WEBER、熱狂のツアーファイナル・TS
UTAYA O-EAST公演の公式レポートが到
着 映像作品のリリースも発表

6月26日にメジャー1stフルアルバム『deception』をリリースしたダンスボーカルユニット・WEBER(ウェバー)が、8月25日にTSUTAYA O-EASTにてツアー『WEBER LIVE TOUR 2019 ~a story of deception~』東京公演を開催。7月27日札幌・cube gardenからスタートし、福岡、名古屋、大阪と公演を重ね、5都市5公演目となる東京でツアーファイナルを迎えた。
ツアーファイナルは、メジャー1stフルアルバムのタイトル曲「deception」で幕を開け、衝動的なビートにクールなダンスパフォーマンスで人気の高い「Mayday」、「Wonderland」と続き、序盤から迫真のパフォーマンスを披露すると、会場からは期待と興奮に満ちた歓声があがり、早くも心地よい一体感が生まれる。勢いをそのままに、今ツアーでライブ初披露となるアルバム収録曲「Sachi」や「太陽のかけら」、そして歴代のシングル曲を余すことなく披露するなど、バリエーションに富んだスピード感のある展開で一気に本編を駆け抜け、ファンと共に最高に熱いライブを作り上げた。
WEBER

WEBER
「これから僕たちも、またいろいろな壁を乗り越えて、いろいろな新しいチャレンジをしていきます。次の曲は、その中で僕たちに新たな一歩となるきっかけをくれた曲です。ここにいる皆さんと一緒に、そしてこの曲と一緒に、どんどん大きいところにいきたいと思います!」という、Taka.のMCから本編ラストの曲は「READY」。この曲は今年2月に移籍第1弾シングルとしてリリースし、未来に向かって一歩を踏み出す“覚悟”を歌った曲として、グループにとってもファンにとっても、今や大切な1曲となっている曲だ。ツアーファイナルにふさわしく、未来に向けた強い“覚悟”や希望を感じさせる熱のこもったパフォーマンスで本編を締めくくった。

アンコールは、メンバー全員でのアグレッシブなダンスナンバーでスタート。ライブ終盤とは思えないほどのキレのあるダンスを約7分間フルで披露した後には、WEBERとファンたちとの暖かな絆を感じさせるような2曲「beautiful life」と「Toward the glory」と続き、最後まで全力のパフォーマンスで会場を盛り上げた。
WEBER
WEBER
また、アンコールではメンバーから嬉しいお知らせとして、この日の公演の映像商品化が発表された。ライブ映像の商品化は、2017年リリースの『WEBER STORY LIVE2017 #BALLON_笑顔が叶いますように』以来2年ぶりとなる。
さらに、メンバーTaka.のソロライブの開催と、年末恒例のクリスマススペシャルライブ『WEBER Christmas Special Live ~silent nightなんて甘えてないで騒がんかい~』の開催も発表された。Taka.のソロライブ『Taka. おひとり様ライブ ~僕が僕であるために~』は、11月4日(月・祝)にmorph-tokyoにて開催。そして、クリスマススペシャルライブは、12月7日(土)に大阪ビジネスパーク円形ホール、12月22日(日)ヒューリックホール東京にて開催される。

撮影=NAITO

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着