L→R 谷崎航大(バイオリン)、金田康平(歌手)、ツネ・モリサワ(キーボード)、富田貴之(ドラム)

L→R 谷崎航大(バイオリン)、金田康平(歌手)、ツネ・モリサワ(キーボード)、富田貴之(ドラム)

【THEラブ人間 インタビュー】
俺が歌ってなんぼの
曲じゃないと意味がない

今年で結成10周年を迎えたTHEラブ人間が、初のベストアルバム『PAST MASTERS』をリリース。メンバーチェンジにより何度も編成を変えてきたが、今作にはどの時期でも“今”を武器にしてきた彼らの歩みが刻まれている。そんな本作について、オリジナルメンバーの金田康平(歌手)、ツネ・モリサワ(キーボード)を直撃!

“ここで頑張らなくちゃ終わる”と
必死だったことは覚えてる

今年で結成10周年ということで、実感はありますか?

金田
10周年に入ってから何度かインタビューを受けてきたんですけど、その日によって感じ方が違うんですよ。一瞬だったと答えたこともあれば、長く感じたこともあって、2年前から10周年のカウントダウンをしていたので“あれ何周年だっけ?”ってなることもあったり。ずっと何かをしている状態なので、結局は“気付いたら10年”が一番しっくりするのかもしれないですね。
ツネ
俺は『PAST MASTERS』のジャケ写を撮る時に実感しました。10年間のメンバーが集まってくれて、一枚の作品になった時に“あっ、10周年だ”って。
金田
こういうのがないと実感しないよね。目の前にやりたいことがあって、それに向かってチームで動くってことに関してはずっと変わってないので、具体的な場があると歴史が見えるというか。

このジャケ写はリスナーにとってもバンドの歴史を感じられると思います。10年の全てを知らなくてもライヴを初めて観た時のメンバーとか、自分にとってのTHEラブ人間がそれぞれにあると思いますし。

ツネ
下北沢の駅も新しくなったしね。
金田
どの時期のメンバーとも、絶対に一枚は下北沢の駅前でアー写を取っていたんですよ。それが10周年を機に全員集合して、さらに駅も新しくなっているっていう。

今回が初めてのベストアルバムですが、タイトルはThe Beatlesのベストアルバムにちなんで“PAST MASTERS ”と付けられていて。

金田
中学生の時に自分に起きたらいいなって思ってたことがいくつかあったんです。“バンドを組んで人の前で歌えること”“そのバンドで有名になること”とか。その頃はまだメンバーもいないのに1stアルバムのジャケットと収録曲を考えたりしてて、ベストアルバムを出すとしたらタイトルは絶対に“PAST MASTERS”って決めてたんですよ。The Beatlesが好きな人からしたら『PAST MASTERS』って選曲が全然良くないし、そのあとの『1』も本当に良くないんですけど。
ツネ
俺はいいと思うけどね(笑)。
金田
でも、『1』よりは『PAST MASTERS』のほうが良かったっていうのもあったりして(笑)。一番好きなベストアルバムと同じタイトルにしたいってガキの頃から思ってたことでもあるし、過去をまとめるという意味でもいいタイトルだと思って付けました。メンバーもしっくりきたのか、すんなり決まりましたね。バタバタしてたからなのかな(笑)。
ツネ
そんなことないよ!(笑) みんなThe Beatles好きだから。
金田
メンバーの入れ替わりもあり、時期によって編成が違うから、こうして一枚にまとめて聴いてみると面白いバンドだなって思いましたね。

曲順がリリースの順番だから、今作で改めてバンドの変化を感じられるのも良かったです。「彼氏と彼女の24時」以降は特にメジャーデビューを経て、自分たちで1からレーベルを立ち上げていますし。

ツネ
記憶がもう薄れてきているんですけど…レーベルの立ち上げよりも、事務所を辞めるっていう時の空気のほうがずっと覚えてて(笑)。なんでだろうね。嫌な記憶とかじゃないんだけど、そこからあんまり覚えてないんだよね。
金田
上手くいっていない気はしてなかったんですけど、この時期はメンバーの仲があんまり良くなかったんですよ。だから、ここでもう一回仲良くならないと続けられないって思っていて、事務所もレーベルもなくなってメンバーだけでやっていくってなった時に、とにかくスタジオに入って曲を作ってました。尚且つ、ライヴ会場限定ミニアルバム『彼氏と彼女の24時』(2013年発表)はバンドで作るっていうのを重視して、かなり必死こいて作ったからしんどかった。これまで言わないでいた意見も言っていこう、自分の棘は抜こうってモードでやってたので。バンドを組んで、レーベルに所属して、周りの人の力も借りて自分たちだけじゃとても出られないフェスやテレビに出たりしたけど、それが終わった。“ここで頑張らなきゃ!”の一年だったのは覚えてるんですよね。あの時で辞めてたら結成5年。5年で解散って、よく聞く話じゃないですか。だから、とにかくこれを乗り越えなきゃって思ってましたね。
L→R 谷崎航大(バイオリン)、金田康平(歌手)、ツネ・モリサワ(キーボード)、富田貴之(ドラム)
アルバム『PAST MASTERS』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着