超ド派手、これぞ世界のカウントダウ
ン! STAR ISLAND、2度目のシンガポ
ール公演開催

2019年12月31日(火)、シンガポールのThe Float @ Marina Bayで「STAR ISLAND SINGAPORE COUNTDOWN EDITION 2019-2020」開催。その模様をレポート!

▽あわせて読みたい!“今年もカウントダウンにシンガポールでSTAR ISLAND開催、チケット発売開始!”の記事はコチラ!

2度目となるシンガポール公演がパワー
アップして開催

2017年から3度開催され日本でも毎年大好評! そして、2018年に早くも海外初進出。シンガポールのカウントダウンで世界中の人々の度肝を抜き、2019年には中東サウジアラビアの建国記念日を盛大に祝った「STAR ISLAND」。日本が誇る花火に音楽が完全シンクロし、さらには最先端テクノロジーとパフォーマンスなど様々な要素が融合した超胸熱感動花火体験が昨年に引き続き、今年もカウントダウンにシンガポールで開催され、さらなる進化に誰もがビックリ!

▽あわせて読みたい!“未来を見据える感動体験STAR ISLANDの本質…世界を魅了するその理由とは?”の記事はコチラ!

▽あわせて読みたい!“日本の伝統文化と最新技術が、いざ世界へ! STAR ISLANDシンガポールで開催”の記事はコチラ!
会場となったのは、昨年同様シンガポールのランドマーク、マリーナベイ・サンズのふもと。ここでは毎年政府後援、同国あげての一大カウントダウンイベント「Marina Bay Singapore Countdown」が行なわれ、例年50万人を超える人が世界中から集結。その舞台がもう……日本ではお台場&豊洲で開催されてきたけれど、それらとはまた全然違う超都市型圧巻ロケーション。絶好過ぎるほどのシチュエーションに「STAR ISLAND」自慢の花火やパフォーマンス、レーザーなどが加わっちゃうもんだから、それはもう息をのむほどの一大スペクタクル。
しかも、今年はそこに新たな武器……ドローンによる空間演出が加わり、鬼に金棒どころかマシンガンも持っちゃった感じで桃太郎も号泣するほどパワーアップ。これは、500台ものドローンが光りながら空中を舞い、様々な姿に移り変わるというまさに「STAR ISLAND」が謳う最新テクノロジー。鳥が舞い、クジラが飛び跳ね、馬が駆け、ダイヤモンドが煌めき、さらには船が進み、人間が走り出したりととにかくバラエティ豊富で絶えず大きな歓声が沸きながらも、シンガポールのアイコン、マーライオン(すぐ目の前に実物がある!)が夜空に描かれたときには一際大きな拍手が。夜空という地球上で何よりも大きなキャンバスにドローンと花火、もはやどこを観ていいのやら……。
そのうえ、目を下ろせばステージがあり、そこでは絶えず日本屈指のパフォーマーたちが登場。それがまた……数多くのダンサーや新体操に一輪車、BMXのトップ選手。そして常に大好評の雷炎舞集団「かぐづち-KAGUZUCHI-」の炎舞など「STAR ISLAND」おなじみのパフォーマンスに加え、今回はローラーフィギュア界の雄・西木紳悟とAOHAによるROLLER FIGURE PAERFORMERSと巷で話題のソプラノ歌手・辰巳真理恵がSTAR DIVAとなってその美声を披露するなど新たな世界も。花火にドローン、そしてステージ・パフォーマンスがシンクロしながら次々に繰り広げられるもんだから、これはもう嬉し恥ずかし視覚的迷子状態。
肝心要の花火もこれまで「STAR ISLAND」を手掛けてきた人気老舗花火店「丸玉屋小勝煙火店」、「紅屋 青木煙火店」、「マルゴー」が参加と抜かりなし。しかも、そんな花火を200mもの近さで観られるのも本祭の醍醐味。そして、花火とシンクロする音楽もポップスあり、ロックあり、クラシックあり、ダンスミュージックあり、どんなサウンドも花火とシンクロ率100%の総合芸術。なかでも、やっぱりみんな大好きキング・オブ・ポップMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)ではみんなノリノリ。夜空には花火が舞い、ステージ上ではダンサーがマイケルを彷彿とさせる姿でキレキレダンス、こんな光景はきっと天国のマイケルも予想できなかったハズ。
また、エンタメだけでなくアクティビティもたっぷりで、DJブースはもちろんのことキッズエリアには新たにボールプール、レトロチックな音楽ゲームがおいてあったり(これがまた結構並んでた)と昨年以上に充実。さらに、ラウンジも大きくなったりと至れり尽くせり。
そして、2020年のカウントダウンがまたとにかくスゴくて、カウントダウンする時計がドローンで描かれ、いざ新年を迎えると宙に“2020”と数字が。そして、花火あがりまくりのあけおめことよろ。きっと世界でも指折りの超ド派手な2020。集まった多くのお客さんみんなで年越しの瞬間をお祝い。きっとこれは記憶に残ること間違いなし。
とにもかくにも伝統文化から最新のテクノロジーまでありとあらゆる要素が詰め込まれ、それが1つのパッケージとして昇華した、まさに時を超えたエンターテインメント。しかも、時だけでなく、今やシンガポールにサウジアラビアと海も軽々超えてしまった「STAR ISLAND」。きっと2020年はさらなる海外展開が容易に予想できるけど、まずは4回目となる日本公演の開催を願うばかり!
オフィシャルサイトをチェック

▽あわせて読みたい!“未来を見据える感動体験STAR ISLANDの本質…世界を魅了するその理由とは?”の記事はコチラ!

アーティスト

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着