L→R  JUNPEI、KAZ、YUUTO、TAKUYA、RIOSKE

L→R  JUNPEI、KAZ、YUUTO、TAKUYA、RIOSKE

【COLOR CREATION インタビュー】
“どんな個性でもいい”と
力強く背中を押す自己肯定ソング

今、新しいカラクリを提案することが
すごく楽しい

みなさんは自己肯定力は高い方ですか?

RIOSKE
僕はペルーとのハーフなので、日本に来た小学生の時は、みんなと違う容姿にコンプレックスしかなかったんです。でも、ペルーに帰ったら誰も容姿のことなんか気にしていなくて、気にしている自分がバカらしくなったんですよね。それからは自分らしく生きることを大切にしています。
KAZ
僕もハーフなので、マイノリティーだということは分かっていました。みんなとも好きなものが違うことが多く、友達もあまりいませんでした。でも、アーティストになることで、自信を持つことができたんです。
YUUTO
僕は音楽経験がないのがずっとコンプレックスでしたが、メジャーデビューするにあたり、“これじゃダメだ”と意識を変えたんです。それからは責任感が増して、自分の必要性も実感できるようになりました。

努力すれば自分に自信も持てるし、ちゃんと前に進めることをみなさんが体現しているからこそ、この曲が説得力を持ったのかもしれないですね。

KAZ
僕ら自身がやっと自己肯定できたからこそ、この曲が歌えたのかもしれません。 ファンから“この曲は苦しくなるから聴けません”というコメントをもらったりもしたんですが、それくらい強いメッセージを持つ曲をしっかりと僕らが表現できているということでもあるので、いい意見をいただいたなと思いました。

曲が聴き手に響いている証拠だと思います。また、カップリングの2曲も印象的です。

YUUTO
「Black Papilio」はワンマンライヴの1曲目で盛り上がるような曲を作りたいという意見から、KAZが作ってくれたんです。今までとは違って、大人でセクシーな表現になっていると思うので、ドキッとしてもらえるはずです。
JUNPEI
厳ついサウンドの曲なんですが、コーラスとブラスにもこだわっているので、そこにも注目して聴いてもらえたらと思っています。

「Crazy Cruising」もKAZさんが作曲しているんですね。

KAZ
はい。今、新しいカラクリを提案することがすごく楽しくて、曲作りにはまっています(笑)。2曲ともロックということを踏まえて、生ギターを入れたり、コーラスをイメージしながら作りました。この曲にはラテンの感じが出ています。
RIOSKE
僕はルーツがラテンなので血が騒ぎました! いつかスペイン語で歌いたいと思っていたんです。だから、めちゃくちゃテンションが上がりました。家族に送ったら、お母さんが“この曲一番好き!”と喜んでくれたのも嬉しかったですね。
TAKUYA
歌詞はメンバーみんなで作りました。黒の何にも染まらない強さを表現するために、《めんどくせぇな》というような、いつもとは違う乱暴な言葉遣いもしているんです。これもカラクリの新しい一面が見られると思うので楽しみにしていてほしいですね。

3曲ともカラクリの新たな姿が覗ける曲になったんですね。

KAZ
はい。この3曲の良さは生にあると思うので、ぜひライヴに遊びに来てもらいたいですね。

取材:吉田可奈

シングル「The Call」2019年11月20日発売 WARNER MUSIC JAPAN
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • WPZL-31683~4
    • ¥1,636(税抜)
    • 【通常盤A】
    • WPCL-13120
    • ¥909(税抜)
    • 【通常盤B】
    • WPCL-13121
    • ¥909(税抜)

ライヴ情報

『COLOR CREATION 4thシングル発売記念 フリーライブツアー』
11/20(水) 大阪・くずはモール
11/21(土) 愛知・エアポートウォーク名古屋
11/24(日) 東京・ダイバーシティ東京 プラザ

『COLOR CREATION ONE MAN LIVE「PALETTE 2020」』
7/19(日) 東京・豊洲PIT

COLOR CREATION プロフィール

カラー・クリエーション:圧倒的歌唱力を誇る次世代のヴォーカルグループ。2017年8月にインディーズでリリースしたシングルが3カ月で8,000枚以上の売上を記録し、活動開始からわずか10カ月でメジャーデビュー。また現在全作品でオリコン週間ランキングTOP10入りを果たしており、19年5月に発売した1stアルバム『FIRST PALETTE』では自己最高位となるオリコン週間ランキング2位を獲得。SNSのフォロワー数合計は既に18万人を超え、ネット上でも彼らの歌声が話題になっている。“自分達の歌声で、聴く人達の人生に彩りを!”そんな想いがこもった彼らのグループ名は、美しくもパワフルで説得力のあるヴォーカルにしっかりと裏付けされている。COLOR CREATION オフィシャルHP

「The Call」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」