L→R 吉田理幹(Pf&Vo)、佐々木陽吾(Gu&Vo)

L→R 吉田理幹(Pf&Vo)、佐々木陽吾(Gu&Vo)

【The Super Ball インタビュー】
ありのままの自分を曝け出した
覚悟の3rdアルバム

前作から1年3カ月振りとなる3rdアルバム『プレーンバニラ』に掲げたのは、自分の中から沸き出るものを嘘偽りなく表現すること。メジャーデビューから3年、さまざまな経験から得たリアルな想いに立脚した作品には、聴く者を揺さぶる大きな力がある。

自分たちの中に今ある悔しさも
全部正直に歌詞にぶつけた

“プレーンバニラ”とはなんとも美味しそうなアルバムタイトルですが、どこから出てきた単語なんですか?

吉田
これ、実は金融用語なんですよ。もともとは“飾り気がない”とか“純粋な”“一番基本的な”っていう意味で、バニラもアイスの中ではそういう立ち位置じゃないですか。前作のアルバム『Out Of Bounds』では自分たちの殻を破ろうと思って外部の作家の方と共作したり、新しい挑戦で引き出しを増やそうとしたのに対して、今作ではありのままの自分たちを出したかったんですね。今までやってきたこと、好きなもの、一番やりたいものを、世間の流行りとか抜きにして、自分たちの中から沸き出てくるままに表現したかったんです。で、実際そういう曲がどんどんできて、本当に嘘のないアルバムができたと確信した時に、それを表す言葉はないかと探して“プレーンバニラ”を見付けた瞬間、“これだ!”と。
佐々木
株式とか先物買いとかの場面で出てくる用語でもあるから、“株価のように上がっていくぞ!”とか“ぜひ僕らを先物買いしてほしい!”っていう意味も重ねられて、ほんとにぴったりだなと。今回はタイトルの意味合いからビジュアルも派生していて、“飾り気のない”っていうことでアーティスト写真はステージの舞台裏をイメージしてるんです。ジャケットもふたりとも白衣装で、顔も塗り潰して。
吉田
“プレーンバニラ”なんで、どんな顔をした人間が歌っているのかっていうところまで、リスナーのみなさん自身に色を付けてほしかったんです。つまり、先入観を持たずに自由に聴いてほしいってことですね。
佐々木
しかも、「キャンバス」「blue」「涙の色」とか偶然にも色に関係するタイトルも多いんで、そのへんもばっちりだなと。

そもそも自分たちから出てくるものを嘘なく表現しようと考えたのはなぜだったんでしょう?

吉田
メジャーデビューして3年が経って、その間に自分たちになかったアイデアや言葉、メロディーのチョイスだったりも学ぶことができて、いろんなことを吸収させてもらったから、ここまで培ってきたものをふたりだけで表現したかったんです。
佐々木
学んだからこそ気付けた…それこそデビュー前に路上ライヴをやっていた時代から持つ自分たちの良さだったり。例えばアイスでもいろんな味を試した挙句、“やっぱりバニラが一番美味いな”ってなることありません?

あります、あります!

佐々木
それと同じですよ。自分たちが持つ一番良いところ…つまり、最初の原型を出したいっていう想いから、今回は全曲ふたりだけの作詞作曲になったんです。だから、路上ライヴをやっていた頃の曲もいくつか入っていて、「涙の色」は5年くらい前から歌い続けてきた、めちゃめちゃ大切な曲なんですよ。とにかく歌声重視、ユニゾン重視の曲で、路上ライヴでも道行く人の足を止める力のある曲だったから、音源化するにあたって歌心が分かるアレンジャーさんに担当いただきたいと思って、初めてGAKUさんにお願いしました。同じく「LOVE」も5年くらい前に理幹が書いた曲で、ほんとに心に響く歌詞だと思ったし、当時から《みんな人が好きさ》って言い切っているところが、まさに原点だなと。
吉田
正直言って当時はちょっと大袈裟に表現しすぎたかなってところもあったんですけど、デビューしていろんな経験をすることで、逆にリアルに歌えるようになったんです。なので、今のタイミングで出せたのは嬉しいですね。

想像上の表現に事実が追い付いたってことですね。

吉田
そうですね。“嘘偽りない自分を出す”というのがテーマだったので、新曲でも1曲目の「キャンバス」から自分たちが今持っている悔しさや行き詰まる想いを正直にぶつけました。歌い出しにもある通り、雲ひとつない青空のように美しい景色を見ると、逆に苦しくなることがあるんですよ。“どうしたら自分たちの音楽がもっと多くの人に届くんだろう。もっと輝ける自分たちがいるのに”って苦しんだり、あとからデビューした人たちに追い抜かれて悩んだり…。でも、“他人と比べてもしょうがない。とにかく目の前にあることに全力でぶつかって音楽を作っていくしかない”っていう決意がこもっているので、本当に嘘のない1曲目になったなと思ってます。
L→R 吉田理幹(Pf&Vo)、佐々木陽吾(Gu&Vo)
アルバム『プレーンバニラ』【初回限定盤(DVD付)】
アルバム『プレーンバニラ』【通常盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。