L→R 辻村勇太(Ba)、高村佳秀(Dr)、田邊駿一(Vo&Gu)、
江口雄也(Gu)

L→R 辻村勇太(Ba)、高村佳秀(Dr)、田邊駿一(Vo&Gu)、
江口雄也(Gu)

【BLUE ENCOUNT インタビュー】
上手くいかないことも決して悪くない

“出すべくして出せた曲”とメンバー自身が太鼓判を押すニューシングル「バッドパラドックス」。ドラマ主題歌でもある表題曲は、そのストーリーに寄り添いつつも“さらに多くのリスナーに届けるには?”というバンドの命題と向き合った末に生まれた大傑作だ。

バンドシーンを越えたいろんな人に
どうしたら聴いてもらえるか考えた

今作でまったく新しいアプローチに挑戦したりして、すごく良いバランスで活動できてますね。

田邊
いや、本当に。前作『SICK(S)』(2019年6月発表のミニアルバム)ができたことで、自分たちがカッコ良いと思う音楽を突き詰めて最高のものができたら、どんなジャンルでも納得してくれるだろうと思ったんです。自分たちの中でも出すべくして出せた曲だと思います。

『SICK(S)』で言い訳なしのBLUE ENCOUNTを出したから、“こういうアプローチもありなんだ”って面白がれたところもありますね。

田邊
僕らも『SICK(S)』を作るマインドになれて良かったなと思います。現状のブルエンの濃厚さとか、何かを変えたいという気持ちをあの作品で出せたからこそ、マインドがバンドマンからアーティストになれた気がするんで。「バッドパラドックス」はバンドシーンを越えて、もっといろんな人に聴いてもらうにはどうしたらいいかってことも考えて制作することができたし。agehaspringsの玉井健二さんにプロデュースに入ってもらったんですけど、そこにはもう学びしかなかったですね。15年バンドやってますが、まだまだ知らないことがたくさんあるってすごく勉強させてもらいました。

音楽的興味もすごく惹かれる曲になったので、今日は演奏やアレンジ面について、楽器隊にもたっぷり話を聞きたいです。

田邊
聞いてやってください、みんなどうだった?(笑)
江口
音の構築の仕方とか、サウンドメイキングとか、今までの自分たちではできなかったところまで手を伸ばすことができましたね。例えば、いつもなら2本重ねていたギターをあえて1本にすることで聴こえやすさが変わったり、“些細な足し引きでこんなに変わるんだ!?”っていうことに驚いたりとか。いつものチームで作っていたらこうはならなかっただろうって。玉井さんに入ってもらって本当に良かったです。
高村
フレーズとか細かいところも指摘されると思ったら、かなり自由にやらせてくれましたね。最終的な音作りとか全体のまとまりの部分で、今まで見えてなかった選択肢を与えてくれたのが一番大きかったです。その選択肢の先に新しい道が見えたというか、その可能性を見せてくれましたね。
田邊
玉井さんって頭ごなしの否定は絶対にしなくて、僕らの意見をすごく尊重してくれるんです。やりたいことをやらせてくれた上で“こうやったらどう?”って意見をくれたり。何回もじっくり聴いて、何回も弾き直したり作り直したりを繰り返すんですけど、全部やり尽くして“これ最高!”ってものができるまでとことん付き合ってくれるんです。できた曲もいろんな方から“素晴らしい”と言ってもらったり、MVのYouTubeのページにも“ドラマで聴いて来ました”とか、“ブルエン初めて聴きました”ってコメントが多くて、この曲が僕らにとってまた大きな一歩になったと確信しています。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』のテーマソングであるこの曲ですが、タイトでスリリングな曲調がドラマともばっちり合ってますよ。

辻村
僕はドラマの主題歌ってことも想像してベースラインを考えたので、作品と上手くはまって嬉しいですね。シリアスなドラマなので明るすぎても良くないし。やっていることはシンプルだけど、正解に辿り着くまですごい時間かかったので、“演奏がいい”とか言われるとすごく嬉しいです。玉井さんにちょっと味付けをしてもらったことで、めちゃくちゃバランスが良くなったんですよ。テレビから流れる曲でベースが聴こえるってなかなかないと思うし。イントロからちゃんとベースが目立っているのがありがたいです。

もともと「バッドパラドックス」はどんなテーマやイメージで作り始めたんですか?

田邊
実はこの曲、昨年の11月くらいにはできていたんです。その時はドラマのタイアップとかまったくなかったんですけど、メンバーには“テーマはサスペンスドラマだから。サスペンスドラマで使われる曲だと思って聴いてください”って聴かせていたら、そのあとに『ボイス 110緊急指令室』のお話が来たという。

すげぇ、預言者じゃん!

田邊
ありがとうございます(笑)。この曲を作った時はブルエンの中でいろいろと飽和状態だったこともありまして、“何が良くて何が悪いんだろう?”とか分からなくなって、不穏な空気が流れていたんです。で、“とにかく曲を作ってプリプロしよう!”と100曲くらい曲を作ったんですが、その中でひと際光っていたのがこの曲で。意図したわけじゃないけど、“この飽和状態をなんとかせないけん!”と思って絞り出したものだったからかなと自分で分析してるんですけど。あの頃作った曲ってブルエンらしくない曲が多くて。

どこかで新しいものを求めていたんでしょうね。

田邊
そうです。新たな息吹をバンドに宿さないといけないなという責任感から生まれたものだったんでしょうね。歌詞はドラマのお話をいただいてから書いたものだったんですけど。
L→R 辻村勇太(Ba)、高村佳秀(Dr)、田邊駿一(Vo&Gu)、 江口雄也(Gu)
シングル「バッドパラドックス」【初回生産限定盤(DVD付)】
シングル「バッドパラドックス」【通常盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC