OBLIVION DUST photo by 緒車寿一、田中和子

OBLIVION DUST photo by  緒車寿一、田中和子
OBLIVION DUST完全復活! このときが来ることを、このニュースが届く日をどれだけ待ち侘びただろうか。今年1月より左手首骨折のため活動を休止し、療養に入っていたK.A.Z(G.)が2020年1月25日、東京・TSUTAYA O-EASTにて開催されるワンマンライヴ『OBLIVION DUST LIVE 2020 - Synched Up -』で復帰。約1年ぶりにメンバー3人が揃った完全体としてOBLIVION DUSTの活動が本格的に再開されることが発表された。

K.A.Zの骨折時、OBLIVION DUSTは全国ツアー『Us Against Them Tour 2018-19』の真っただ中にあった。年をまたぎ、残すところ5公演というタイミングに起こった突然のアクシデントではあったものの、バンドはツアー続行を決断。K.A.Zの不在を乗り越えて最終公演まで見事走りきり、東京・TSUTAYA O-EASTでのツアーファイナルの際は夏のツアー『Gods Of The Wasteland Tour 2019』も告知された。当初、このツアーまでにはK.A.Zも回復するだろうと見込まれていたのだが、完治に至るまでの道のりは予想以上に険しく、結局、K.A.Zはまたしてもツアー不参加を余儀なくされてしまう。さすがに今回は中止にするべきではないかとの意見も上がり、一時は開催自体が危ぶまれる事態ともなったが、「K.A.Zが回復するまでOBLIVION DUSTとしての活動を止めることなく、むしろ動き続けることでK.A.Zを待ちたい」とKEN LLOYD(Vo.)、RIKIJI(B.)が切望。2人の強固な意志のもと、『Us Against Them Tour 2018-19』の東京ファイナル公演でもサポートギターとして迎えたRYO(from NYF)を再び招聘してツアーを敢行、15都市15公演を大成功に収めたことは記憶にも新しい。

その後、『OBLIVION DUST OFFICIAL FANCLUB「Club OVERDOSE」 MEMBER'S ONLY LIVE & TALK』と題して9月23日に行なわれたファンクラブ会員限定イベントのトークコーナーにおいて約8ヵ月振りにファンの前に姿を現したK.A.Z。手術直後とあって左手首にはまだ包帯が巻かれていたものの、経過は良好とのこと。「これからリハビリを頑張って、早くステージに立てるようにしたい」と力強く意気込むK.A.Zの言葉と、久々に集結した3人の様子はバンドの完全復活がそう遠くないことを観る者に予見させたが、まさにそのわずか2ヵ月後に待望の発表がなされたこととなる。

2020年一発目となる『OBLIVION DUST LIVE 2020 - Synched Up -』 開催にあたりメンバーは次のようにコメントを寄せている。

「3人が揃ってステージに立つのは、ほぼ一年ぶり。暴れさせていただきます」(KEN)
「お待たせしました!OBLIVION DUST、完全復活です!
借りを返すためにあの男が魅せると思います。お楽しみに!」(RIKIJI)
「皆んなに心配をかけてしまいましたが、またステージに立ってギターを通してお返しが出来たらと思ってる。見守ってくれて、応援してくれてありがとう」(K.A.Z)

満を持して放たれるOBLIVION DUSTの本領、復活のその瞬間を見逃すわけにはいくまい。

photo by 緒車寿一、田中和子
text by 本間夕子 

『OBLIVION DUST LIVE 2020 -
Synched Up -』

1月25日(土) 東京・TSUTAYA O-EAST
開場17:15 開演18:00
<チケット>
スタンディング ¥5,500(税抜/整理No有/ドリンク代別)

◎チケット発売スケジュール
・プレイガイド最速先行【抽選】
12月12日(木)〜12月18日(水)
受付URL:https://l-tike.com/obliviondust/
・一般発売
12月28日(土) AM10:00〜
OBLIVION DUST photo by  緒車寿一、田中和子
OBLIVION DUST photo by  緒車寿一、田中和子
OBLIVION DUST photo by  緒車寿一、田中和子
OBLIVION DUST photo by  緒車寿一、田中和子

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着