SOIL&“PIMP”SESIONSはいかにしてデ
ィープな音楽好きを奮い立たせる刺激
的な作品を作り上げたのか?

それは、時空と次元を飛び越えて旅をする、未来から来た詩人の物語――。SOIL&“PIMP”SESIONSの最新作『MAN STEALS THE STARS』は、空想SF物語の架空のサウンドトラックをテーマに、メンバー5人が想像力の羽を思い切り伸ばして作り上げた壮大な音楽絵巻。サウンドには90年代アシッドジャズから現代UKジャズに至る様々な意匠が散りばめられ、ポエトリーを含む世界観には謎の陰謀論さえも盛り込んだ、極めてアーティスティックな世界基準のジャズインスト作品に着地している。彼らはいかにしてディープな音楽好きの心を奮い立たせる、この刺激的な作品を作り上げたのか? タブゾンビ(Tp)と社長(Agitator)の本音丸出しトークを聞こう。
このアルバムは、あんまりお茶の間に届けようとは思ってないんです。ちゃんと刺さる人に刺さってほしい。
――今日はアルバムの話をじっくり伺うのがメインで、最後にちょっと、タブさん主催の『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL』の話も聞きたいなと思ってます。
タブゾンビ:ですよね。イープラスと言えば。
――そうなんです。SPICEの母体であるイープラス全力プッシュのフェスの、今後についてもちょっと聞ければと。
タブゾンビ:わかりました。新作の話とサツマニアンの話と、2:8で行きましょう。
――いいんですかそれで(笑)。では早速アルバムの話を。1年半前の『DAPPER』とはまた全然趣の違う作品で。あちらは豪華絢爛ゲストが山盛りでしたけど、今回はシンプルにストイックに、かっこいいビートと演奏が山盛りで。すごく落ち着くというか、スッと肌に馴染みました。言い方悪いですけど。
社長:全然悪くないですよ。
タブゾンビ:このアルバムは、あんまりお茶の間に届けようとは思ってないんです。お茶の間の音楽も好きなんですけど、お茶の間じゃないマイノリティの、多くの人に聴いてもらいたいという思いがあります。そういうアルバムです。
社長:積極的に間口を狭めていく。
タブゾンビ:あのー、間口を広くというのは、みんなそういう感じじゃないですか。お店でも何でも、お客さんの層を絞っていくということは……お茶の間にある音楽を非難してるわけじゃなくて、そういう音楽もやっていきたいし、でも今回は、ちゃんと刺さる人に刺さってほしい。
社長:感度の高い人に。
タブゾンビ:いや、そっちが感度が低いというわけじゃないんですよ。
社長:そうか。高い低いじゃない。
タブゾンビ:そうそう。だから、向こうも選ぶし、こっちも選ぶぞ、ということです。
――かっこいい。金言です。
タブゾンビ:何でも、間口を広くやればいいってもんじゃないでしょ。
社長:そうだね。狭いところを狙っていくのも、大変クリエイティブなことだと思います。
――無理に広げると、味が落ちてサービスが落ちて、逆につぶれちゃったりしますからね。
社長:そう、ラーメン屋で言うところの。
タブゾンビ:ラーメン屋でチャーハンも餃子も出して、味噌も塩も豚骨もあるの?というところよりは。
――油そば一筋みたいな。
社長:確かに、そういう店のほうが行きますね。スープはこれだね、と。
タブゾンビ:ということです。
社長:以上です。
――終わった(笑)。でも大事なこと言ってると思います。
タブゾンビ:今回は、出汁をしっかりとった中華そばですよ。無化調です。初期の頃は二郎でしたけど。
社長:ギトギトで(笑)。その頃と比べたら、だいぶスープが透き通ってます。
タブゾンビ:二郎も好きですよ、もちろん。何が悪いとかじゃなくて、そういうことです。
――この例えわかりやすいなあ。社長の見解はどうですか。そもそもどんなアルバムを作ろうとして、どうなったのか。
社長:作り始める時はけっこうフラットに、みんながいろんなアイディアを考え始める中で、タブくんと丈青がデモをたくさん作ってくれて。タブくんが持ってきた曲を聴いた丈青が、「『ブレードランナー』ぽくない?」と言った一言から、なんとなく軸が定まっていった。宇宙とか、時空とか、そういう世界観ですね。そこからタイトルトラックの「Man Steals The Stars」で、F.I.B JOURNALの山崎円城さんをフィーチャーすることになり、その方が書いてくれた詞の中にこの一節があって、「これがタイトルだよ」と。さらにその中に「Last of the Poets」という言葉が出て来る、詩人の物語を書いてくださったということで、この詩人を主人公にして、時空を超えてタイムスリップしてきて、次元も自在に行き来できるという、詩人の旅の物語の、架空のサウンドトラックにしたらいいんじゃない? ということで、全体がまとまって、この作品に帰結しているということですね。
タブゾンビ:円城さんの詞の最後の一節は、“これが最後の詩人”で終わってるんですけど、13曲目の「Utopia Traces」では“最初の詩人がまた生まれる”という。面白いです。
――面白いです。7曲目「Lost Memories」にも詩人が出て来るし。
社長:「Who is the Poets?」ですね。詩人が時間軸を超えて行き来してるんですよ。
タブゾンビ:丈青さんのひとことで、バーッとストーリーが出てきた。時間軸もありますし、パラレルワールドでもあって、そこにはいい側面と悪い側面もある。今の世の中を表現しました。
社長:おっ。
タブゾンビ:今、けっこう、瀬戸際な感じじゃないですか? ミュージシャンの作品を見ていると、今出ている人って、宇宙を題材にしてる人がけっこう多いんですよ。そういう人がけっこういて、意識が瀬戸際なんだろうな、と。世の中が、どっちに行くかということも含めて。
――4曲目の「Reptilian’ s Dance」とかも、時空を飛び越える感じですかね。爬虫類の時代、みたいな。
タブゾンビ:これは、蛇のダンスみたいな感じです。この曲は、実は陰謀論者の……陰謀論を出すとね、頭悪い人だと思われちゃうけど。陰謀論とか、スピリチュアルが好きな人って、IQ低いんだって。俺、すごい陰謀論者なので、あー、IQ低いのかって。レプティリアンというのは、これはあんまり書かなくていいですけど、BBCの元キャスターのデービッド・アイクという人が、「レプティリアン(爬虫類人)が世界を支配している」とずっと言っていて、それはなぜかというと……(以下5分間熱弁)。
――なるほど。惹かれますねえ。
タブゾンビ:でもこういうこと言うと、IQ低いと思われるんで、書かないでください(笑)。
社長:ちゃんと話せば、そんなアホな感じもしないけど。
――そういうテーマがアルバムの中に散りばめられてる。もしかして8曲目「Lyra’ s Attack」もそうですか。読み方はライラ?
タブゾンビ:「リラズ・アタック」ですね。
――琴座、ですよね。
タブゾンビ:そうです。琴座には元々、武闘派の種族がいて。火星がかつて地球に近い環境の星だった時に、火星に住んでいる人類がリラ人に攻められて……(以下5分間熱弁)。
――この凶暴なギターのフレーズが、リラ人の攻撃を表してるのか。なるほど。
タブゾンビ:うちはギターがいないからどうする?ってなって、「社長弾いて」と。9時間ぐらい練習して、そのままレコーディングしました。
社長:弾けないところがあったんで、そこは長岡(亮介)くんに「弾き方教えてくれ」と言って、お手本を見せてもらって。「それ録っていい?」って(笑)。
タブゾンビ:気心知れた友達なんで。
――社長のギターRECって初ですか。
社長:初ですよ。
タブゾンビ:そもそもギターを弾いたのを見たことない。
社長:高一(高校一年)以来です。
――必聴です。あと、4曲目の栗原健(サックス/SOILのライブ・サポート)さんの曲(「Galaxy Lady」)がすごくいい味出してます。
タブゾンビ:そうですね。『スターウォーズ』に出てくる、銀河の酒場があるじゃないですか。栗原さんは、あれを想像しましたと言ってくれました。
社長:アルバムの中でも、肝の曲ですね。最後の最後、何か1曲足りないなという時に、これを提案していただいたんで。ふざけてますよね。

――いやいや。ファニーなテクノポップみたいな、味付けとしてすごく面白いなと。社長の自作も2曲ありますね。「Lost Memories」と「Space Drifter」。
社長:前作でいっぱいやらせてもらったので、今回はサポートに回ろうと思って、あんまり曲を書いてないんですけど。そのうちの2曲を採用していただきました。どうなんでしょう。イケてる?
タブゾンビ:イケてるんじゃないですか。僕らが、U.F.O.とか、ああいうものを聴いて育ってきた青春時代の音楽プラス、という感じだよね。オマージュと、新しさと。
社長:90年代のアシッドジャズとか、ドラムンベースの、派生のブレイクビーツとか、そのへんの音作りのオマージュの意味が実はあって。要はジャズのビートと、ヒップホップというか、ロービートが一緒に鳴ってる。そこから作った曲です。
タブゾンビ:「Monad」も、90年代のエリック・トラファズとかから影響を受けて、ビートを新しくすることによって今の感じが出るんじゃないか?ということで、石若駿くんという、今最も勢いのあるドラマーに参加してもらいました。ボトムはそういう、U.F.Oとか、MONDO GROSSOとか、アシッドジャズで、それを現代解釈で出すとどうなるか。
社長:「Space Drifter」はもう少し後の、2000年代に入ってからのブロークンビーツになるのかな。そのへんを聴いて育った若い子が、UKジャズの面白いことをやっていて、ヘンリー・ウーとか、世界中で引っ張りだこになってる。その世界観から影響を受けてる曲ですね。
タブゾンビ:「Reptilian’ s Dance」「Chill 16」「Go Ahead」には、FUYUくんが入ってるんですけど。丈青さんがよく一緒にやってるドラマーで、最高のドラマーなんで、昔ながらの一発録りです。「Reptilian’ s Dance」はミックスすらしてない。録った音をそのまんま。このへんはビートが斬新で、グルーヴもすごく良かったので、一発録りで行きました。
社長:丈青が音楽監督になって、“この音が世界に届くためには”ということで、世界基準のビート、リズム、グルーヴに持って行くために、緻密にディレクションしてくれた。
タブゾンビ:「Bach」も一発録り。リハもせずに、一回だけ録ったやつをそのままパッケージ。
社長:作り込んだものと、直感というか、我々が元々持っているソースも、ちゃんと落とし込めたという感じがします。
――聴けば聴くほど、じわじわ来ますね。すごくいいアルバム。
タブゾンビ:音楽としてはジャンルレスだけど、いわゆる音楽好きに聴いてほしいです。音楽好きって、今はもう少ないですからね。お茶の間のことを合わせると、広いかもしれないけど、本当にディグってる人はすごく少ない。
――この音、ライブではどんなふうに表現しましょうか。
タブゾンビ:音楽の在り方を、最近よく考えるんですよ。エネルギーをぶつけるライブも、すごくいいと思うんですけど。
社長:お客さんを、非日常空間で、音を楽しんで、何らかの形で気分を高揚させたい。その基本姿勢は変わらないけど、いわゆる、ウワー! ドーン! ドカーン! というものよりも、もうちょっと時間をかけて、高揚感が長く続くようなものにしたいんですよ。ライブが終わったあとに。家の風呂でもあったまるけど、源泉かけ流しの温泉であったまると、温浴効果がずーっと続くじゃないですか。
――ですね。
社長:じわじわと、確実に気持ちを上げて、非日常に誘って、トランシーなところまで行ってもらえたら、宇宙と繋がれたりすると思うんで。いい音楽を聴いた時の、パカーン!と頭が解放される感じ。あれって、短時間のドーン! ドカーン! だと、温浴効果が続かないんですよ。だから僕はできるだけ、源泉かけ流しの温泉を選んで行くようにしてます。温泉の話じゃないか(笑)。
タブゾンビ:盛り上げようと思えば、簡単にできるんですよ。ノウハウも相当あるし、アジテーターもいるし、やり方はわかってますけど、それってイージーなんですよ。その手段を取らずに、なるべくやっていきたいなと思います。

――ツアーは1月17日スタート。楽しみにしてます。
社長:頑張ります。
タブゾンビ:さあ、サツマニアンの話をしましょうか。
――お願いします(笑)。タブさんの地元・鹿児島の桜島が会場で、2年続けて大成功で。2020年は3回目を開催するんですよね?
タブゾンビ:もちろんやりたいと思っているんですけど、まだ正式決定してないので、“やるとしたら”の話で構想はすでにあります。
――出演者に、ほかのフェスにはない特色がありますよね。あれはタブさんが?
タブゾンビ:私が好きな、出てほしいアーティストとか、知り合いとか、鹿児島のリスナーに見てほしい人ばかりです。
――1年目は牧歌的と言うか、ファミリーで楽しめる印象があったのが、2年目のほうが攻撃的なアーティストが増えたせいか、観客の世代も若くなっていて、ファミリーも、フェスキッズも楽しめるようになったんじゃないかと。3年目の開催も期待しています。
タブゾンビ:3年目もできたらすごいことになります。まずSOILが出ない。嘘です(笑)。
社長:そういう年があってもいいと思うけどね。
タブゾンビ:いや、出てくださいよ(笑)。
――楽しみにしてます。
タブゾンビ:頑張ります。社長のフェスについては、聞かなくていいんですか。
社長:それはいいよ。もう、全然比べ物にならないぐらいちっちゃいんで。僕のはいいです。
――いやいや。せっかくなので紹介したいです。
社長:僕、福井出身なんですけど、福井駅から徒歩5分の中央公園を会場にして、2日間で1万人来ていただいて。今年が第1回目でした。1日目のヘッドライナーがCorneriusで、2日目が我々で、DJの子もいっぱい呼んで、ダンスミュージックを軸にやってるフェスです。『ONE PARK FESTIVAL』という名前なので、良かったら検索していただけると。
タブゾンビ:まあまあ。記事にしなくていいですよ(笑)。
社長:一行だけ。「社長もやっているようだ」と、伝聞で書いていただければ(笑)。
タブゾンビ:我々は、日本初の、バンドで二つフェスをやってるバンドなので。どっちも続けていけたらいいなと思ってます。
取材・文=宮本英夫

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着