坂本美雨 with 関口シンゴ、コラボ曲
リリース 森本千絵手がける二子玉川
ライズのクリスマスへ書き下ろし

坂本美雨 with 関口シンゴによるクリスマス・ソング「Luminous for ELECTRIC MOON Xmas」が本日12月13日(金)にリリースされた。
本楽曲は、アート・ディレクターの森本千絵がプロデュースする東京・二子玉川ライズのクリスマス企画『Winter Rise 2019 ELECTRIC MOON Xmas』のテーマ・ソングとして書き下ろされたもの。作詞・ボーカルを坂本美雨、作曲・プロデュースをOvallとしての活動でも注目を集める関口シンゴがそれぞれ手がけている。

なお、カバー・アートワークは森本千絵が二子玉川ライズのクリスマス・ツリーをプロデュースする際に制作した原画をアレンジ・デザインしたもの。この原画から始まり、実際に完成した巨大なクリスマス・ツリーが12月25日(水)まで二子玉川ライズに展示されている。テーマ・ソング「Luminous for Electric Moon Xmas」とツリーのイルミネーションによる特別な演出は、15分に1度視聴することができる。なお、12月21日(土)と22日(日)には、『ELECTRIC MOON Xmas PARTY!!!』と題したクリスマス・フェスティバルが開催される。

【坂本美雨 コメント】

Luminous

今回、出会って15年ほどになる森本千絵ちゃんのイマジネーションとまた交われたこと、また関口シンゴさんとの共作は、大きな喜びでした。

星のかわりに青い地球がてっぺんに輝いているクリスマスツリー。ツリーを見上げるわたしたちは宇宙から地球を見ている。宇宙から地球人たちを見つめたとき、本当にがんばっているなぁ…と思いました。文明を築き、もっと便利に!もっと豊かに!と一生懸命走り続けてきて、それがいきすぎて争いや破壊も起きている。“ものすごくがんばってきたね、もうそろそろ一息ついていいよ”と抱きしめてあげたいと思いました。

また、“クリスマスはみんなに来る”という友人のなにげない一言にハッとし、どんな人の上にも日が昇り夜は訪れる、そんな愛おしい星なんだよ、という、宇宙人目線(笑)の愛の歌となりました。
坂本美雨

【関口シンゴ コメント】

坂本美雨さんの澄んだ歌声と森本千絵さんの素晴らしいイラストイメージをもとに、煌びやかでスペーシー、でもどことなくノスタルジックな楽曲になればなぁという思いで制作しました。

宇宙へと旅立つキラキラした音をたくさん散りばめ、美雨さんの声がそんな景色を優しく包みこみます。ラストは華やかなクリスマスらしい大合奏。個人的にもこんな壮大な組曲を作ったのは初めてのことで、とても貴重な経験をさせてもらいました。ぜひ楽しんで聴いてもらいたいです!
関口シンゴ


【森本千絵 コメント】

宇宙に解き放つクリスマスソングがあるとしたならば、歌い上げるというものではなくホルンのように響く光のような音が良いと思い、坂本美雨さんの歌声が真っ先に浮かびました。

関口シンゴさんによる魔法で、大きな宇宙と地球の小さな生き物の間に宿る物語が生まれたと思っています。

神聖なクリスマスに喜びだけではなく、少しだけ切ない何かがほしくて、そんな無茶苦茶なお願いをしましたが、見事なまでにに想像を超える楽曲があがり、ツリーの光とセッションしてる姿を見て大変感動しました。

今だけではなくどんな時も聴きたくなる願いのような歌です。
森本千絵


【リリース情報】

坂本美雨 with 関口シンゴ 『Luminous for Electric Moon Xmas』

Release Date:2019.12.13 (Fri.)
Label:oto° goen°
Tracklist:
1. Luminous for Electric Moon Xmas

■ 坂本美雨 オフィシャル・サイト(https://www.miuskmt.com/)

■ 関口シンゴ オフィシャル・サイト(http://shingosekiguchi.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着