ドラマトラック

ドラマトラック

声優の天﨑滉平、野上翔ら参加の
『音戯の譜~CHRONICLE~』、
新作よりドラマトラック公開

サンエックスと日本コロムビアが贈るキャラクターコンテンツ『音戯の譜~CHRONICLE~』より、2ndシリーズミニアルバム第1弾が9月25日(水)に発売。対盤(ライブバトル)が始動する今作より、「Bremüsik VS セツダン倶楽部 DRAMA TRACK 01」が、9月26日(木)22:00にYouTubeでプレミア公開される。

『音戯の譜(おとぎのうた)』は、誰もが知る“おとぎ話”をモチーフにした個性豊かなキャラクターたちと“音楽”が織りなす世界の物語。『リラックマ』や『すみっコぐらし』などの人気キャラクターを生み出しているサンエックスと日本コロムビアがタッグを組み、2017年より始動。譜人(うたいびと)と呼ばれるキャラクターたちが、それぞれの望みを叶えるために対盤(ライブバトル)を繰り返すストーリーを展開する。

公開が予告されたドラマトラックは、『舌切り雀』をモチーフにしたユニットのセツダン倶楽部と、『ブレーメンの音楽隊』をモチーフにしたBremüsik(ブレームジーク)、それぞれのユニットの日常が垣間見えるシーンから、2組が出会い対盤(ライブバトル)に至るまでが試聴可能。気になる対盤の決着はぜひCDでお楽しみいただきたい。

さらに、9月23日(月)まで東京・アニメイト秋葉原別館にて開催されていた『音戯の譜~CHRONICLE~』POP-UP STORE第2弾の限定グッズの事後通販が決定。アニメイトオンラインショップにて受付がスタートしているので、ファンはお見逃しなく!

「Bremüsik VS セツダン倶楽部
DRAMA TRACK 01」

ミニアルバム『音戯の譜~CHRONICLE~ 2nd series 対盤(ライブバトル)編 Fantasie Nacht/晦冥ノ慟哭』2019年9月25日発売
    • COCX-40961/¥2,500+税
    • <収録曲>
    • M1.Bremüsik VS セツダン倶楽部 DRAMA TRACK 01
    • 出演:カッツェ・トロイメライ(CV:天﨑滉平)、フォーゲル・コンツェルト(CV:野上翔)、エーゼル・ナハトムジーク(CV:笠間淳)、ヤークトフント・シンフォニエ(CV:渡辺紘)、夜雀(CV:土田玲央)、小葛籠(CV:中島ヨシキ)、大葛籠(CV:濱健人)
    • M2.Fantasie Nacht
    • 作曲:小野貴光 編曲:玉木千尋 作詞:磯谷佳江
    • 歌:カッツェ・トロイメライ(CV:天﨑滉平)
    • M3.晦冥ノ慟哭
    • 作曲:ねりきり 編曲:隠田遼平 作詞:中里アユム
    • 歌:夜雀(CV:土田玲央)
    • M4.Bremüsik VS セツダン倶楽部 DRAMA TRACK 02
    • 出演:カッツェ・トロイメライ(CV:天﨑滉平)、フォーゲル・コンツェルト(CV:野上翔)、エーゼル・ナハトムジーク(CV:笠間淳)、ヤークトフント・シンフォニエ(CV:渡辺紘)、夜雀(CV:土田玲央)、小葛籠(CV:中島ヨシキ)、大葛籠(CV:濱健人)
    • M5.Fantasie Nacht(Instrumental)
    • M6.晦冥ノ慟哭(Instrumental)
ドラマトラック
ミニアルバム『音戯の譜~CHRONICLE~ 2nd series 対盤(ライブバトル)編 Fantasie Nacht/晦冥ノ慟哭』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着