L→R  ASCH、MYUJI、JOSHUA、K.B、TAKT

L→R  ASCH、MYUJI、JOSHUA、K.B、TAKT

【ADDICTION インタビュー】
いつでも側にいて癒す、
空のような存在でありたい

それぞれの夢への想いを書いたら
驚くほど統一感があったんです

あはは。そして、もう1曲「Destiny」はまたタイプの異なる楽曲ですね。この曲の作詞はどなたがされたのでしょうか?

MYUJI
僕が作詞と振り付けを担当しました。これは音楽を女性に例えて、僕たちと音楽は離れられない運命だというメッセージを込めているんです。大人っぽいセクシーなダンスになっているので注目してもらいたいですね。さらに、曲の中で“引力”というワードを使っていて、引っ張られるような振り付けになっているんですよ。
ASCH
最初にこの曲を聴いた時、2曲ともタイプがまったく違うので、ライヴですごくカッコ付けられる曲だと思ったんです。
TAKT
僕はMYUJIさんの作る曲のファンなので、“これはやったな”と思いましたね(笑)。
MYUJI
TAKTはラップのパートで歌わないのに、いつも口ずさんでくれるんですよ。そこで気に入ってもらえていることが分かって嬉しいんです。
TAKT
先ほどJOSHUAも言っていましたが、すごくアーティスティックなリリックを書くんです。言葉の使い方もすごく妖艶で、世界観を作るのが上手いなって感心するんです。
K.B
何目線なんだよ(笑)。
TAKT
ファン目線です(笑)。

じゃあ、JOSHUAくんとTAKTくんは推しが同じMYUJIさんなんですね。

TAKT
いや、僕の推しはJOSHUAです! かわいい子が好きなので!
MYUJI
なんだよ、それ!(笑)
JOSHUA
僕はMYUJIさん推しです(笑)。

あはは。

K.B
僕はこの歌詞を読んだ時、“引力”という言葉で音楽と自分たちに重ねるところがすごいって思ったんです。確かに、毎日何をしていても音楽のことを考えてしまいますし、音楽さえあれば生きていけるというのも分かるので、“運命”という言葉がぴったりだって思ったんですよね。この曲のように、自分たちが思ったことを素直に等身大で表現していきたいと思っています。

5人で作詞した曲はどの曲になりますか?

MYUJI
「Rainbow」という曲です。この曲はバラードなんですが、それぞれにパートが渡されて、そこにみんなが思うことをそれぞれ書いていきました。
ASCH
“夢”というキーワードがあったにせよ、5人の歌詞に統一感があったことはすごく嬉しかったですね。これまでいろんなことがあって、挫折したり、上手くいかないことがあったりしたメンバーが集まっているので、みんなで同じ気持ちを共有しているんです。それが良いかたちで真っ直ぐに表現できた曲になったと思います。
JOSHUA
メンバーの歌詞をそれぞれ読んだ時に、みんなの抱く夢に対する想いを初めて知ることができたんです。僕にとってもすごく良い機会になりました。
TAKT
自分たちが本音で書いたからこそ伝わる曲になったと思います。

ありがとうございました。では、最後にみなさんの未来のビジョンを聞かせてください。

MYUJI
僕たちは決して特別な人間ではないんです。ただ好きで続けてきたことが、ちゃんとかたちになってメジャーデビューを掴んだので、僕らを見た人たちに、辛いこともあるかもしれないけど好きなことを続ける大切さを感じてもらえたら嬉しいです。
TAKT
今、MYUJIさんが言った通り、僕たちを見て“頑張ろう!”って思ってもらえたらいいなと感じています。メンバーがやりたいことを突き詰めた時、それが大きな爆発力になることをこれから証明していきたいですね。
ASCH
毎年、インドネシアでもライヴをさせてもらっているんですが、今後はもっといろんな場所に行って、いろんな挑戦をしたいと思っています。
JOSHUA
5人でしかできない音楽を発信し続けて、いろんな人に自分たちが抱いたメッセージを届けていけるようなアーティストになりたいです。
K.B
僕たちは心に響くような歌を歌っていきたいんです。そのためにも人間力も向上させて、いろんな人たちにパワーを与えられるようなグループに成長していけたらと思っています。

取材:吉田可奈

シングル「Further away/Destiny」2019年10月30日発売 USM
    • 【初回限定盤A】
    • UICZ-9129
    • ¥1,320 (税込)
    • 【初回限定盤B】
    • UICZ-9130
    • ¥1,320 (税込)
    • 【通常盤】
    • UICZ-5117
    • ¥1,320 (税込)
    •  
    • 【UNIVERSAL MUSIC STORE限定セット】
    • DSKU-10905
    • ¥3,960 (税込)
    • ※受付期間:10/1~10/31
    •  
    • 【UNIVERSAL MUSIC STORE限定セット】
    • DSKU-10906
    • ¥3,960 (税込)
    • ※受付期間:11/1~11/30

『【Further away】 ~Touch the sky~』

11/17(日) 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
12/08(日) 広島・セカンドクラッチ
12/21(土) 愛知・名古屋X-HALL ZEN
12/24(火) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE ※クリスマスSP
[ 2020年 ]
1/12(日) 大阪・心斎橋FANJ twice
1/19(日) 宮城・仙台Darwin
2/08(土) 福岡・BEAT STATION
2/23(日) 東京・赤羽ReNY
※12/24(火)以外、各公演2部制

ADDICTION プロフィール

結成5年を経て、2019年10月にユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。同年4月発売のアルバム『Party in the Sky』はオリコンウィークリー12位を獲得し、デイリー過去最高の2位を記録した。またインドネシアで国民的番組『SCTV Inbox』に出演し、毎年30万人もの観客が訪れる日本の人気イベント『ennichisai(縁日際)』に日本人ダンス&ボーカルグループとして3年連続出演を果たすなど活躍。19年10月には、シングル「Further away/Destiny」をリリースする。ユニバーサル ミュージックADDICTIONページ

「Further away」MV

「Destiny」MV

「Rainbow」Lyric Movie

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着