,545(税抜)
    • 【通常盤】
    • TFCC-86698 ¥2,727(税抜)
“天才かよ!”と声をあげてしまった。“おばあちゃんがサイドスロー”なんてタイトルのチープなトラックに乗せて軽快に歌う楽曲を聴いて脱力してると、突然芯食った言葉が耳に飛び込んできてドキッとさせられたり、独特な視点で描かれた「緑のハイヒール」なんて油断して聴いてると、想像もしなかった展開に泣きそうになった。油断も隙もない2ndアルバム。泣いて笑って、温かい気持ちになれる作品です。
TEXT:フジジュン
『EL-RODAR』/climbgrowAlbum 1/8 Release
    • Narisome
    • NRSM-1010
    • ¥2,500(税抜)
ガレージロックというイメージは杉野泰誠(Vo&Gu)の凄みを効かせたヴォーカルによるところが大きい。しかし、「叫んだ歌」などライヴの定番になっているにもかかわらず現在入手困難な曲も網羅する、このインディーズベストを聴けば、ライヴハウスシーンで人気を伸ばしている彼らの武器はガレージロックに留まらない多彩な楽曲だということが分かるはず。climbgrowはここからさらなる前進を始める!
TEXT:山口智男
『WAVE』/NEIGHBORS COMPLAINAlbum 1/8 Release
    • LIQUID BRAIN INC.
    • PECF-3247
    • ¥2,000(税抜)
巷間言われる“アーバンなブラックミュージック”というひと言に収まり切らないユニークさを、ファンクなディスコサウンドが際立たせる3rdアルバム。それは「Virtual Dance Floor」に込めたZappのオマージュをはじめ、バンドの原点となった洋楽の影響に改めて向かい合った結果だそうだが、そんなダンサブルなパーティーサウンドに乗る歌詞が悩み多き等身大の日常なんだからさらに面白い。
TEXT:山口智男

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着