GLIM SPANKY

GLIM SPANKY

GLIM SPANKY、
ニューシングル発売日の
11月20日にフルバンドライブ配信

11月20日にニューシングルシングル「ストーリーの先に」をリリースするGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)。現在放送中のドラマL『Re:フォロワー』の主題歌としても注目を集めている同曲のMusic Videoは、King Gnu等の数々の話題のMusic Videoを制作している「PERIMETRON」が手掛け、AI(人工知能)技術「Deep Fake」という顔認識システムを使用して、 “多重人格"を表現した内容が話題になっている。

そんなGLIM SPANKYが、11月20日(水)発売のシングル「ストーリーの先に」の発売記念として、当日21時よりYouTubeにてフルバンドによる、ライブ配信することが決定した。ライブ配信は、GLIM SPANKY YouTubeチャンネルで開催! フルバンドによる豪華編成になっているので、是非GLIM SPANKYのライブの生音を楽しいでほしい。当日は10曲程演奏する予定となっている。

■GLIM SPANKY YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCJ17zOieJYpGYqXIyG1XpEg
■ドラマL『Re:フォロワー』公式サイト
https://www.asahi.co.jp/refollower/

「ストーリーの先に」MV

「ストーリーの先に」MVメイキング

シングル「ストーリーの先に」2019年11月20日(水)発売
    • 【初回限定盤】(CD)
    • TYCT-39113/¥1,980(税込)
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.ストーリーの先に
    • 2. Breaking Down Blues
    • 3.Tiny Bird
    • +ライブ音源(2019.6.8豊洲PIT)
    • Love Is There/TV Show/ハートが冷める前に/The Flowers/In the air/愚か者たち/Hello Sunshine/All Of Us/To The Music/Looking For The Magic/闇に目を凝らせば/話をしよう
    • 【完全数量限定盤】(CD+グッズ) 
    • TYCT-39112/¥3,960(税込)
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.ストーリーの先に
    • 2. Breaking Down Blues
    • 3.Tiny Bird
    • ■グッズ
    • 松尾レミデザインのボディバッグ
    • ※本画像のデザイン(柄)、本体の色はイメージです。実際の商品とは異なります。
    •  
    • 【通常盤】(CD) 
    • TYCT-30099/¥1,430(税込)
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.ストーリーの先に
    • 2. Breaking Down Blues
    • 3.Tiny Bird

【ライブ情報】

『Velvet Theater 2019』
11月28日(木) 東京・キネマ倶楽部 ※THANK YOU SOLD OUT!!
11月29日(金) 東京・キネマ倶楽部 ※THANK YOU SOLD OUT!!

GLIM SPANKY
シングル「ストーリーの先に」【初回限定盤】
シングル「ストーリーの先に」【完全数量限定盤】&【通常盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着