柏木由紀、「“わたしが思う大人のア
イドル”をテーマに、やりたいことを
全部詰め込みました」

柏木由紀が10月31日、11月1日にソロコンサート<寝ても覚めてもゆきりんワールド ~夢中にさせちゃうぞっ♡~ in Tokyo>を中野サンプラザにて」開催した。
柏木は今年頭に初のZeppツアーを開催し、約8か月ぶりにソロコンサートを東京(2公演)、上海(1公演)を行なった。上海公演は、去年から連続で5回目の公演開催となり、過去、重慶、台北、香港を合わせると8回の海外公演開催となる。東京公演には2日間合わせて2万を超える先行予約申し込みがあり、チケットはソールドアウト。プレミアムライブとなった。
本コンサートでは電飾に彩られたきらびやかなお城風のステージでバンドの生演奏に乗せて全23曲を歌い、会場に詰めかけた沢山のファンを“ゆきりんワールド”へと導く。ステージに登場した柏木は、美しいメロディーが印象的なAKB48の楽曲「11月のアンクレット」から、「フライングゲット」「Everyday,カチューシャ」とアップリフティングな曲を立て続けに披露し、会場は序盤から大盛り上がりとなった。

MCでは、「2012年に初めてソロライブを開催した場所、ここ中野サンプラザで約7年振りに開催出来て嬉しいですし、本日は、大人のアイドル像をコンセプトに今の私を見て頂けたらと思います」と述べ、「初めての方も、Aメロで、ゆきりん! と声を出して頂けたら大丈夫です(笑)! みんなで盛り上がっていきましょう!」と。
赤のタータンチェック系スカートから淡いピンクのスカート衣装にチェンジした柏木は2ndシングル「Birthday wedding」に収録「でもねずっと」を透明感のある美しい歌声で響かせ、フレンチ・キス「あまのじゃく」からAKB48 TeamB公演曲「好き好き好き」への恋愛3部作を披露。クールなエレクトロダンス曲AKB48「Teacher Teacher」ではポップアップでステージに登場しセクシーでキュートな脚線美で魅惑的な世界観を表現。AKB48柏木ユニット曲「クサイモノだらけ」では、スタンドマイクを使用しながら甘く艶やかな歌声でオーディエンスを魅了。「僕たちは戦わない」では躍動感と力強さを秘めたダンスと歌を披露し盛り上げる。
バンドメンバーによる演奏から水色のロングドレスに衣装をチェンジし柏木ソロシングルメドレーブロックへ、「ショートケーキ」から、花飾りの可愛いブランコに立ち乗り「Birthday wedding」から最新曲「そっけない君」を届け、温かみのある歌声を響かせた。前日とは異なる歌唱コーナーでは、フレンチ・キス「Rainy day」を透明感のあるしっとりとした歌声で披露、フロアに広がる美しいペンライトの光を前に披露したのは、柏木が作詞した名曲「あなたと私」。続けて感動のバラード「火山灰」も。
「後半戦、まだまだ声出して行けますか!」と宣言した柏木は、AKB48の神曲「君と虹と太陽と」を元気にパフォーマンス。熱いコールを浴びながらAKB48最新曲「サステナブル」を歌い上げそのままの勢いで「最初のメール」「#好きなんだ」を続けに披露し会場の熱気は一気にクライマックスへ。ライブのラストを飾ったのはAKB48の神曲ナンバー「遠距離ポスター」。生き生きと清々しく歌い、オーディエンス1人ひとりの顔を見ながら手を振り、弾けるような笑顔でステージからはけていった。
アンコールに呼ばれた柏木は、ステージにポップアップで登場。AKB48チームB劇場公演曲「オネストマン」をまっすぐにフロアに届け会場内を大きく沸かせ、「ジェラシーパンチ」では“ゆきりんだるまペンライト”で会場中をブルーに染めた。バンドメンバー紹介後、柏木は「初めてのソロコンサートをやらせていただいた中野サンプラザで約7年ぶりにコンサートをやらせていただきました! 今回は“わたしが思う大人のアイドル”をテーマに、等身大の柏木由紀をお届けしたつもりです。ダンスナンバーを取り入れたり、高いブランコに立ったり座ったり……やりたいことを全部詰め込みました」とこのコンサートに込めた思いを語った。
さらに「これからもAKB48とソロ活動を両立していって、たくさんの方に歌を聴いていただけたら嬉しいです」とファンへメッセージを送り、ラストナンバーにフレンチ・キス「ある秋の日のこと」をセレクト。元気に歌いきり、マイクを通さずに「みんな愛してるよ!」と力いっぱい叫んでステージをあとにした。

セットリスト

01.11月のアンクレット
02.フライングゲット
03.Everyday,カチューシャ
04.でもねずっと
05.あまのじゃく
06.好き好き好き
07.Teacher Teacher
08,クサイモノだらけ
09.僕たちは戦わない
10.ショートケーキ
11.Birthday Wedding
12.そっけない君
13.Rainy day
14.あなたと私
15.火山灰
16.君と虹と太陽と
17.サステナブル
18.最初のメール
19.#好きなんだ
20.遠距離ポスター

アンコール
21.オネストマン
22.ジェラシーパンチ
23.ある秋の日のこと

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着