キューブ若手俳優大集合! 一年の締
めはエンターテインメントのフルコー
ス C.I.A. 『SUPER LIVE 2019』開催

2019年12月27日、東京・品川インターシティホールで、C.I.A.presents『SUPER LIVE 2019』が開幕した。C.I.A.とは「Cube Infinity Artists」の略で、芸能プロダクション・キューブの多彩な若手俳優が集う、合同サポーターズクラブだ。公演中、12月28日のライブの模様をお届けする。

C.I.A.のファンイベントではお約束となっている、スクリーン映像とリアルのステージとのコラボは今回も健在。阿久津仁愛、井阪郁巳、そして岩橋大が映像に登場すると観客がわっと沸く。スケジュールの都合で公演に参加できなかった3人はライブの合間合間に登場し、「メンバーの中に裏切り者が潜伏している」という情報をもたらして観客を盛り上げていた。
撮影=櫻井隆幸
映像内の阿久津からのフリをうけ、C.I.A.メンバーが登場。聞き覚えのないアップテンポの曲は今回初披露となるメンバーの自己紹介曲「WeAreC.I.A.」。今回のライブに向けて以前、川原一馬、加藤諒、永田崇人、市川理矩の4人にインタビューした際、川原が「メンバー紹介曲を作りたい」と主張していたが、なるほどあの時の話が実現したのか! と思わず膝を打った。一人ひとりの特徴、特技を短い言葉にまとめて見事に歌詞にして、しかもノリがよく、これは今後のライブでも繰り返し使えるだろうと期待が膨らんだ。
自己紹介ソングが終わると、ステージ上には川原、冨森ジャスティン、金井成大が残り、3人のユニット「□シカク」として、『PEEKABOO』そして新曲『Realize』を披露。そして川原がステージで永田を迎えて二人のユニット「アイラッシュ」のオリジナル曲『TRY』を、さらに永田がステージに残りソロ2曲、新曲の『愛を確かめるキスをしようぜ...』そして『最後はなんて言えばいい』をバックダンサーを従え歌い踊るという、華やかな歌のリレーが行われ、会場のボルテージは一気に高まった。
撮影=櫻井隆幸
撮影=櫻井隆幸

ここで金井が再び登場する。昨年のSUPER LIVEでは、他のメンバーとは異なる「成大ワールド」で釘付けにした金井。今年はなんと“フランスで一番有名な日本人”と呼ばれている「レ・ロマネスク」TOBIに、新曲の書き下ろしと振り付けを依頼するというコラボが実現! 新曲『君がちょっと好き』を猛烈な色気を振りまきながら歌唱。視線や指差しなどを観客に送るたび、悲鳴のような歓声(一部笑い)が起きていた。
撮影=櫻井隆幸
続いて、加藤のダンスパフォーマンス曲『眉毛太い』。加藤のキレキレダンスは今年も健在。会場では加藤の振り真似に何とか追いつこうとするファンの姿もあった。
ここで永田と中谷優心のユニット「NAGATANI」がギターを手にステージ下手に登場。オリジナル曲『寝不足』、そして今回初披露の『LOSER』が披露される。2曲とも作曲を中谷、作詞を永田が担当しており、中谷のアコギの演奏に乗せ、二人のハーモニーが会場に響き渡っていた。
変わって坂口涼太郎と菊池銀河が登場。坂口のピアノと菊池のギターで、オリジナル曲『秘密の夜』を歌う。この二人のハーモニーもまた美しく、観客は静かに聞き入っていた。
続いて、白洲迅がアコギを持って一人ステージへ。自身が出演したドラマのエンディング曲を披露すると、白洲の甘い歌声が、ドラマのシーンを思い起こさせたのか、歌い終わると大きな拍手と歓声が湧きおこっていた。
ここからは、また雰囲気が一変し、川原、冨森、金井、永田、中谷、神田聖司、という同じ演劇作品で新旧キャストとして出演したメンバーが登場し、ラップナンバーを歌唱。この曲はその作品で音楽を担当した和田俊輔が彼らのために今回書き下ろししたものだそうだ。そして同作品で彼らと共演した後藤健流が振付を担当したという、ファンにはたまらない楽曲。
撮影=櫻井隆幸
そのまま、神田と林勇輝、安田啓人によるユニット「kawa」の歌唱。ちなみにこのユニット名は三人が並んだ「川」のような体型によるものらしい。その後、安田と市川理矩のユニット「Twi20Twi」(トゥイトゥイ)によるカバー曲の歌唱へ。さらに坂口、菊池銀河、中谷、中田凌多による、ミュージカルナンバー『Seasons of love』も披露された。歌声に定評のある4人が圧巻のハーモニーを描くと、会場から割れんばかりの拍手が起きていた。
撮影=櫻井隆幸
ライブ中盤。今夏に発表されたC.I.A.のオリジナル新曲『ドドドどんまい!』を全員でパフォーマンス。同じ事務所のミュージシャン 元Shiggy Jr.の原田茂幸が作詞作曲を務めたこの曲はアップテンポでノリよく、親しみやすいナンバー。先ほどまでしっとり聴いていた観客も席を立ちあがり、祭りのように盛り上がる。
ライブ後半に突入すると、さらに勢いは加速していく。冨森が「残酷な天使のテーゼ」「ペガサス幻想‐PEGASUS FANTASY-」SPYAIRの「イマジネーション」とアニソン曲を立て続けに歌えば、負けじと加藤がらきすたの「もってけ!セーラーふく」を若手のインフィニティを従えて応戦。その後はカバーソングが続く。白洲が「BUTTER-FLY」をソロで、“麦わらぼうし”をかぶった永田と、“フライパン”を手にした林が「ウィーアー」を熱唱。川原、坂口、中谷、菊池で久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」を大人テイストで聴かせ、同じ事務所wacciの「別の人の彼女になったよ」を白洲と永田が、そしてサイダーガール「パレット」を川原、永田、花塚廉太郎、市川、菊池、林、安田が熱唱。そしてサングラスをかけたメンバーが「One Night Carnival」を間奏でヒトネタ披露するおまけつきで歌い上げ、事務所の大先輩、藤木直人の「恋のROCK'N ROLL DRIVE」そしていきものがかりの「KISS KISS BANG BANG」を全員で披露した。
撮影=櫻井隆幸
最後はC.I.A.の1st.オリジナルソング『お揃いの1日』も披露。メンバーと共にフリ付きで踊る観客あればペンライトを手にノリまくる観客の姿もあり。C.I.A.と観客がこの曲で繋がっていた、しかも笑顔いっぱいで。
撮影=櫻井隆幸
個々では舞台やドラマなどで活躍している「いち役者」だが、実は歌も楽器もダンスもと高いポテンシャルを持っているメンバーたち。それが一同に会する貴重なイベントだった。以前のインタビューで今回は後輩メンバーの“インフィニティ”も前に出したいと加藤が語っていた通り、兄貴たちがインフィニティを引っ張り、やがて前に出す姿が何度も目に移った。その時加藤がそっとステージ脇の方に陣どり、皆を見守っているかのように笑顔を向けていた姿が心に残った。
演出担当の川原を中心に、初めてこの場所に来た人も皆が楽しんでもらえるステージにするにはどうしたらいいか、と日夜検討する姿が目に浮かび、そしてそれを形にするメンバーたちの熱意を感じられる2019年の総決算とも言えるステージだった。
アンコールでは「シャッターチャンス’ 93」の曲の間だけ、観客がメンバーを自由に撮影できるタイムもあり、メンバーが客席通路を通って、観客のすぐ傍まで来てくれる大サービスも。そして最後の最後は全員でwacciの「ワンセット」を歌ってお開きとなった。
撮影=櫻井隆幸
C.I.A.では、2020年1月13日に、今回と同じく品川インターシティーホールにて、新春イベントを行う。トークやSUPER LIVEの振り返り企画などもあるとのこと。気になる方はぜひオフィシャルサイトで確認してほしい。
取材・文=こむらさき 撮影=櫻井隆幸

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着