期間限定ツインアイドル・YuiCoco、最初で最後の夏!『振りかぶれ!』リリース!

期間限定ツインアイドル・YuiCoco、最初で最後の夏!『振りかぶれ!』リリース!

期間限定ツインアイドル・YuiCoco、
最初で最後の夏!『振りかぶれ!』リ
リース!

YuiCoco 秋葉原映画祭出演を機に活動開始!

2019 年 1 月に開催されたアキバの祭典『秋葉原映画祭 2019』出演を機に活動を開始したツインアイドルユニット・YuiCoco(ユイココ)。一見、本当の姉妹かと見間違えるほど雰囲気が似ている Yuika(20 歳)と Cocona(16 歳)。
そんな二人の生き様は面白いことに対照的。Yuika は山梨県出身、「甲斐の国」を心から愛してきた少女。そして自分でもそれを今ではチャームポイントにしているが「引きこもり少女」の過去を持つ。ところが、その過去があったからこそ独自の発想力と想像力を培うことができ、セルフプロデュースをする表現力を活かしアイドル活動だけにとどまらず、舞台女優としても飛躍しようとしているミラクル少女だ。
一方、Cocona は東京都出身、とにかく「パステルかわいい」が大好きな少女。
スイーツが大好物なのだが、とにかく「パステル調」のスイーツをこよなく好む。自身のインスタグラムも徹底してパステル調。そして幼いころからの夢であったアイドル活動をスタートできた事と同時に、もう一つの夢であったロリータ系モデルのステージにも精力的に挑んでいる少女だ。
デビューSg『振りかぶれ!』リリース
YuiCoco は、7月24日(水)に待望のデビューシングル『振りかぶれ!』をリリースし、同時にミュージックビデオも公開された。この楽曲は今年6月に公開された映画『スリーアウト!-プレイボール篇-』主題歌として劇場でも展開されている。
【動画を見る】デビューシングル「振りかぶれ!」
異例の発表!活動期限は…?!
だが YuiCoco の活動には、他のアイドルとは異なる使命が課せられている。デビューシングルリリースと同時に、「活動期限は10月31日まで」という異例の発表もオフィシャルサイト上でされた。
「私はこれまで、ずっとソロの音楽活動や舞台に挑戦してきました。自分がユニットを結成するとは想像すらできなかったので少し不安がありましたが“勇気ひとつで、きっと奇跡は起こせる”と信じて限られた期間の活動を精一杯、応援してくれる皆さんと一緒に楽しみたいです。」(Yuika)
「YuiCoco の二人って本当に“ゆるい”んです、ふにゃふにゃ。なのでライブステージも“ゆるゆるふにゃふにゃ”なのです。でもそれが私たちらしさかなぁって思ってます。そんな YuiCoco だけどお客様をホッコリさせる自信はメチャクチャありますので、限られたライブステージに是非遊びにきて欲しいです。」(Cocona)
期間限定という縛りを活力に羽ばたくツインユニット・YuiCoco の最初で最後の夏が始まる。
期間限定!最後の夏をその目に!
<UtaTen編集部からのコメント>
ツインアイドルユニット・YuiCocoがデビューシングルを発売します。既に映画『スリーアウト!-プレイボール篇-』主題歌として展開されていますね。
元引きこもり、舞台女優を目指す少女と、パステル大好きのロリータ系モデルという正反対の生き方にして姉妹のようにそっくりな雰囲気を醸し出す異色のツインアイドル。
でも実はこのシングル、デビューシングルにして最後のシングルになるかもしれないんですよね。
何と、彼女らのユニット活動期限は10月31日と発表されているんです!
振りかぶって全力投球する彼女らの姿を見る夏はこれが最初で最後!
是非イベント会場に足を運んでその目に焼き付けて下さいね。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着