L→R 楢﨑誠(Ba&Sax)、小笹大輔(Gu)、藤原聡(Vo&Pf)、松浦匡希(Dr)

L→R 楢﨑誠(Ba&Sax)、小笹大輔(Gu)、藤原聡(Vo&Pf)、松浦匡希(Dr)

【Official髭男dism インタビュー】
その時々の自分たちのやりたいことを
切り取って作っていった

ヒゲダンが大きくなってきた中で
ちゃんと隙を見せておきたい

「ビンテージ」は小笹さんのスライドギターの使い方が面白いです。

小笹
あー、良かったです。もう吐きそうになりながら録ったので(笑)。

どう吐きそうに?(笑)

小笹
聴いてはいたので“だいたいこういう雰囲気だろうな”ってイメージはありつつも、実際にはやったことがなかったから。この曲のRECの直前に4人でTEDESCHI TRUCKS BANDを観に行ったりして、とても素敵だなと思ったんですよ。

いい影響ですね。それで?

小笹
単純にギターを弾くだけでは今まで出した曲と同じになっちゃうと思ったので、新しいアプローチで弾こうと思って。だから、ただスライドギターを使うっていうだけでも良かったんですけど、オープンチューニングにして、カントリー的な響きを出してみたんですね。ただ、オープンチューニングもスライドギターもどっちもほとんどやったことなかったんで、それによって吐くかと思いましたね(笑)。

そして、楢﨑さん作詞作曲の「旅は道連れ」がまた全然テンションの違う楽曲ですね。楢﨑さんも歌っていて。

楢﨑
みんなで歌ってます。現場の空気感も入れたかったので、ちょっとハッピーな感じのテンションというか。あと、ガーってヒゲダンが大きくなってきた中でもちゃんと隙を見せておきたいというか、“脇甘いっす、自分”みたいなところを表現したくて(笑)。

バンド愛があふれてますね。

楢﨑
もう、思い思われでございます。

楢﨑さんからこういう曲が出てくるのは自然な感じでしたか?

松浦
ならちゃん(楢﨑の愛称)の人間性的に自分より人が主体というか。スタッフにも一番気を配ってるし、ライヴ前もメンバーだけじゃなくてスタッフとか全員に“今日よろしくお願いします”って感じでハグしに行くんで。そういう仲間思いの部分とか、“一緒に音楽楽しくやっていこう!”みたいなところがすごい楽曲に出てて。楢﨑だなぁと思いますね。

最後の「Travelers」はタイトルチューンと言えるのでしょうか?

藤原
アルバムタイトルが“Traveler”で決まってて、曲は“Travelers”なので、この曲が最後だけど頭につながっていく感じにしたくて。このアルバムを出したらまた次の音楽の旅が始まるから、そう考えたら最後の曲だけど、それが回り回っていくっていうのがいいんじゃないかと思ったんです。アルバムのあとがきだけど、前置きっていうポジション。アルバムが線だとしたら、線を円にするための接着部分になる曲というか。

確かに。“Traveler”というタイトルだけに実際の移動も気持ちの旅もいろいろあったと思うんですけど。どういうアルバムになったと思いますか?

藤原
僕的には見返してみると“ほんと充実した日々を送ってたんだな”ってことが分かる、旅の記録って感じですかね。アルバムとしていいものを作るっていうのももちろん大事なことだと思うけど、一曲一曲いいものを作るっていうほうが僕の感覚には近くて。それが14曲並んでいる。その時々の自分たちのやりたいことを切り取って作ってって、それをパッキングして世に出す…そういう感覚ですね。
松浦
「Pretender」で僕らを知ってくれた人がアルバムを通して聴いて、“アルバムのこの曲が好きだな、ヒゲダンのこの顔もいいな”みたいな、そういうふうに僕らの違った良さを見付けてもらえたらいいなと思いますね。

取材:石角友香

アルバム『Traveler』2019年10月9日発売 PONY CANYON
    • 【初回限定盤Live Blu-ray盤】
    • PCCA-04820
    • ¥5,000(税抜)
    • ※デジパック仕様
    • 【初回限定盤Live DVD盤】
    • PCCA-04821
    • ¥5,000(税抜)
    • ※デジパック仕様
    • 【通常盤】
    • PCCA-04822
    • ¥2,800(税抜)

【ライヴ情報】

『Official髭男dism Tour 19/20 – Hall Travelers -』
10/26(土) 千葉・市川市文化会館
10/30(水) 奈良・なら100年会館 大ホール
11/01(金) 大阪・グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)
11/02(土) 大阪・グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)
11/07(木) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
11/10(日) 石川・本多の森ホール
11/15(金) 北海道・小樽市民会館
11/17(日) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
11/23(土) 香川・サンポートホール高松
11/24(日) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
11/29(金) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
11/30(土) 東京・オリンパスホール八王子
12/07(土) 岐阜・長良川国際会議場メインホール
12/08(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
12/13(金) 広島・広島文化学園HBGホール
12/15(日) 島根・島根県民会館 大ホール
12/20(金) 宮城・仙台サンプラザホール
12/22(日) 福島・いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
[2020年]
1/04(土) 福岡・福岡サンパレス
1/05(日) 福岡・福岡サンパレス
1/12(日) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
1/13(月) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
1/19(日) 鳥取・米子市公会堂
1/21(火) 岡山・倉敷市民会館
1/26(日) 新潟・新潟テルサ
1/31(金) 鹿児島・宝山ホール
2/02(日) 熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
2/10(月) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
2/11(火) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール

『Official髭男dism Tour 2020 – Arena Travelers –』
3/14(土) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3/15(日) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3/21(土) 大阪・大阪城ホール
3/30(月) 福岡・福岡国際センター
3/31(火) 福岡・福岡国際センター
4/04(土) 愛知・ポートメッセなごや3号館
4/05(日) 愛知・ポートメッセなごや3号館
4/28(火) 徳島・アスティとくしま
4/29(水) 徳島・アスティとくしま
5/05(火) 新潟・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
5/18(月) 神奈川・横浜アリーナ
5/19(火) 神奈川・横浜アリーナ
5/26(火) 東京・有明ホール(仮称)
5/27(水) 東京・有明ホール(仮称)
6/13(土) 広島・広島グリーンアリーナ
6/14(日) 広島・広島グリーンアリーナ
6/27(土) 宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
6/28(日) 宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

Official髭男dism プロフィール

オフィシャルヒゲダンディズム:山陰発ピアノポップバンド。2012年6月7日結成、島根大学と松江高専の卒業生で結成されており、愛称は“ヒゲダン”。このバンド名には髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたいという意思が込められている。15年4月に1stミニアルバム『ラブとピースは君の中』でインディーズデビュー、18年4月に1stシングル「ノーダウト」でメジャーデビューを果たした。Official髭男dism オフィシャルHP

アルバム『Traveler』ティザー映像

「イエスタデイ」MV

「宿命」MV

「Stand By You」MV

「FIRE GROUND」MV

「Pretender」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着