リアルジャパン12・5後楽園2大カード
発表!“燃える闘魂最後の継承者”藤
田和之のレジェンド王座に元王者“ラ
ストサムライ”船木誠勝が挑戦!

平井丈雅社長「本年最後の興行となります12月5日、木曜日、開場が17:30、試合開始が18:30となります。場所は東京・後楽園ホール。第1弾カード発表としまして、2つのカードを発表いたします。メインイベントとしてレジェンド選手権試合60分1本勝負。9月大会におきまして藤田和之選手が第14代レジェンド王者になりました。その試合終了後に船木誠勝選手がリング上で次回挑戦をアピールいたしました。その後、佐山サトル総監のゴーが出まして、王者・藤田和之、挑戦者として船木誠勝選手が挑戦いたします」
《メインイベント レジェンド選手権試合60分1本勝負》 [王者]藤田和之〈第14代レジェンド王者/はぐれIGFインターナショナル〉vs[挑戦者]船木誠勝〈フリー〉
《シングルマッチ30分1本勝負》 スーパー・タイガー〈リアルジャパンプロレス〉vs関根“シュレック”秀樹〈ボンサイブルテリア〉

平井社長が両者のコメントを代読。
平井丈雅社長
船木誠勝「憧れの初代タイガーマスクが作ったリングで日本プロレス界最強の男とタイトルマッチ。これ以上の舞台はありません。令和初にして2019年最後のタイトルマッチ。この試合を自らの34周年記念試合として藤田和之選手に挑みたいと思います。勝つか負けるかの一発勝負。勝負します」
藤田和之「佐山先生に言われたら、誰が相手でも闘うだけです」
平井「以上のコメントをいただいております。第1弾発表カードの2戦目は、シングルマッチ30分1本勝負でリアルジャパン、スーパー・タイガー、相手に先般初参戦となりました関根“シュレック”秀樹選手。この試合は、スーパー・タイガーの強い希望により決定いたしました。前大会で、藤田選手との激闘によりタイトルを奪われましたが、また一から頂点に向かって歩んでいく中で、第1弾の相手として関根選手の強さとぜひぶつかり合いたいとの強い希望がありました。そして、関根選手もそれを快く受けていただきました。前回9月19日のリアルジャパンにおいて、関根“シュレック”秀樹選手、以前よりある方を通して非常に強い推薦をいただいており、私の念願も実って9月大会に参戦していただき、その試合では船木誠勝選手とタッグを組み、相手はタカ・クノウ、ロッキー川村選手。その試合で後楽園ホールのファンのみなさまに、関係者のみなさまからも絶賛を浴びた選手です。リアルジャパンとしてもこの関根選手の強さをリアルジャパンのリングで思う存分今後も発揮していただきたいと思っております。続きまして、リアルジャパン間下隼人から今大会における意気込みを話させていただきます」
間下隼人
間下隼人「リアルジャパンプロレス間下隼人です。先程、平井社長と少しお話しさせていただいて、私のカードが決まってないということだったので、ぜひ平井社長に直訴したいのですが、対戦したい相手がいます。前回組ませていただいたZERO1、日高郁人選手の胸を借りる…もう胸を借りるというキャリアでもないので、首を取りにいきたい気持ちで対戦させていただきたいなと思っています。理由は、たくさんあるのですが、前回組ませていただいたときに、コーナーに控えているときに、強さ、巧さ、速さ、すべてにおいて少しファンのときの自分に戻ってしまったというか、見とれてしまった自分が少し悔しいなという気持ちもありました。あのグッドシェイプ、体型維持、佐山先生がずっと日高郁人選手がいい選手だと言う理由が身に染みてわかったので、是非、まだ決まっていないのであれば平井社長の方にお願いしたいと思っております。前回リスタートという気持ちで新たにやらせていただいたので、リアルジャパンプロレスを盛り上げる。生え抜きというのはもうボクしかいないですから。大先輩のスーパー・タイガーとしっかりと(リアルジャパンの)土台を支えていきたいと思います。なにとぞよろしくお願いいたします」
平井「いま話をさせていただいた間下隼人は、リアルジャパンプロレスが十数年前に選手募集をしたときに、間下隼人とあと2名が応募してきまして、佐山先生の面接の元に入門した選手です。他の選手はさまざまな事情もあり、いまその新人として入った中では間下が生え抜きとしていまリアルジャパンのリングに残っています。2年ほど100%すべてリアルジャパンのリングに専念する状況ではなかったんですけども、9月からまたあらためて自分の人生をリアルジャパンにかけたいという思いを聞きまして、私も非常に思い入れがある選手ですので、彼のプロレス人生をリアルジャパンとしてもこれから頑張って推していきたいと思っています。いま間下から希望が出ました日高郁人選手、リアルジャパンとしても非常に深い間柄であります。佐山総監がUFOのあと掣圏道を起ち上げたときも、北海道のツアーの方でも参戦していただきました。そしてこのあと登場しますスーパー・タイガーのリアルジャパンにおけるデビュー戦の相手も日高選手が務めてくださいました。その日高選手が前回の大会よりリアルジャパンにまた参戦していただいて、間下と組んでくださり、間下もその日高選手の強さ、巧さを横で見て、非常に感じるものがあったのだと思います。のちほど日高選手、ZERO1さんにご連絡して、お願いをしてみようと思っております。よろしくお願いいたします」
左から関根“シュレック”秀樹、平井丈雅社長、スーパー・タイガー
つづいて関根“シュレック”秀樹、スーパー・タイガーが登場。
平井「関根“シュレック”秀樹選手、1年以上前からリアルジャパンに非常に合った選手だと熱望しておりまして、前回9月大会で初参戦していただきました。船木選手とのタッグでの闘い、非常にファンの皆様からも絶賛をいただいており、またこの選手の闘いをリアルジャパンのリングで見たいという声をたくさん聞いております。関根選手、今回の闘いに向けてお言葉をいただきたいと思います」
関根“シュレック”秀樹
関根“シュレック”秀樹「今回スーパー・タイガーから指名を受けて戦うことになった関根“シュレック”秀樹です。スーパー・タイガーの攻撃力、いろんな技、自分は前から見ていて、すごく強力だし、危険だと思います。前回、藤田選手に負けてしまいましたが、彼が再起を図るということで自分を指名したわけです。自分もそこで生け贄になるつもりはまったくなく、自分は自分のブラジリアン柔術、そして自分の思い描くプロレスでスーパー・タイガーを倒したいと思ってます。いい試合とか、そういう余裕は自分にはまったくないので、単純に自分のパワーとテクニックをもってスーパー・タイガーをたたきつぶしたいと思います。押忍」
平井「関根“シュレック”秀樹選手は、非常に素晴らしい経歴をお持ちです。静岡のボンサイブルテリアに所属されまして、全日本ブラジリアン柔術選手権優勝。その他の大会数々で優勝しております。関根選手の熱い言葉、佐山総監、新間会長も非常に評価している選手です。この試合、本当に楽しみでなりません」
スーパー・タイガー
スーパー・タイガー「前回の藤田戦でレジェンドチャンピオンシップのベルトを奪われましたが、あの試合をきっかけにボク自身、令和元年のストロングスタイルの開幕がしっかりとみなさんに表現できたと思っております。その中で、じゃあ次戦は誰とやるのか。これから藤田和之、そして船木誠勝のどちらが勝つかわかりませんが、必ず取り返さなきゃいけないという使命のもと、後ろに下がったような対戦カードだとボク自身、みなさんに心の引け目を見せることになってしまうので、あえて強さをしっかりと発揮している関根選手。インパクトとして前回、お客さんに、そして選手の方からもあれはヤバいと(言われた)。なにより私の盟友である全日本プロレスのEVOLUTION、諏訪魔選手から“シュレックはヤバいぞ、おい!!”ということで私の方に連絡がきました。“ヤバいぞ、おい!”ということは、“タイガーやってみるか?”という部分が私に投げかけられたと思っています。そういった部分で絶対にリアルジャパンとしては、この強さを持った最強の肉体を誇る関根“シュレック”秀樹選手に対して絶対に引け目を感じるというのは絶対にない部分。そういったものをぶつけたい。そして先日もありましたが、海外の某有名団体で格闘技のチャンピオン同士がその団体のタイトルを争うという、そういった世界の主流も本当に強さを持った者同士が闘う流れに変わりつつあると思います。これは、初代タイガーマスク佐山サトル総監が掲げる強き者が表現できるプロフェッショナルレスリング、それがこのリアルジャパンだと思っております。その中で関根選手と闘うことで勝ち負けを越えた先にあるものを表現していきたいと思っております」
関根“シュレック”秀樹とスーパー・タイガー
――お互いの印象は?
関根「スーパー・タイガーと闘うときに気をつけないといけないのは、蹴りですね。投げ技等は注意していれば、自分がバックボーンが柔道だったりブラジリアン柔術で、組み技、極め技は自信あるんですけど、やはりスーパー・タイガーの変幻自在のキック、これだけは気をつけないといけないと思ってます。ここでキックを食らいすぎてしまうと当然、タイガーのタイガー・スープレックスなど食らってしまう恐れもあるので、とにかくこのキック、キックをどう対策するかだと思っています」
スーパー「関根選手は柔術のチャンピオンでもあり、一瞬で極められる技というものを持っています。その怖さというものをしっかりと認識した上で挑んでいきたいと思っておりますが、ボク自身、格闘技としてのプロレスだけではなく、このプロレスリングの中のキャリアとして、そこで蹴りだけではなくプロレスの方の動きと技で攪乱していきたい、そういった思いがあります」
――関根選手はこの試合に向けてなにか新しい技とか考えている?
関根「自分の場合は、幼少の頃から見ていたプロレスリングでストロングスタイルというのはファンとしては知ってます。選手としてどうストロングスタイルを表現していくか、自分を表現していくかというときに、やはり自分の中の肉体的強さと技、そして、そうですね、自分の場合はフィニッシュホールドがジャーマンスープレックスだったりバックドロップだったりスープレックス系が得意なんですけど、そこでしっかりとお互いの強い技をぶつけ合う、これがストロングスタイルだと思っているので、問題はないと思っています」
『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.4』は12月5日(木)開催

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着