『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の
“映画の指輪のつくり方”』
- 第三十二回 -
「キッチン・ストーリー」の指輪

2017年から本格的に活動を開始したシンガーソングライター〈みねこ美根〉が大好きな映画の世界から作り出す紙粘土細工と指輪の制作過程をお見せします。ミニチュア好きな方、アクセサリーづくりに興味のある方は是非見ていってください。指輪はライブ会場にて展示しております。

動画監督・撮影・編集・演奏・文:みねこ美根

「心を通わせたい「キッチン・ストーリー(SALMER FRA KJOKKENET)2003年」」

12月。すべてが早く過ぎていく。ここ数日は大掃除をしている。本棚をひっくり返し、高校のときの教科書や、成績表(後世に残したいほど良い成績)、文化祭の演劇の台本や、中学生の時の修学旅行のノート、卒業アルバムを見返し、模様替えにも手を出し、そんな中曲をつくりたくなって魔窟と化した部屋で譜面を書き、一日が終わる…というのを何度も繰り返している。過去、5年分ほどのスケジュール帳を保存しており、ちょうど何年前の今、何をしていたかを見ていると日が暮れる。そして、横向きにしている棚を縦に立てたいのだが、そうすると絶対に床が抜けるので、どう重さを分散させるか考え中。助けてくれ~。そういえば去年も助けを求めていたな(卒論がぎりぎりだった)。頭の中で絡まった糸がなかなかほぐれないときは、人に会いたくなる。
ということで今回は「キッチン・ストーリー」という北欧映画。滑稽で奥ゆかしい出会いと友情を描いている。クリスマス前、1950年代のノルウェーが舞台。スウェーデンのある研究所が、独身男性の台所での行動パターンの調査のためノルウェーの独身男性宅に一人ずつ調査員を送る、というところから話が始まる。調査協力する被験者と調査員は決して会話をしてはならず、調査員は台所にのみ入って良し、2か月ほど続く調査の間、生活はトレーラー、調査の際はキッチンを見下ろす足の長い椅子に座る、というのがルール。調査員フォルケは、老イザックの担当となる。
調査協力に応募したことを後悔しフォルケをあからさまに疎ましく思うイザックと、そんなイザックの調査に躍起になるフォルケの静かな攻防戦、なんとなく影響し合う二人が可笑しい。チョコレートを食べるイザックを見てこっそりチョコレートをまとめ買いしトレーラーで食べまくるフォルケ、観察するフォルケを上階の床にあけた穴から観察し返しキッチンで料理をしないイザック。だが探し物のありかを教えたり、お礼を言ったり…と日々を過ごすうちにコミュニケーションをとるようになり芽生えていく友情。とにかく静かな映画なのだが、おじさんとおじいさんのやりとりとテンポがよくて可愛くて、今も書きながら思い出し笑いをする。そして家具やキッチン用品がとにかく可愛い!トキメキ!
ちなみにこの“台所行動パターン調査”は実際にあったらしい。ベント・ハーメル監督が偶然見つけた資料がその調査結果だったとのこと、それをもとに書いた作品らしい。また、監督のインタビューによると、ノルウェー人とスウェーデン人が本作を見ると、ご当地ネタというかそれぞれの国民性がキャラクターによく出ているらしく、ウケるとのこと。それを聞いて「翔んで埼玉」を思い出した。あれ面白かったな。この作品とは全然違うんだけど、くだらない小競り合いみたいなこういう映画がカンヌとかに行けばいいのに、って本気で思ったりした。どこも似てるのかね。
さて、本作の物語は、友情が芽生えつつも、調査的にはルールを破ってしまったフォルケ、さてどうなってしまうのか…といった方向に進んでいく。最後はぐっとこみ上げる涙。
ただ、注意して欲しいのはDVDパッケージ。真ん中で写っている男性二人。関係ない人です。めっちゃ脇役。…びっくりするわ!どういうこと?デザインした人に聞きたい。
今回このキッチンを指輪に乗せたくてモチーフがはちゃめちゃに小さくなってしまってます。手元ばっかり見て、よーし!やっとやっとできた!と顔を見上げると、そこは魔窟。私の部屋。アアア!
***************
モチーフ:イザックのキッチン(フォルケの椅子、棚、コンロ、やかん、食器たち、etc…)、誕生日ケーキ、コーヒーカップ、チョコレート、パイプ、チーズ付ネズミ捕り、ダーラナホース
音楽:- Delta Rhythm Boys「Flickorna i småland」 オルゴールver. Cover
***************

◆対バン形式出演
2019年12月27日(金)四谷LOTUS(弾き語り)
2020年1月14日(火)浅草Goldsounds(Percussionと)
2020年1月31日(金)原宿ストロボカフェ(Percussionと)
●bayfm LIVE PLANET #7出演
2020年1月29日(水)代々木labo
2020年2月12日(水)新宿SAMURAI
2020年2月26日(水) 柏ThumbUp

◆ワンマンLIVE ~band style~
2020年1月23日 (木) 
A Special Day of Mine「COLLECTIVE IMPACT ~根然一体~」
吉祥寺Rock Joint GB   https://www.rjgb.tokyo/
開場/開演開場 18:30 / 開演 19:30
Support member:小名川高弘(Gt)、カナミネケイタロウ(Bass)、大塚雄士(drum)
チケット発売中 http://eplus.jp
みねこ美根 プロフィール

ミネコミネ:6歳の時にピアノで初めて作曲、11歳からはギターでの作曲も開始し、現在はピアノとギターを用いてライヴ活動中。2019年1月リリースの配信EP『心火を従えて愈々』で楽曲のクオリティの高さ、世界観が注目を集め始める。同年8月に下北沢GARDENで初のワンマンライヴを開催し、座席チケット、立見チケットともに完売となった。みねこ美根 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着