FABLED NUMBER photo by Hiroya Brian Nakano

FABLED NUMBER photo by Hiroya Brian Nakano
FABLED NUMBERがオリジナルメンバーとして結成時からバンドを支え、約7年にわたって活動してきたドラムのMr,Donuld Betchが脱退することを発表した。

脱退理由について「個人の事情によりこれまでのようにバンドに時間が割けなくなり、継続が困難となったため」と説明。状況が落ち着くまでサポートドラマーを迎えてのライブとなるそうだが、必ずライブをしてから脱退するとの意思は強いようで状況が整理でき次第、改めて脱退するライブについて報告するとのことだ。

【コメント】

■Mr,Donuld Betch
FABLED NUMBER DrumのMr. Donuld Betchです!
オフィシャルから発表があった通りですが、突然ですが個人的な事情により、バンド活動にこれまで通り時間を費やす事が出来なくなってしまったためにメンバーと話し合いの末、脱退する事になりました。
FABLED NUMBERのドラムとして活動出来た事は僕の青春です!
いろんな辛い時にも、ドラムから見えるお客さんたちの楽しそうな笑顔、歌って踊ってくれてる姿、ライブ見ながら流してる涙を見た時に、本当にバンドやってて良かったなって感じられました!
FABLED NUMBERの音楽は、間違いなくかっこ良いと信じてるし、メンバーの事もこれまでと変わらず大好きです!
メンバーと仲が悪くなって辞めるとかでは、100%無いので誤解は無いようにお願いします!
これからのライブに不参加になりますが、完全に脱退してしまう前に皆さんにライブで、ありがとうございました!を伝える機会を作りたい、ライブでドラム叩きたいと考えてますので、その発表をお待ちください!
本当に、これまで応援して頂いたり、ライブに来て頂いた方々ありがとうございました!

■FABLED NUMBERメンバー
突然の事でファンの皆様も僕たちと同じくいきなり受け入れることは到底難しいことだと思います。
でも活動を止めずに更に突き進んでいく決断をした僕たち、何より悔しくも脱退を選んだBetchをここから今まで以上に応援してくださる事を切に願ってます。
思えばBetchとはバンド加入前からの付き合いを含めもう10年以上もの時を共にしてきました。楽しい時も苦しい時も、いろんな事を共に乗り越えてきた。
バンド活動はもちろん、プライベートでも遊びに行ったり、楽しかった思い出を数え出すとキリがありません!
何度一緒に銭湯に入ったのかはもはや不明です。笑
バンド活動は一緒に出来なくなってしまいますが、僕たちとBetchとのプライベートな関係が無くなるようなことは絶対にありません。Betchが来れるならいつでもライブに遊びに来てくれたら僕たちはめちゃくちゃ嬉しい!
いつも応援してくれてる方々には言わなくてもわかってもらえるとは思いますが、はっきりと言っておきます。
決して不仲による脱退などということはない
、これだけは理解しておいて下さい。
最後に、次みんなの前に現れる時の僕たちは変わらず全力の姿でFABLEDのLIVEをします!最高に熱く、そして笑顔で再会出来ることを心から楽しみにしてます!

N'Eita(Guitar/Vocal)/N'Taichi(Bass/Cho)/Chii,pucchi(Keyboard/Cho)/Mako-Albert(Guitar)/宗光-Rodriguez(Sampler/Programming)
アルバム『ELEXGAME』2020年1月22日発売
    • CRCP-40594/¥2,000(tax in)
    • <収録曲>
    • 1. Symphonies Of The Dawn
    • 2. After A Storm Comes A Calm
    • 3. B.T.B
    • 4. The Sundown
    • 5. I Should Be Going
    • 6. No Control
    • 7. All Living Things
FABLED NUMBER photo by Hiroya Brian Nakano
Mr,Donuld Betch(Dr)

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』