失恋した時こそ聴きたい…King Gnu「傘」が守るものは?

失恋した時こそ聴きたい…King Gnu「傘」が守るものは?

失恋した時こそ聴きたい…King Gnu「
傘」が守るものは?

始まりは、恋の終わり
『傘』というタイトルにぴったりな、別れの場面から楽曲は始まります。愛する人との別れは、何度経験しても辛いものです。
「さよなら」というたった4文字の言葉で、あっけなく終わってしまう2人の時間。強がって平気なふりをしても、心は痛みます。
立ち去る「あなた」の心には、目には見えない土砂降りの雨が降っているのでしょう。傘を差し出したいけれど、自分にはその傘が見つけることができません。
どんなに嘆いても、もがいても、こじれてしまった関係を修復する術はありません。運命に抗う力を奪うのは、どんな言葉も届かなくなった大切な人の姿でしょう。
届かないなら、言葉は無力です。
「運命」の儚さ
傘 歌詞 「King Gnu」
https://utaten.com/lyric/hs19101603
深い眠りの中にいる内は、失恋の痛みを忘れることができますよね。だからいつまでも起き上がりたくない…そんな朝もコーヒーで無理矢理現実へと引き戻されます。
「運命」という言葉は、とても甘い響きで人々を惹きつけます。それでも、運命は絶対ではないと知ってしまったから、盲目的に信じて安心することもできないのです。
いつか失われてしまうかもしれない愛だからこそ、手放したくない大切な人とは、言葉を交わし、温もりを感じていたいですよね。
それが人の心であり、恋する、愛するということなのです。
そんな大切で当たり前のことに、愛を失ってから気付く虚しさが、歌詞で表現されています。
夢と現実の狭間でさまよう心
傘 歌詞 「King Gnu」
https://utaten.com/lyric/hs19101603
自分も、恋人も、現代を生きる人は皆、毎日を必死で生きています。
息を吐く暇もないほどめまぐるしく過ぎて行く日常の中で、忘れがちな生きがいや張り合いを、2人は恋愛に見いだしていたのかもしれません。
傘 歌詞 「King Gnu」
https://utaten.com/lyric/hs19101603
でも、そんな2人の愛にも終わりが訪れます。もう2人で愛を育むことはできないし、「あなた」に声が届くこともありません。ただ、自分の声が虚しく響くだけです。
「巷に流れるラヴ・ソングの様にはいかないね」という歌詞に、恋に焦がれる切ない心情が表れています。
本当は自分たちも巷に流れるラヴ・ソングの様に幸せになれると思っていたのでしょう。そうならなかった現実が、失恋した心に突き刺さります。
虚無感漂うラストシーン
傘 歌詞 「King Gnu」
https://utaten.com/lyric/hs19101603
最期にぽつりと言い放った言葉が、終わった恋の現実を教えてくれます。藍那ね、簡単に語れるものではありません。
長い人生の終わりに振り返ってみて始めて、ようやく見えてくるものなのでしょう。
それくらい、愛とは大きく、難しく、曖昧で捉えようのないものなのです。
そんな愛を前にして迷い、立ち止まり、最期には愛を失った「僕」がこれからどこへ行くのか?
失恋特有の虚無感を漂わせ、余韻を持たせたまま終わっていく曲の作りが見事です。
失恋した時にこそ聴きたい楽曲の一つだといえるでしょう。
TEXT 岡野ケイ

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着