チェゴチャンネルのクセになるギャッ
プ。3人はいったい何者!?

かわいらしさとカッコよさのギャップが
魅力。ダンス系YouTuber・チェゴチャン
ネルを知り尽くす!

「チェゴチャンネル」というダンス系YouTuberを知っているでしょうか?かわいらしさとカッコよさのギャップで、まさにいま注目度急上昇中の彼女たち。この記事では、チェゴチャンネルのプロフィールとメンバー、人気の動画について紹介します。

チェゴチャンネルのプロフィール

チェゴは、YouTuberとして活動する女性ダンスボーカルユニットで、haruka、kotone、mahoの3人から構成されています。彼女たちが動画を配信するYouTubeチャンネル名から「チェゴチャンネル」と呼ばれることも。この記事では、「チェゴチャンネル」を彼女たち3人のユニット名として扱います。
チェゴチャンネルは、2017年5月からYouTube上で動画の投稿をはじめました。メインコンテンツは3人のダンスの技術を生かしたカバーダンスの動画。BLACKPINKやTWICEBTSなど、主に韓国のミュージシャンの楽曲でダンスを披露しています。これまで最も再生された動画は、BLACKPINKの「Kill This Love」をそれぞれが目隠しで踊ったもの(後ほど紹介)で、その再生回数はなんと436万回(2019年12月17日時点)。この動画では目隠しで踊っているため、たどたどしいダンスとなっていますが、本気で踊っている動画を見れば彼女たちのダンス技術の高さに驚くでしょう。それもそのはず、チェゴチャンネルの3人には10年以上のダンスキャリアがあり、3人ともがダンスコースのある通信制の高校「VAW栄光ハイスクール」に通っていました。同校からは卒業後、バックダンサーとして活動する生徒も少なくないのだそう。彼女たちが高いダンス技術を持っていることにも納得がいきます。
チェゴチャンネル結成のきっかけは、動画配信サービス・MixChannelで開催されたTWICEのダンスカバーコンテストでした。その存在をいち早く知ったkotoneが、仲の良かった高校の同級生・harukaとmaho、meeeeho(旧メンバー)を誘ったのがはじまりです。結成からしばらくはこの4人での活動が続きましたが、2019年8月、病気の治療に専念するため、meeeehoが脱退。以降、3人で活動するようになりました。2019年11月には、オリジナル楽曲を収録したミニアルバム「Don’t miss it」をリリース。各地で積極的にライブ活動を展開するなど、YouTube以外の場所にも活躍の場を広げています。

チェゴチャンネルの3人は応援してくれるファンのことを、親しみを込めて「チョア」(「好き」を表す韓国語)と呼んでいます。

チェゴチャンネルのクセになるギャップ。3人はいったい何者!?はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

アーティスト

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

新着