MONOEYES『RUSH BALL 2019』クイック
レポートーーロックにときめいた少年
の日にかえる、ピュアネスな歓びがコ
コに

『RUSH BALL 2019』MONOEYES
「よっしゃ行こうか、RUSH BALL!」と、細美武士(Vo.G)の号令でMONOEYESが降臨! 1曲目「Run Run」から全身を使って弾き暴れるスコット・マーフィー(Ba.Vo)に、一瀬正和(Dr)は重厚感たっぷりの巨大なリズムを放出。
MONOEYES
細美と戸高賢史(G)による極太のギターリフ✕甘酸っぱいメロディは、聴く者の胸を次々と撃ち抜き、始まって早々なのにその光景はあたかもエンディングかごとくの美しさだ。間髪入れず力漲るリリックの「Like We’ ve Never Lost」、暗闇から連れ出してくれるような極上のアンセム「My Instant Song」など、パノラマ感いっぱいに次々と投下。
MONOEYES
細美とスコットによるコーラスワークが重なった瞬間胸は高鳴り、ゴリゴリのリズムには腹の底から突き動かされるオートマティックな衝動すらある。しかも、オレンジ色をはらんだ夕景は天然のライティングとしてキラキラとステージを彩り、曲が持つ眩さを何倍、何十倍にも増幅させていくのだから、お天道様までMONOEYESの味方のようだ。
MONOEYES
MCでは「大阪、超久しぶり! なかなか来れなくてごめんね。どうやらシングルができそうで! またツアーも回るね」(細美)なんて、嬉しいニュースも飛び出しながら、「スコットファン、待たせたな!」とスコットが歌唱を担う「Roxette」へ。
MONOEYES
ロックへの衝動を最高純度まで高めたエモーショナルさで、拳が高らかと突き上げられるさまは、ライブハウスの親密さと野外のダイナミズムを等しく感じる絶景を成していく。細美の淀みないクリアーな歌声がボーカリストとしての力もひしひし感じさせる「Two Little Fishes」、そして再びスコットがマイクを執る「Borders & Walls」で大団円へ!
MONOEYES
楽しくて踊る、思わず共に声を上げる。そんな、反射作用的な音楽の歓びをもたらしてくれた彼らのステージ。まるで初めてロックにときめいた少年の日のごとく、かけがえのない時間となった。
取材・文=後藤 愛 撮影=瀧本JON...行秀
『RUSH BALL 2019』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。