GENERATIONS 片寄涼太「Possible」が
ドラマ・映画『PRINCE OF LEGEND』の
主題歌に決定

GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が、『PRINCE OF LEGEND』の新章となるドラマ『貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-』と2020年3月13日公開となる映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(来年3月13日公開)の主題歌を担当することが決定した。
片寄涼太名義でのリリースとなる本作のための書き下ろされた楽曲「Possible」は、プロデューサー/DJであるm-flo☆Taku Takahashiが、芸術的な音楽性で目覚ましい躍進を遂げている気鋭のシンガーソングライターの向井太一と共作し書き下ろした楽曲となっている。アーバンな雰囲気を纏ったトラックに乗せ、片寄涼太が甘く柔らかい歌声で恋愛に於ける葛藤を描いた歌詞を歌い上げる。
今回、主題歌を担当する片寄は前作『PRINCE OF LEGEND』シリーズより総資産数兆円といわれている朱雀グループの御曹司である「セレブ王子」朱雀奏を演じており、座長としてドラマ、映画、ライブ、ゲームとプロジェクトを引っ張ってきた存在。映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』では、「伝説の王子」として「貴族」と対峙する重要な役どころとなり、さらに主題歌でも映画により一層の華をそえる。
片寄涼太コメント
今回PRINCE OF LEGENDシリーズの新章となるドラマ"貴族誕生"の主題歌を歌わせて頂きました。前回のシリーズではメインのキャラクターとなる朱雀奏を演じさせて頂きましたが、今回は歌での存在感を感じて頂けたらと思っています。
前シリーズから主題歌や各チームのテーマソングを手がけてくださっているm-floの☆Taku Takahashiさんにサウンドプロデュースをして頂いた「Possible」という楽曲は、いま流行りのシティポップの要素が盛り込まれたとてもお洒落な一曲になっています。歌詞とトップラインは☆Takuさんが声をかけて下さったシンガーソングライターの向井太一さんに制作して頂きました。自分も向井さんの楽曲やアルバムを趣味的にとても自然に聴かせて頂いていたので、このようなカタチでご一緒させて頂ける事に驚くと同時に、とても嬉しかったです。
作品に少しでも華を添えられる楽曲になっていたらなと思います。作品と合わせて楽曲も是非気に入ってやってください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着