ミオヤマザキ 2019年集大成のZeppツ
アー、土屋アンナをゲストに迎えた最
終公演オフィシャルレポート

12月1日にZepp Fukuokaで開催された『ミオヤマザキZeppツアーやるってよ』ファイナル公演のオフィシャルレポートが到着した。

ミオヤマザキが12月1日Zepp Fukuokaにてライブツアー『ミオヤマザキZeppツアーやるってよ』の最終公演を行った。
今回のツアーは全国4ヶ所で開催され、Zepp Divercityでは清春、Zepp Osaka Baysideでは阿部真央、Zepp Nagoyaでは悲劇のヒロイン症候群、そしてファイナルとなるZepp Fukuokaでは土屋アンナをゲストアクトとして迎え、各アーティストと豪華コラボレーションを披露した。また、12月25日に発売するアルバムから初披露となる新曲も多くセットリストに盛り込むなど、観客を熱狂させる公演となった。
ミオヤマザキ
開演が近付くにつれて会場の熱気は高まり、SEが流れ始めると歓声とともに熱量はさらに増す。スモークで覆われ光に包まれたステージに4人が登場し、ライブの幕が上がった。
1曲目から新曲となる「Singing」を披露。新曲を心待ちにしていた観客のボルテージも一気に上がり、mioがマイクをスタンドごと観客に向け盛大なシンガロングからライブがスタートした。「un-speakable」「メンヘラ」とライブでは定番のアッパーチューンが続き、フロアは序盤から興奮が止まない様子だった。
MCを挟むと「ノイズ」を演奏。歌いだしからエモーショナルで優美な歌声を響かせ、序盤とは違うミオヤマザキの世界観を提示し観客を魅了した。
ミオヤマザキ、土屋アンナ
ライブ中盤に差し掛かり、「女子高生」を演奏し場内の熱気が高まった状態で、「新曲やります」と新曲「消エナイ」を披露。その後、「スペシャルゲストを呼んでいます」とステージに土屋アンナを呼び込み、ミオヤマザキの楽曲「CinDie」をコラボレーション。激しい楽曲とレーザー飛び交う照明に呼応するように会場が一段とヒートアップした。
演奏が終わると、takaがギターでHappy Birthday to Youを演奏し、公演日の12月1日が誕生日となるHang-Changを祝うと、「俺の時間だー!」とHang-Changが叫び自身の代名詞でもある“童貞”を歌った楽曲「童貞ハンター」を演奏。「童貞!」と観客全員が声を挙げ、荒々しくも愛を持ってメンバーの誕生日を祝った。
ミオヤマザキ
ライブの終盤「正義の歌」では、mioの「ぶっ飛ぼうぜ。跳べ!」の言葉で観客全員が一斉にジャンプし、ライブのボルテージが最高潮を迎える。
MCでは、野音2DAY公演、47都道府県無料ツアー、Zeppツアーと激動だった2019年について触れ、そして2020年1月11日に控える自身最大規模となる横浜アリーナでのワンマンライブに向けて語った。そして最後に「願事」を演奏し、活況となったZeppツアー最終公演の幕を降ろした。
デビュー5周年を迎えるミオヤマザキ。そのキャリアの中でも最大の挑戦となる横浜アリーナ公演に向けて、ファンも一丸になって挑む決意が感じられるツアーとなった。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着