生と死に立ち向かう禁断の純愛「4分間のマリーゴールド」の魅力とは

生と死に立ち向かう禁断の純愛「4分間のマリーゴールド」の魅力とは

生と死に立ち向かう禁断の純愛「4分
間のマリーゴールド」の魅力とは

TOP画像引用元 (Amazon)

「4分間のマリーゴールド」とは?
画像引用元 (Amazon)
ドラマ『4分間のマリーゴールド』の原作は、小学館「ビックコミックスピリッツ」で2017年から2018年まで連載されていたキリエによる漫画で、単行本は全3巻刊行されました。
作者のキリエは、第74回小学館新人コミック大賞青年部門で大賞を受賞。
『4分間のマリーゴールド』は作者にとって初の連載でした。
義姉との禁断の恋、そして変えられない死の運命といった「生と死」をテーマにした内容に、新聞各紙が絶賛。
多くの感動を呼んだ作品です。
愛する人の死が視えてしまう!禁断のラブストーリー
画像引用元 (Amazon)
救急救命士の花巻みことには、ある特殊な能力がありました。
それは手を合わせた人の「死の運命」が視えてしまうということ。
これまで「死の運命」を視てしまった人をなんとか助けようと手を尽くしてきた彼ですが、残念ながらその運命を変えることはできず現実となってしまうのでした。
救急救命士として命を救いたいのに救えない…みことは悩みながらも全力で仕事に取り組んでいたのです。
彼には父親の再婚で兄弟となった義姉・沙羅、義兄・廉、義弟・藍がおり、兄弟と一緒に仲良く暮らしています。
そんな彼には特殊な能力以外に、もう一つ家族にも友人にも言えない秘密を抱えていました。
みことは義姉・沙羅を愛してしまったのです。
血は繋がっていないとはいえ、戸籍上は義姉である沙羅。
みことは彼女への想いを必死に抑えました。
しかし、ある日彼は沙羅と手を合わせ、彼女の死の運命を視てしまいます。
沙羅は28歳の誕生日に、亡くなってしまう運命だったのです。
愛する人の「死の運命」を知り、その悲しい運命に立ち向かうと決意したみこと。
彼は沙羅の運命を変えることができるのでしょうか。
▲[新ドラマ]『4分間のマリーゴールド』10/11スタート!! 「生」と「死」に、向き合う強さをください。【TBS】

花巻みこと:福士蒼汰
花巻沙羅:菜々緒
花巻廉:桐谷健太
花巻藍:横浜流星
花巻理律:麻生祐未
花巻光生:村上新悟
青葉広洋:佐藤隆
美男美女が揃った花巻兄弟。
彼らの日常のやりとりも微笑ましくてみどころです。
菜々緒が悪女を封印!ナチュラル系ヒロインを演じる
▲第二章へ! 3分で分かる『4分間のマリーゴールド』第1~5話SPダイジェスト【TBS】
ドラマ『4分間のマリーゴールド』で一番の魅力ポイントは、菜々緒演じるヒロイン・沙羅です。
これまで「悪女」のイメージが強かった菜々緒が、今回初めて恋愛ドラマのヒロインを演じました。
沙羅は天真爛漫で花巻家だけでなく周囲の人を笑顔にする、心優しい女性です。
見た目の印象もいつもとはガラッと変えていて、役作りのため10年ぶりに前髪を作ったとのこと。
メイクも悪女の時と違ってナチュラルで、沙羅のほんわかとした優しい印象が伝わってきます。
強い部分が一切ない、菜々緒の演技にもご注目ください!
身を焦がすほどの愛を歌った「#302」
平井 堅 『#302』MUSIC VIDEO
ドラマ『4分間のマリーゴールド』の主題歌『#302』を歌っているのは、シンガーソングライターの平井堅です。
これまで数々のドラマ主題歌を手掛けてきた平井堅は、今作で18作目となります。
#302 歌詞 「平井堅」
https://utaten.com/lyric/qk19113063
TBS系ドラマでは2017年に放送された『小さな巨人』の主題歌『ノンフィクション』以来2年ぶりで、男性ソロ歌手として地上波ドラマの主題歌を担当した本数が、福山雅治と並んで最多となりました。
主題歌『#302』はドラマの「身を焦がすほどの愛」というテーマをもとに、ドラマと並走するもう一つのラブストーリーが楽曲に込められたミディアムバラードです。
MVでは清原翔と佐久間由衣が電話ボックスという限られた空間、そして少ないカットで男女の気持ちの移ろいを表現しています。
楽曲に込められた物語を、平井堅がギターと歌のみで語りかけるように切なく歌っています。
みことは愛する人の死の運命を変えられるのか?
▲『4分間のマリーゴールド』12/13(金) 最終回 ついに運命の日が…!! 感涙のラストへ【TBS】
本当に沙羅は28歳の誕生日に亡くなってしまうのでしょうか。
そして、みことは愛する沙羅の「死の運命」を変えて奇跡を起こせるのでしょうか。
最終回ではついに沙羅の運命の日が訪れます!
原作はすでに完結しているので、ドラマを観て気になった方は、ぜひ原作もチェックしてみてくださいね。
また、2019年10月4日には『4分間のマリーゴールド』の小説版も発売されました。
救急救命士になる前のみことや、みことと家族の出会いについても描かれています。
なんとこちらの小説版を書いたのは、作者・キリエの実の母親である小説家・桐衣朝子。
ぜひこちらもあわせてご覧ください!

TEXT あるこ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着